スポンサーリンク
JAL日本航空 先得

台北:桃園空港まとめ&情報アップデート。案外トランジットなどで過ごしやすいと思うけど [2019年更新]

私にとって、一番使う空港は羽田なんだけども、その次が多分このキティ桃園空港ではなかろうかと。

桃園空港

エバーの、桃園ー福岡ー桃園がキティジェットだったことがあり、キティまみれで行ったり帰ったりしますよ。一番使うのはANAかな。ついでキャセイ・エバー。他には中華航空・タイ・KAL・UAで飛んでいるけれども、JALでは飛んだことがないかもしれない。LCCでは飛んだことはないですね、今のところ。

ヨーロッパ行きで考えると、一つ考えられるのがエバー。エバーで、福岡ー桃園ーウィーン(途中バンコクワンストップ)を飛んだこともあります。
アムステルダム・パリ・ロンドン・ウィーンをバンコクストップで飛ばしてるみたいなのね。
航空券予約 サプライス

広告—————————-

2018年5月に、KKdayさんにモニターさせていただきました。
Kkday【台北・再春健康生活館】足裏マッサージ&リンパデトックスマッサージ

エステではなく、整体に近いです。日本語のできる施術師さんだったので、きちんとコミュニケートできたのも良かった。終わったときには足の疲れも背中もほぐれてすごく良かったです。こっちも見てね!⇒台北:再春健康生活館でリンパデトックスマッサージ を受けてきた!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

桃園空港はいろんなのが変わりやすいから、最新の情報をチェックしてね!

とはいえ、最近は行きか帰りが松山になることもあり。高雄になることもあり。年に二回の台湾詣でで、四回全部桃園、というわけではないのでねえ。

BR

さらに、この桃園空港、いろんなことがすごく変わりやすい。台湾の、ファジーな運用が良い意味で生きてて、新陳代謝するのね。2023年には第3ターミナルが開業する予定らしいですし。

なんども使っていれば、それなりに土地勘のようなものが働きますが、初めて行く場合には、公式HPを要チェック!(ただし、何度も言うけれども、台湾はファジーなので、反映されていない可能性がある)
https://www.taoyuan-airport.com/japanese

私は2019年は7月の一度のみ。2020年はトランジットしない限り行かないと思う。

1タミと2タミは中で繋がってる

LCCの多くとキャセイ・中華航空(&スカイチーム)が使うのが、1タミ。
JAL・エバー(&スターアライアンス)が使うのが2タミ。

桃園空港の、1タミが古く、大昔初めてここを使ったのは、当時福岡ー香港便を、台北ワンストップにしていたキャセイ。キャセイは今でも桃園が第二のホーム的なところがあるよね。まだ当時「中正空港」と言っていた2006年ですね。一度機内から出される(一時間しかないし、空港の外には出られない)んですが、そのときに「・・・バスターミナル?」的なことを感じたことを思い出します。今はそれなりに改装されていますが。今でも1タミはちょっと古いなって思う。

次に、2011年に初めて台湾の中に入ったとき、2タミでしたが、雰囲気がかなり違うんだなーって思ったのね。

その1タミと2タミですが、実は中で繋がってます。ゲートナンバーのAとBが1タミ、CとDが2タミ何ですけれども、中で繋がってるんで。エバーなのにB!?!?ということもあった。中にシャトルが走っているようなんだけれども、シャトル・・・乗ったことがなかったね・・・。

桃園空港は、ようやく2018年の冬に2タミで荷物の自動チェックインを始めました。

なので、さっさと大きな荷物を手放せるようになったので、楽になったかなー。

空港隣接のホテル。姉さんはノボテルに泊まるよ

2ターミナル内に、以前はエバーのトランジットホテルがあり、そこでシャワーも使えたのですが、同じ場所にプラザがラウンジ兼ホテルを出している模様。予算は一泊2万円前後です。

アゴダプラザ プレミアム ラウンジ ターミナル 2 ゾーン A (環亞機場貴賓室 (第二航廈 A區))

もちろん、ここはターミナルの中なので、外にでてしまうと入れない。

私はノボテル(一泊1.5万円前後)とシティスイーツ(一泊一万円)に宿泊したことがありますが、 ノボテルを推します。

ノボテル桃園 シャワーブースが

アゴダノボテル桃園エアポートホテル

理由は、桃園空港線が開通して、ノボテルとは目と鼻の先(雨でギリギリ濡れないくらい)の距離に駅ができたこと。(今でも空港との往復にシャトルバスが出てますよ)⇒桃園空港:深夜早朝便なら、ノボテル台北桃園国際エアポートホテル一択!

またもう一つのシティスイーツが「このロケーションでこの値段ということはナルホドネ」という感じなこと。⇒桃園トランジット:シティスイーツゲートウェイのリピートはない

ノボテル桃園

なのでねー。LCCを使うなら福岡だよねーという場合には、LCCを使うとホテル代が上がってしまい、意味がないんだよね。

また、LCCでなくても、朝8時台のフライトはたくさんあります。朝は1タミ・2タミとも使いましたが、特に手荷物検査場が混み合います。⇒朝の台北・桃園空港の手荷物検査場はT1・T2ともに混むのでお早めに

朝が早いならば、ノボテルがおすすめ。(シャトルバスはかなり午前5時台からやってます)土地勘があれば、MRTの始発でもいいし、間に合ったんだけども、オススメはしません。

夜も、23時くらいでも、もうすでに客引きのタクシーの運転手がターミナル内に入り込んでいて、「小姐、」って言ってきますから。MRTが動いている時間ならば、乗ればいいし、動いていないならば、シャトルバスを使えばノボテルにいけます。午前1時台までシャトルバスはあるから。シャトルもないような時間に到着する羽目になったら、これはタクシー乗り場からタクシーに乗りましょう。

桃園

https://www.novoteltaipeiairport.com/jp/location.asp

桃園空港から台北市内へ。姉さんはMRTを使うのが好きだけども、ホテルの場所とよく考えてみてね!

時間が読めるのが、MRT桃園空港線。台北駅は高鉄や台鉄の台北駅とは離れているので要注意。

桃園MRT

駅は地上を上がると重慶路・市民大道の交差点なので、緑線の北門駅に行ったりしてみてね!

実は桃園inなら、メトロの割引チケットがKKdayに出ました!台北駅では受け取れないようなので、ご注意を。
Kkday 【外国人限定】桃園メトロ割引乗車チケット:桃園国際空港-台北(片道 / 往復)

さらに、使える航空会社は限られるようですが、桃園線台北駅ではシティチェックインができるようになったので、これも使いやすくなったのではないかと思う。2019年夏は帰りが中華航空なのでやってこようと思う。

ただ、ホテルのロケーション次第では空港バスに乗る方が便利なこともあると思う。特に信義方面ですね。

私は空港バスは微妙だなって。確かに安いのだけども、時間が読めないので不安になるんですよ。行きはまあいいとしてもねえ。

私が一番使ったバスは空港と台北駅を結ぶ路線です。行きは特に中山北路が渋滞します。国光の台北駅ー空港線は同じ番号でも中山北路を通らない(=つまり、一筆書き)なので、それなりに早いですが。
北一門

また、KKdayという旅行会社では、往復の割引チケットを販売しています。深夜早朝移動をすることがわかっているなら、便利だし、往復とも1819バスにするならこれをお使いになるのも一つの手。是非是非お値段を見てみて!

KKday 【桃園空港リムジンバス】國光客運1819路線往復割引チケット

この辺りにまとめています。

ホテル選びと合わせて行き方を考えるといいと思う。

SIM売り場

台湾は、パスポートがあればSIMが買えるし、ブースなら設定までしてくれる。
桃園 1タミ

チャージして延命させて使うつもりではないならば、空いているブースに行けばいいと思う。料金は横並びで、ほんの少し遠傳が安いかなーくらい。

台湾モバイル
(2016年の写真ですが、3Gプランがなくなったくらいなんじゃないですかね、値段そのものはそんなに変わってないみたい)

