ad

台北のMRT桃園空港線に乗って、桃園空港と台北駅間を移動。バスにはもう乗れない!

桃園機場捷運(地下鉄桃園空港線)を使えば、もう二度とバスには乗れないと思う。

実は桃園inなら、メトロの割引チケットがKKdayに出ました!台北駅では受け取れないようなので、ご注意を。
>>Kkday 【外国人限定】桃園メトロ割引乗車チケット:桃園国際空港-台北(片道 / 往復)

以前、台湾のながああああい画像記事を使って、「わかっている限り」訳してみたのですが、2018年10月現在、大きくは変わっていないようなので、一部その部分を使います。

元記事はこちら。
機捷真的來了(聯合財經網)

記事というよりも、ながあああああい画像なので、適宜切って、分かりやすいように再編集しています。元の記事もご覧くださいね。

始発(6:00)台北駅発に乗りました(2018年10月)

そういえば、2017年11月も、確かに桃園線で行ったけれど、行き先がノボテルだったので、そのまま桃園線から飛行機に乗るのは初めてでした。

いやまあ、なんということはない。「始発」というところね。

エバー、関空行き08:30に乗りたい

今回はエバーの関空行きの08:30の便です。本来ならば、エアポートホテルに宿泊するのですが、今回は長丁場なんだよね。それで一日のホテルの値段を安くあげたくて。1.3万円よりも6000円のホテルが好ましかったというわけ。

エバーなのでインタウンチェックインしてしまいたかったんだけど、それは始発なのでできない。6時にインタウンチェックインの受付が始まるのだもの。そして(香港とは違って)日をまたいで荷物を預かってくれないから、08:30発の便ならば、インタウンチェックインも荷物預かりもできない。

実際にインタウンチェックインを受け付けてくれたとしても、次の06:15台北駅発に乗るわけで、きつくない?

すべてがうまくいくならば。06:00台北駅発でOK

今回は、預け荷物なしにしたいなって思ってた。ほら、並ぶから。早朝の桃園空港って。

今回の条件は、
1) すべて手荷物で持ち込めるようにして
2) Speedyを持っていて
3) オンラインチェックインをしてスマホにQRコードをスクショしておいた

という条件下です。

カウンターの前には人が結構おられて、しかもオンラインチェックインしていて、荷物を預けるだけという、そういう人たちのラインが長くて。じゃあ、もう行きますって並ぶことにしました。

確かに、手荷物検査はそれなりに並びました。さらにその先のイミグレもかなり並んでいました。

そこで、Speedyの出番です。⇒台湾の常客證(Speedy)ホルダー2年目になりました

シュッと通り抜けて、ゲート前へ。かなりはやく到着

残念ながら、この更新はできない(条件を外れる)ので、次回はこの手が使えないんですが。

それでも、8:30発(=08:00ゲート前必須)でも、06:00発(06:402タミ着)でもなんとかなるなって知見を得ました。

ただ、安全なのはやはりノボテルですね。⇒桃園空港:深夜早朝便なら、ノボテル台北桃園国際エアポートホテル一択!

今回は何もアクシンデントがなかったから

これについて質問が飛んできかねないんで先に回答を書いておきます。(つまり、質問には答えません)
朝8時台に桃園空港を出発する場合に、桃園空港始発で間に合うか。

8:30のフライト(08:00ゲート前)では、確かに桃園空港6時で間に合いました。かなり私は急いで行動しましたし、行動できる条件が揃っていました。さらに、桃園空港2タミは比較的勝手知ったところです。

06:00で06:40到着なんですね。1タミだってほんの数分しか変わりません。地下の駅から上に登って比較的スムーズにイミグレまで通過できたとしても07:00より前にイミグレを通過するのは難しいと思う。

確かに私は07:30くらいにはすでにゲート前におりました。やはり比較的スムーズに行動できてもゲート前まで07:30。

何かちょっとしたアクシデントがあったら、08:00にゲート前は厳しい。

なので、もう一度。他人様に責任もってお勧めできるのはノボテルです。⇒桃園空港:深夜早朝便なら、ノボテル台北桃園国際エアポートホテル一択!

