スポンサーリンク

台湾一週間旅行いくらでいける?台湾リピーターが予算を計算するよ!

台湾一週間 いくらあればいいでしょうか。台湾、6日。いくらでいけるでしょうか。

「姉御の一人旅ガイド」なので、女一人旅の、1週間の台湾旅行ということで。東部も南部も回りましょうねえ。

ホエールウォッチング 海 清水断崖の手前?
ホエールウォッチング中。花蓮の海から)

台北にしか宿泊しないならば、こちらもどうぞ。⇒台北一週間女子一人旅、いくらで行ける?台湾リピーターが予算を立てるよ!

私は多分低めかな。

広告—————————-

KKdayさんに、台湾・香港&マカオ・韓国で使えるクーポンを出していただきました。

台湾、香港&マカオ、韓国の、特定の商品限定ですが、5%オフのクーポンを発行していただいています。

クーポンコード:ANEGO201906
ご予約期間:2019年6月24日〜2019年8月31日
ご利用期間:2019年6月24日〜2019年12月31日

今回は一つのアカウントで一回しか使えないから、賢く使ってね!

対象商品はこのページで見られるよ。
KKday

詳しくはこっちの記事で⇒期間限定!KKday & 姉御の一人旅ガイドタイアップ企画 第二弾!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

日本からのフライトについて

日本から台湾へ行くなら、大抵台北か高雄でしょう。私は日本から台北・高雄直行のどちらもやりました。

CX TPE-HKG

(桃園空港より)

ここの予算は、エコノミーで4万円でしょうか。LCCのキャンペーンに乗っかれたら、うんと安くいけるかも。(私の場合は、福岡空港か羽田まで出ないとならないので、美味しいのは特典だけ)

都市部に近い空港をリストアップすると、

  1. 台北・松山空港
  2. 高雄の小港空港
  3. 桃園空港

でしょうか。桃園空港と台北の間は、メトロができて随分と楽になりました。しかし、台北に入るのではなく、高鉄桃園駅から高鉄に乗ってどこかに行くのに便利かなーって思う。

私は香港周り高雄入りもやりましたが、特典航空券をフル活用してきたからそういうことができる。
KA436
(2017年秋。香港空港から高雄に飛ぶ直前)

私のマイルを集めるスタイルは、単純にクレジットカード。後は楽天やナナコポイントを移行するだけです。面倒。

JAL カード
ANAカード

LCCや台湾域内線を乗り継ぐ手もあるよ

台中にも国際空港はあります。

花蓮空港にも香港エクスプレスが入っていたけど、2019年現在運休かな?
ユニー ゲート
花蓮空港。台北へ向けてのフライト直前

他にも台東にも空港はあります。ユニーの台湾域内線もあるので、活用してみるといいかもしれないと私は考えてますよ。

域内線・香港のLCCを組み合わせて、台湾の地方にも入れるというのも、ルーティングを考えるときに入れていいかも。

台北以外のホテルは結構安い(特に高雄)

一般的な傾向として、台北は高く、南部は安い。

台北のホテルもそんなに高いものではないけれど、高雄は特にホテルが安いと思う。
シャトーデシン べっど
高雄:シャトーデシン

このシャトーデシン高雄、ホテル、ダブルベッドルーム、バスタブ付きで素泊まり一泊7000円くらいだった。台北でこのロケーション、この設備のホテルに宿泊すると、1.2万円くらいではないだろうか。それでも、香港などと比べると、台北のホテルは安めだと思う。

安いホテルには罠?があるかも。窓なし・雑居ビルに気をつけて

台北もそうですが、安めのホテルは窓なし・雑居ビルが少なくないです。

ジアズイン
(高雄:ジアズイン)

高雄で窓なしに宿泊しました。この窓なしの部屋が平日は4000円で土日が6000円です。安いよね。

しかしね、台湾もそれなりに地震がある。花蓮ではホテルが倒壊したことがありましたよね。窓から救出される人をみて、窓なしの部屋はもう二度と泊まっちゃいけないなって思いました。

同じホテルでも、二番目に安いクラスだったら窓があることもよくあるので、選んでね。

台湾の地方都市では、シングルルームの設定は少なめ

日本人は一人旅をよくするし、一緒に旅行してもシングルを一つずつ取るケースは多いでしょ。お一人さまに日本は親切だと思う。

しかし、台湾は違う。台北はさすがにシングルルームがあるけれど、地方、私が宿泊したのは高雄・嘉義・花蓮ですが、ここにはほとんどシングルルームはありません。だから高雄で窓なしの部屋に宿泊したというわけです。

地方になると、そもそもホテルが減る。言語の面でも中高級クラスに宿泊するのをお勧めする

台湾の地方になると、中級クラスのホテルが減ります。

私はドミトリーや民宿は嫌です。ホテルを選びますが、中高級クラスをお勧めします。台北なら一万円はこすだろうクラスだと思えば安いと思います。

ディスカバーホテル ベッド
嘉義:ディスカバーホテル

シャトーデシン 花蓮
花蓮:シャトーデシン

私は中国語がおぼつかないので、英語で全部のやりとりができるかはかなり重要です。日本でも地方都市で日本語以外が通じそうなホテルを考えてみよう。

ね。ANAホテルからリブランドしたクラウンプラザもそこ中に入りませんでした?

おそらく台湾ならホステルの方が英語ができる人がいるかなーと思うんですが、ドミトリーばかり見つかりまして。嫌なのよ。ドミトリーでいいならば、2000円も出せば十分のようですが。

私は台北ですら、日本語が通じるようで通じないようで通じると思ってる。高雄はまだしも、嘉義・花蓮では期待していませんでした。さらに、嘉義も花蓮も地震が多い。震源が中央山脈の比較的北東側か、南西側かというだけだもの。

それで、このクラスのホテルを選ばざるを得ませんでした。

シャトーデシンは高雄の方が新しいだろうけれども、高雄が朝食なしで7000円強、それに対して花蓮は朝食がつきで9000円をこしました。

もっと高いホテルはいくらでもあります。実際に嘉義では地震に合いましたし(被害は何もないけどすごく怖かった)、花蓮はそもそも地震の多いところです。

花蓮の大地震で、民泊のようなところに宿泊していた観光客が亡くなったこともありましたね。

安全にはお金をかけていいと思います。

台北なら英語や日本語を話す人がかなりいますが、地方に行くと期待できない。

一応、台北・高雄以外ではホテルは一泊9000円前後からくらい見てください。必ずしも朝食を食べるところが外にあるわけではない、など考えると台北と高雄以外では朝食をつけるのをお勧めします。9000円が6泊で7.2万円。結構かかる。

「個室だけどバストイレ共用」 が我慢できるならば、主に台北に宿泊する方が安くて体力の消耗が少ないかも?

高雄→嘉義→台北と移動する旅行をしたことがあります。⇒2017年11月 台湾旅行 もくじ

台湾で荷物を持って移動するのは結構大変で、特に高鉄の駅が市内から離れているので、時間を食うんですね。もしも、「個室だがバストイレ共用」に耐えられるならば、台北の方が安く宿泊できるかもしれません。ただし、地方を回るつもりでいるならば、交通費が上がります。ルーティングによって考えてみてください。

フリップフロップ ガーデン

(台北:フリップフロップガーデン)

それなら、一泊5000円を切るくらいからあります。6泊しても3万円です。

Hotels.com

市内・郊外の交通費

台北・高雄は地下鉄とバスを乗り継げばよくて、1000元あれば、1週間ずっと市内の交通費を賄える?かな?と思ってる。

しかし、台北から郊外、九份・野柳・三峡・基隆などに自分で行くと、もう少しかかります。多分1日の交通費が300元くらいですむと思いますけども。

また、高雄から台南日帰りは余裕でできます。台鉄でいける。やはり300元程度でしょうか。
ゼーランディア城
台南:ゼーランディア城

嘉義はBRTに乗ったし、花蓮では公共交通期間に乗ってません。

一応ね、7日間の交通費が毎日予算が1日300元としても、2100元。

空港からホテルへのバス・メトロ代を含めても一万円もかからないと思う。

あ、台湾では基本タクシーには乗らない。

移動

台湾新幹線(高鉄)

西海岸ならば、台湾新幹線(高鉄)を考えるよね。

左営駅

旅程に余裕があるなら、KKdayの外国人限定割引が一番安いと思います。⇒高鉄(台湾新幹線)の切符の買い方&乗り方。外国人限定の割引もあるよ!

高雄ー台北の片道が4500円くらいです。

うまくオプショナルツアーを使って

日本とは異なり、台湾では高鉄の駅が不便なところにあります。

嘉義駅 BRT
(嘉義駅 BRT)

さらに、高雄もその毛があるけれど、台北市内以外は車社会だと思っていいと思うの。

オプショナルツアーはそんなに高くないので、うまく使ってみるといいと思います。

高美湿地 人の列
⇒台中は車社会。行ってみたいところはちょっと離れていて、オプショナルツアーが正解

台湾のオプショナルツアーは、5000円くらいからあるから。
オプショナルツアーはKKday

花蓮も、タロコ観光プランは、台北からの日帰りプランもあります。(これは一万円をこす)

つまり台北にずっと宿泊していても、1日目は台北、2日目は花蓮日帰り、3日目は台中日帰りも可能です。(結構タフだと思うけど)

食事

どんなものをどれだけ食べたいかにもよるけれど。
嘉義南院 ランチ
嘉義:故宮博物館南院のランチ

旅に出ると途端に食べなくなる(お腹が心配)ので、私は台北なら1日あたり300元あれば生きていけます。フードコートも使うし。⇒フードコートはおひとりさま台北旅行の強い味方!姉御はわりによくいってるよ!

地方に回ると、そうもいかなくて。

花蓮では、ホテルが中心地になかったこともあり、食べるところに困って。暗くなってから500メートルくらい歩くのも微妙だなって、思ってルームサービスで500元越したのよ。つまり、2000円。ちょっと高かった。

一応、2万円は見ておいていいと思います。

通信費

台湾は、SIMを買いやすいところですよ。
シムカード

500元で一週間の通信費がまかなえます。
⇒台湾・中華電信のプリペイドSIMを買う

もちろん、SIMロックされていないスマホがいるよ。

買うもの・お土産

ここはまあ、人それぞれよね。

台北in 高雄outで計算してみる

東海岸までいかずに、西海岸のみで台北3泊・高雄3泊の6泊7日で考えてみます。

  • 飛行機:4万円
  • 台北のホテル:5000円×3泊で1.5万円
  • 高雄のホテル:7000円×3泊で2.1万円
  • 高鉄(台北ー高雄):4500円
  • 食事:2万円
  • オプショナルツアー:1万円
  • 通信費:2000円

合計:11万2500円

もちろん、最終的にはホテルのランク次第ですが、最低でも台湾の地方を回りながら1週間過ごすと、12万円かかると思ってね。

くれぐれも!無許可でバスキング(大道芸)は違法ですからね。乞食も違法。なさらぬよう。

Copyrighted Image