もしもチャージさせて使うつもりならば、空港で買うなら台湾大哥大。⇒台湾三大キャリアのプリペイドSIMを延命して使用する方法一覧

もしも市内で買うならば、各社の「旗艦店」をGoogleマップに出して行ってみるのがおすすめ。そうではないところに行くと、台湾人の親切が裏目に出てものすごい時間を食うことがある。一時間くらい色々やった挙句に「うちはねー、プリペイドは扱わないお店なんだよー」というのが出てきて膝から崩れ落ちそうになったことがある。一番初めに言え。(親切なんですよ、台湾人)

台北市内なら、信義の映画館のところに三社のショップがあって、少なくとも中華電信は帰艦店だった(3GのSIMから4GのSIMに変えてもらった

トランジットでなくても、深夜到着するなら周遊SIMでも買っとけ。

深夜到着する場合、SIM売り場に人がいないことがあったんですよ。困っているというか、怒っている日本人を見たことがある。ただ、私には何もしてあげられない(台湾のSIMは複数持ってますが、私のパスポートで登録したものなので、見知らぬ人に使わせたくない)。この人たちがすべきだったことは売り場の時間を確認することですかね。

もしくは、日本の空港で調達できるようにしておくか、Amazonで周遊SIMを買っておくべきだった。


⇒もしも桃園空港に夜遅く到着するなら、事前にAmazonで買っておくか、予約しておくのをおすすめするよ!

WiFi飛んでるけど、使うならば、VPNを通そう

空港内、Wi-Fiは確かに飛んでます。
ただ、セキュリティ上、使うならばVPNを通しましょう。

私はこれを使ってる。⇒HotSpot VPNはプレミアムにしました。これで当分期限を気にせず使えるはず

荷物置き場がある。トランジットのときに使って!

これは2タミの写真ですが、桃園空港にはコインロッカーあります。

桃園空港 ペリカン

ペリカンの前。

桃園空港 ペリカン

昔はペリカンで荷物を一時預かりしてもらってたんです。トランジットで一度外に出るときに使うといいと思う。

なお、それなりに旅行なれした姉さんはトランジットで主な荷物はそのまま通しておいても、手元に置いて「預けない」荷物を作ります。理由はロスバゲを見越して。実際にロスバゲ&ディレイしたことはありませんが。外に出歩くのに持って歩くのがビミョーな品々は以下の通り。

トランジットで一日外で遊ぶときに。私は預けないもの

薬やコンタクト&メガネなど、私は必ず機内に持ち込むものがあります。ただ、トランジットで外で遊ぶときに私が「余計に持っておく」もののリストを挙げておきます。

この時は夏だったので中でシャワーを浴びたかったのね(シャワーの話は下にある)。持っておくべきだったな、と思うものまで含めて書きますと。

  • 着替え二日分(ワンセットはシャワーのあとの着替え)
  • 化粧品などのサンプル(シャンプー&コンディショナー、メイク落とし&洗顔、化粧水&乳液)
  • クロックス(無料のシャワールームなら使いたいかもしれないし)
  • タオル一枚(無料のシャワールームにきれいなタオルまで置いてないと思う)

タオルはこの速乾タイプをおすすめ。

SWANS(スワンズ) 速乾ドライタオル (40×100cm) ブルー SA-126

SWANS(スワンズ) 速乾ドライタオル (40×100cm) ブルー SA-126

1,200円(10/23 21:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

制限区域にドラッグストアはないので。要注意

また、2019年に制限区域内の「ファーマシー」的な。ドラッグストア的なところに行きました。T2です。「あー、あれ忘れた。でも桃園空港でトランジットだから、桃園で買おう」が効かないから要注意。

以前、桃園空港にはドラッグストア的なところがあったと覚えていて。インフォーメーションでドラッグストアどこ?と聞くと、C(C2かな?)にあるよ、と言われてそこまで行きました。D9から歩いたわよ。

