ad

シシーチケットを使ってホーフブルク宮殿を見学する [2014年夏 ウィーン女一人旅]

「地球の歩き方」のシェーンブルン宮殿のページにお勧めされていた行き方は、朝早くシェーンブルン宮殿に行ってシシーチケットを購入して翌日の朝にホーフブルク、という順番でした。シシーチケットは一年有効なのでそういうことができます。
でも、何度も入れるかは不明です。バーコードで管理しているので、二度目に入ろうとして入れないと言われたら辛いですね。

さて、次はホーフブルク宮殿です。
ホーフブルク
撮影し損ねたのですが、ホーフブルク宮殿でエリーザベトの絵の書かれたチケットブースがありました。シシーチケットを購入するのはここなのでしょう。

帝国運営の実際の執務が行われていたのがこちらです。
シェーンブルン宮殿は夏の別荘みたいなもので、ハプスブルグ家の本拠はこっちなのです。
ホーフブルク
大統領公邸がここに入っています。

ホーフ=大きな、ブルク、城、つまり「大宮殿」みたいな名前です。その名の通り、様々な建物があるのですよ。宮殿で、それぞれが公邸になってみたり、観光客に解放されていたりします。
シシーチケットで入れる部分がいわゆる「ホーフブルク宮殿」なのですが、ここはミヒャエル宮なのかな?スイス宮には王宮宝物館が入っていますし、新王宮は美術館になっています。

シシーチケットでホーフブルク見学

まずはシシーチケットをつかって入れる部分に入りましょう。三つに区分けしてありますが、シシーチケットでなくても、11.50ユーロの一枚のチケットで入れるようです。

もちろん、シシーチケットはシェーンブルン宮殿ではなくて、こっちで購入することも可能です。

ホーフブルク

銀器コレクション

ここは撮影可能でした。
ただ、銀器よりも陶器の方が好みでした。日本で作られたもの、中国で作られたもの、もちろんヨーロッパで作られたものなどいろいろありました。
ホーフブルク
ただ皇室のトイレとか大量にありました・・・。

シシーミュージアム

これより先は撮影禁止です。

ホーフブルク

個人的にエリーザベトに興味はありません。でもシシーチケットだからなー、というわけ。エリーザベトにそんなに興味のない私にとっては少し退屈。

個人的に興味が持てたのは、生前国民に不人気だった皇后が死後に人気取りに使われコマーシャライズされていく様子でした。

実際にオーストリア女子はシシーとヨーゼフが大好きで、なぜ好きなのか聞いてみると「シシーは当時凄く人気があって、国民のことをすごーくよく気にかけていたのよ」だそうです。
国民のことを気にかけているなら、あんなに旅行を続けませんよ・・・。まさに、「伝説」。そしてコマーシャライズですね。

皇帝のアパートメント

こちらも撮影禁止。
ホーフブルクが本来の居城です。夏はシェーンブルンに行っていたようですが、冬はホーフブルクにいたんだそうです。

シェーンブルン同様、フランツ・ヨーゼフとエリーザベト中心です。

注意点

出入り口が同じ場所ではありません。そのため、クロークがないのです。
荷物が多いと結構辛いので、ご注意なさってください。

▶︎ウィーン女一人旅 目次 に戻る

★オプショナルツアーを事前に買っておくのもいいかもよ
>>Wanna Tripでオーストリアのオプショナルツアーを探してみる?

★今なら、SIMは先にAmazonで購入していくと思う
⇒ヨーロッパ用周遊ローミングSIMなら、事前にAmazonで調達できるよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする