台北:松山空港で中華電信のeSIM(5daysパッケージ)を買った(2022年11月版)

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、海外旅行・国内旅行持ち物リスト(エッセンシャル版)

私は国内旅行はもっぱら楽天トラベルで予約してる。
クーポンが出てる日本のホテルを、楽天トラベルで見てみない?

ネット時代になって久しく、ネットなしには身動き取れないことがあります。特に一人旅なら、通信手段は複数持つべし。

心理的に気軽に海外旅行に出かけられるようになってきたけど、ahamoにするかな、しないかな。頻繁に出かけるわけでもないしな。な気持ち。

ahamo

で、そもそも現地で使えるプリペイドSIM(周遊SIM、eSIMを含む)を使うならば。SIMロックを解除してないと使えないので、そこのところはお忘れなく。SIMロックが解除された中古のiPhoneあたりを買ってもいいかもよ。

姉さんは、SIMフリーのスマホ大好きで2台は持ち歩きます。

でも、こういうものの扱いに慣れておられない方、設定が自分ではできないという方にお勧めなのが、レンタルのポケットWiFi

世界中でインターネット!グローバルWiFi

以下は、慣れれば安くてお手軽で安全な、外国のプリペイドSIMの世界です。

チャレンジしてみる?

私、そこそこの台湾リピーターでして、中華電信のSIM台湾大哥大のSIMは延長してキープしています。

中華電信がプリペイドのeSIMを売るようになったので、買ってみた。興味本位の行動です。

中華電信 eSIM

特に後悔していない。

HSK5級の読解によると、キープしてるプリペイドSIMをeSIMに変更できるっぽい。しかし機種変更のときが面倒かなあ?と思ってて。

なお、初めに書いておくけれど、お持ちのものはSIMロックが解除されてるスマホだよね?

広告—————————-

2019年11月に、KKdayさんで香港空港からマカオ(タイパ )へ向かうコタイウォータージェットを体験させていただきました。
⇒香港空港からマカオ(タイパ)までコタイのフェリーに乗って
KKday 【ファーストクラス】香港国際空港-マカオ タイパ:コタイ・ウォータージェット片道乗船チケット
KLOOK [マカオ外港 / 香港国際空港発] ターボジェットフェリーチケット
帰りは、KLOOKで買ったターボジェットでマカオ外港から香港空港に乗り入れました。
⇒ターボジェットで、マカオ外港から香港空港へ乗り入れる

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

松山空港でeSIMが欲しければ、中華電信の直営店へいけ

松山空港には、中華電信のブースが二つあります。制限区域から出たすぐのところにあったお店に行ってみた。

中華電信 松山空港

eSIM?と聞くとないんですよ。「eSIMはあっちの店に」と、私に向かって左側を指すので行ってみると、そこにも中華電信のブースがあった。

Subwayの近く、文湖線のエレベーター付近にあるお店です。

KKdayで松山空港ピックアップが選択できるときにはどうもこの店で、どうも「直営店」っぽい。写真はあるんだけど、人がたくさん映っててねえ。

中華電信 松山空港

今見たらクレジットカードでも購入できそうですね。そこの台湾銀行でおろしたばかりの現金で払ったけどさ。

eSIMのセットアップにはWi-Fiがいるよー。

eSIM欲しいと言うと、セッティングもしてくれようとするんだけど、うまくいかないのよ。うまくいかないんだけど。って私に返してくれるんだけど、いくわけないじゃん。

Wi-Fiでセッティングするんだよ…

これはその前の晩にCMHKのSIMのセッティングをしたから覚えてた。

係がまだeSIMに慣れてないんでしょうね。

空港のか何かわからないけど、Wi-Fiをつかんでセッティングしてくれました。

購入が26日の午前中だったのね。だからその日からのカウントで、30日の夜に使えなくなるのだと思ってたんだけど、届いたSMSによると、12/1の23時59分まで使えそうです。ん??

安定してる

4Gプランは5日間で300元だから、単純計算すると1500円なのよ。

入れたのがiPhone SE2なので、5Gは使えないけれど、5Gの方が高いです。

CMHKのローミングeSIMを使ったのだけど、これはiPhone 13 Proに入れたからか5Gになってました。回線は同じく中華電信です。繋がりはするけど、不安定でねえ。スムーズにつながるときもあれば、とろーいときもあって。これはローミングだからなのかなんなのかわからんです。

ローミング5G(中華電信回線利用)と比べる形になったけれど、やっぱりこっちの中華電信のSIMの方が安定していました。

特に計測はしてませんが。

向こうはカウンターに行ったりしなくて済むという大きなメリットがあります。安定していないとはいえ、ネットに繋げないわけじゃないし。

私には不要だったけれど、こっちの中華電信のeSIMには音声通話・SMS・テザリングができるという大きなメリットがあります。その代わり、わざわざカウンターまで行かないとならないし。

もう一つ、ずっとキープしている台湾大哥大のSIMがあるのだけど、そっちとはほぼ大差ない感じです。

KKdayやKLOOKを経由した方がレートが良いけどeSIMの選択ができるかどうかはわからない。

KKdayで、私が買おうとしたときには松山空港が選択できなかったのよ。KKdayで売るときもどうやらこの直営店の方に行くっぽいので、ひょっとしたらお願いできるのかもしれないし、お願いできないのかもしれないです。台湾だし。係の気分とeSIMへの知識量に依存するかもしれないので、eSIMにしてもらえたりもらえなかったりしそう。

KLOOKでも中華電信のSIMがあって、こっちは「到着ロビー」としか書かれてません。それじゃどっちかわからんな。

今回は絶対eSIM!と思ってたから、直接カウンターに行きました。

eSIMにできなくても問題ない人で、興味本位でやってみた人は、姉さんに教えて。

Copyrighted Image