桃園空港

ここ、2019年7月現在、シートマスクや安い化粧品屋(誰も客がいない)です。阿原ではなく阿原のパチモンみたいな石鹸とか。

ゴムのようなものはあったような気がするんだけど、実用的なドラッグストアではなくなりました。リニューアルしてなくなってしまったのかなあ。結構みんな買ってたんだけど。T1側まで行けばよかったのかもしれないけれども、もう疲れ果てました。そのまんま、ドラッグストアのマニングスを入れている香港空港が懐かしくて懐かしくて。⇒香港空港

郵便局でEMSを送る場合には時間に注意

桃園空港には郵便局があり、(もちろん、制限区域の中ではないよ)私は乗り継いでヨーロッパに行くときにお茶などを日本に送りたかったの。

ところが、閉まってたねー。
郵便局
https://www.taoyuan-airport.com/japanese/store3_detail/%E9%83%B5%E4%BE%BF%E5%B1%80

時間に注意!

送れなかったのは2014年のこと。ただ、2019年現在、ファミマが店舗間輸送で、台湾のファミマから日本の最寄りのファミマに荷物が送れるっぽいのね。2017年くらいから始まったサービスっぽいですが。2タミの3階(昔セブンだったと思うんだが)にファミマ(全家)があるので、郵便局がダメだったら、ファミマに行ってみるといいかも。
https://www.taoyuan-airport.com/japanese/store2_detail/%E5%85%A8%E5%AE%B6%E4%BE%BF%E5%88%A9%E5%95%86%E5%BA%97

制限区域にも、そうではないところにも、フードコートが作ってある

桃園空港のいいところは、制限区域だろうが、そうではないところだろうが、それなりにフードコートが作ってあることでしょうかね。
桃園空港
2タミの非制限区域、地下のフードコートにて。2011年です。場所は地下鉄の駅のすぐ近く。

もちろん、制限区域にもある。
桃園2タミ
ここで食べたわけではないけれども。シャワーを浴びる前ですね。2016年。四階です。早朝、6時前だと開いてなかった。

定期的にお店は入れ替えるんですかね。「美食廣場」がフードコートだから。それなりにうるさいはうるさいんですけれども、お一人様でもそれなりに色々食べられるし、指差しで注文できますし。台湾の場合は、台湾の食が合わない場合でも日系のチェーンが入っていることがあるので。⇒フードコートはおひとりさま台北旅行の強い味方!姉御はわりによくいってるよ!

制限区域にシャワーコーナーがある

2014年はエバーのトランジットホテルにあったシャワーコーナーで有料でシャワーを使いました。

2016年にはこの有料シャワーコーナーがなくなり、四階に無料のシャワーコーナーが出来てました。
お湯が出せるなら15分

⇒桃園2タミ、トランジットホテルがなくなり、無料シャワーコーナーがあった
これがねえ、プラザラウンジでお金を払うとか、鍵をもらうとか、いろんな運用になってるようなんですよ。

2019年現在、シャワー室があり、2016年と全く同じ運用でした。ただ、「タオルが欲しいなら近くのスパに買いに行け」と、中に張り紙がしてあったよ。

なお、私はここで着替えをしただけです。

桃園空港 シャワー

2タミの非制限区域で充電コーナーを探すなら、到着階へ(2016年6月)

桃園空港は、クラシカルにチェックイン時間に行かないと荷物を預けられなくて。2018年の冬からようやく自動手荷物預け機の運用が始まりました。

2016年の6月は深夜に桃園をでて、早朝に成田に到着する便だったのね。この日は雨だったし、まだMRTも通じてなかったので、雨がひどくなる前にバスに乗ってしまえ、と早めに空港に行きました。

しかし、液体を持っていたのに、預けられないのが悲しかったわー。

かなり前から空港の制限区域内に入っていたい人としては、人がわちゃわちゃしてうるさい非制限区域は嫌なのよ。そう言ってもどうしようもないんで。充電したいなあって思いながらうろついていたんです。出発階ではなくて、到着階には椅子が多いよね、と思って行ってみたらビンゴ。

