2014年7月 ウィーン旅行 もくじ [世界遺産] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

2014年7月 ウィーン旅行 もくじ [世界遺産]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

ふらふら歩いてウィーンの空気を吸い、ウィーンの人たちを観察していました。
本当に、聞くと見るとは大違いでした。一人で散策するのが大正解。

ウィーンは思っていた以上に公園が多いところでしたよ。
シュテファン寺院

ずーっと歩いていただけなので、いわゆる観光地にはあまりいっていません。
せいぜい、シェーンブルン宮殿、ホーフブルク宮殿、美術史博物館、シュテファン寺院といったところです。

ミュージアムクオーター&王宮

シェーンブルン宮殿について

教会には行ってみたり、楽友協会で聞いてみたり、ぶらぶらしたり

食べたもの

公園も多いのですが、スプレーの落書きが非常に多く、正直なところ、荒れた都市だな、という印象を抱きました。でも、2014年当時、治安の悪さは感じませんでした。

ウィーンでは「ウィーン歴史地区」「シェーンブルン宮殿と庭園群」が世界遺産です。シェーンブルン宮殿はすぐにわかると思う。

ウィーン歴史地区の主な建物で行っているところは、「旧市街」というざっくりしたところ以外では、

  • ホーフブルク宮殿
  • シュテファン聖堂
  • カールス教会
  • 美術史博物館(自然史博物館は建物を見ただけ)

Copyrighted Image