今回の私のように、お金をセーブしたい場合でも、それなりに桃園空港にも桃園線にも土地勘があるからできたことです。だから、ひょっとしたら間に合わないかもしれないというリスクを取れました。一度か二度しか桃園空港を使ってない場合、荷物がたくさんある場合、いや、そもそも私に質問をしたい方におすすめできる方法ではありません。

どうしても、ノボテルに宿泊する代金が出せないならば、05:00くらいにバスで台北駅を出ることでしょう。

2タミより乗りました。(2017年5月・2018年5月)

今回はANAで飛んだので、2タミからです。

フードコートのある地下4階、フードコートの手前に駅への入り口があったのですが、きちんと開いていました。

桃園MRT

ヨーヨーカーで改札を抜けて、ホームです。

結構、短いのよ。

桃園MRT

実は桃園inなら、メトロの割引チケットがKKdayに出ました! >>Kkday 【外国人限定】桃園メトロ割引乗車チケット:桃園国際空港-台北(片道 / 往復)

青い普通列車と紫の快速列車があって、どちらも台北駅から桃園空港まで160元

普通も快速も値段は同じです。

桃園空港受け取りのみですが、メトロの割引チケットがKKdayにあります。片道150元、往復299元のもよう。 >>Kkday 【外国人限定】桃園メトロ割引乗車チケット:桃園国際空港-台北(片道 / 往復)

直達が来るに普通列車が来て、中をチラ見。

普通列車にも棚が作ってありましたよ。
桃園MRT

7分待って、直達がやってきました。

桃園MRT

さて、私の乗った直達。

そして、この座席の向きは変えられませんでした。

私はこんな感じで荷物を置いた。

桃園MRT

今どこかって表示されます。

桃園MRT

普通と直達の違いって?

二種類の車両があります。

藍=青。

「普通」は分かりますね。
「直達」は直通、ではなくて「スルー」。日本で言えば快速でしょう。

桃園桃園

重要な点だけ訳します。

台北駅から空港までの時間 台北駅から空港までの料金
普通列車(青) 45分 160元
快速列車(紫) 35分 160元

もちろん、2017年5月も2018年5月も私は、夜でしたし、さっさと到着したかったので7分待って紫に乗ったというわけ。

ただ、台北駅への到着には、私の場合は普通が先にやってきたわけで、結局3分しか違わないのではないかなあ。まあ、そのまんま青に乗っても良かったかも。

桃園

「長庚醫院站」で先行の普通車を追い越したのかしら、ここから移動してくる人もおられましたよ。長庚醫院站で乗って、新北産業園区で降りる人もかなりおられました。

また、この青の普通も結構便利なもののようで、桃園空港と高鉄桃園駅がつながりました。つまり、空港から南部に向かう場合、MRTで高鉄桃園駅へ行けば高鉄に乗り換えられますね。

もちろん台北駅でもOK!

荷物の預け方

桃園

桃園空港線の特徴は、駅でインタウンチェックインが可能なことです。これは助かります。

ただし、2017年5月現在では、台北駅で荷物を預けられる航空会社は今の所、エバー航空と中華航空、マンダリン航空(華信)、ユニー航空(立栄)の四社だけの模様です。

(つまり、LCCやJAL・ANA、キャセイで桃園空港に行く場合には、台北駅で荷物を預けることはできません)

「受付時間=06:00〜21:30

出発3時間前まで。当日のみ。

場所はA1駅=台北駅。

パスポートと航空券を持って、航空会社のカウンターもしくはセルフチェックイン機で手続きをして預ける。

荷物検査(X線)を通過したことを確認すること。

荷物は快速に乗ってA13(2タミ駅)に届けられ、機内に積み込まれる。

乗客はご自由に。出発時間までに空港に行って搭乗すればいい。」

でしょうか。

桃園空港線台北駅

<ご注意>

台湾というところは、なかなかファジーなところがあって、運用中にいろいろなところがマイナーチェンジされていく可能性があります。

というわけで、2017年11月は台北駅から乗りましたが、フライトがキャセイの上にノボテル(隣接のホテル)に宿泊するので、このインタウンチェックインは使えなかったというわけ。