エスカレーターの裏にテーブルがあって充電したい放題。
桃園空港

USB充電器がなくても、ケーブルさえあれば充電できる。
桃園空港

さらに、充電できる椅子もある!
桃園空港

おすすめ。

制限区域(トランジットゾーン)の免税店は(しょぼい)

しょぼいと言ったって、比較するのが仁川だの成田だからであって。
羽田よりもしょぼいとは思うんだけれども、JFKだの、ミュンヘンだのと比べればマシです。

故宮博物院のストアがあり、そこで眺めるのが好きなんですが、お手頃価格のもの(マステとか)はないから、残念ながら買うには至らない。

それでも、お土産として、最後のね、重たい太陽餅に、ドライフルーツなど色々あります。なお、通りもんの方が好きだ。⇒台湾土産に太陽餅を買ってみた。通りもんの方が好きだな。

頼むから太陽餅と通りもんを食べ比べてみてよ。傑作まんじゅう〜(博多!)通りも〜ん。

パイナップルケーキは、非制限区域2タミにサニーヒルズがある。
微熱
けど、試食コーナーはないよ。⇒桃園空港の微熱山丘と日本のサニーヒルズを食べ比べてみた! 

制限区域には充電スポットなどもあるし、人も少ないし、なので過ごしやすいと思う

図書コーナーや先住民コーナー、C-pop(と言ってもF4以前の古さ)の特集コーナー、キティーコーナーなどがあります。お店はあまり多くないけれども、桃園空港の制限区域は、静かに過ごしたい人には割に良い環境だと思うの。

桃園空港では、乗り混む前にゲート前に一度降りねばなりません。(エレベーターあるから心配しないで)
桃園空港

請下楼、って見えるけれども、下に降りてください、ってこと。

制限区域の充電コーナー

制限区域には充電スポット(これめっちゃ大切!)もかなりあるよ!

2タミの、CとDの切り分けをするところの近く、というか真ん中よね。ここにインフォーメーションがありまして、そこにロックできる充電器もあります。無料。
桃園空港 充電

2019年7月に詳しく見ると、iPhoneだったり。HuaweiとかGalaxyとかいろいろ書いてありました。ケーブルごとに書くよりも、製品名を書いた方が多くの人にわかりやすいということかな。

インフォーメーションでコインを受け取って〜というタイプです。これなら預けてショッピングすることもできる。

各ゲート前にも、どこかに充電できるところがある。
桃園空港
ただし、USBケーブルを挿すタイプは、壊れてる??ってこともあるんで要注意。

桃園の搭乗口そのものは、一つ階を降りるんですね。そこにも充電コーナーがある。
桃園空港
刺さってるのは姉さんの。

マルチタイプです。
桃園
台湾の充電口は日本と同じ形だし、110Vにあいさえすれば、使えるんですけれども。

もしも、桃園空港トランジットでどこかに飛んでいく場合(私は香港・ウィーンと桃園トランジットをやった)、向こう仕様の充電器を持っていくことを強くお勧めするんだけども、それでも使えるということです。⇒USB充電できるようにすると、外国でも便利。appleのアダプターを使うともっと楽

ゲート前ロビーには、充電コーナー・自動販売機・ウォーターサーバーとトイレがある

さて、ゲートのすぐ前まで降りてきました。充電コーナーがあるのはわかってもらえたと思う。

桃園空港

いろんなゲートを使いましたが、香港みたいに同じ階からすっと乗り込むのではないからでしょうかね。桃園空港では、一旦下の階に降りねばなりません。その分、広く使えるようで、ここにもトイレがあり、水飲み場があり、ウォーターサーバー(お湯が出る)があり、自動販売機があります。

ソファで休むこともできる。

地味にありがたいのが自動販売機ですね。仁川みたいに、全然自動販売機がない空港もあるから。
桃園空港 自動販売機

値段も市内とそんなに変わらんかなー。この自動販売機の写真は古いのだけど、ヨーヨーカーで決済できる自動販売機もあるので、最後に使い切ってしまうのも一案かと。

なお、姉さんは「黒松沙士」という、ルートビアみたいなのが好きです。黒松飲みたい。

Copyrighted Image