Kkdayの割引チケットは、空港線台北駅では引き換えられないようなので、ご注意を >>Kkday 【外国人限定】桃園メトロ割引乗車チケット:桃園国際空港-台北(片道 / 往復)

空港線台北駅は結構遠いよ・・・地下よりも地上を歩くほうがいいよ

駅舎そのものは地上につくってあります。

桃園MRT & 旧西A B

撮影ポイントは地上で、下を見下ろしています。

駅
北車轉乘大迷宮/民眾怨:拖行李要走10分鐘(聯合財經網)

站前地下街(Z区)と台北地下街(Y区)は重慶北路の下では繋がっていません。主な問題は台北西A站・B站で今ないですからね、将来的には掘って繋げても変ではないと思いますが、少なくとも2017年5月段階ではないわけです。

また、桃園空港線の駅と台北地下街(Y区)は将来的につなげようとしているようなのですが、実際のところは、Y12uくらいしか繋がっていません。

台北地下街は北門駅につながっています。北門駅が通っているのは松山新店線=緑線です。中山駅からだったら、淡水線で台北駅に行くのではなく、北門駅に行った方が楽かもしれないな、と思うのです。(ひょっとすると、北門駅側から地下街に入るところで桃園空港線台北駅に入れるかもしれないな、でも今回はいってません)

旧台北西A站とB站は崩れて、広場と地上のバス停になっているのです。この脇をあるくと楽です。

出るところは3番で重慶北路を後站商圏側に。

南側に行きたいなら、4番から重慶北路をそのまま南下すればいいのです。

以下の写真は、2016年12月に撮影したものです。台北西B站はもう崩れていました。

た

桃園空港線の台北駅のビルは、重慶北路を挟んで二つあります。

もともとは重慶路の交差点を渡る横断歩道はあったっけ?なんですが、2017年5月現在できているのです。地下鉄側から市民大道の下を見ています。

この角度からはコを左右反対(右側を開けて左側を閉じる)に見たような横断歩道です。

桃園MRT & 旧西A B

下が2016年12月です。

空港線台北駅

重慶北路の北側(人民大道側・台北地下街側)から空港線台北駅を見ています。ちょうど2017年5月現在、通れないほうを映してるから、もともとここが通れたかどうかがわからないですね・・・でも重慶北路そのものを東西に渡ることは可能だったっぽい。(けど工事中の建物の横なので、あまり通りたいところではないですよね)

で、話は2017年5月に戻りまして、市民大道の下を北上しますと、Y19。おいしいドリンクスタンドはこの近くにあると思う。
⇒台北地下街Y19近くのドリンクスタンドは今日も大賑わい

桃園MRT & 旧西A B

地下に降りてしまうと、2017年6月現在地下からはY12uまで行かないと移動できないので、地上を移動するのがよろしいと思うのです。

2017年6月現在、台北地下街と空港線台北駅はうまくまだ繋がってない。Y12uかな。

台北地下街から空港線台北駅に行けるようになるのではないかと思っていましたが、そうらしい。

これがY12u。
Y12u

昔は西A站行きになっていたんじゃないかと思うんだ。

上に上がって向かって右を見ると台北駅(桃園空港線)。

Y22u

今来たところをみるとこんな感じ。

Y12u

実は、Y12uにくるまでにいくつも「桃園機場機捷」というのが。

Y22

しかし、実際のところはというと、まだ開いてません。

Y12u

空港線台北駅の側に行ってもこうなっています。

桃園空港線台北駅

というわけで、まだ道半ば。

台北トランジットが楽になるんじゃない!?

私はエバーの台北トランジットで香港に行っちゃう人なんです。これは台北トランジットがますます楽になります!

⇒エバーでFUK-TPE-HKG-TPE-FUK、結構乗ってるかも

「機場旅館駅」というのはどこなのかな。ノボテルのすぐ近くです。いやー、翌朝が早くてノボテルに宿泊するときも、夜まで台北市内で遊んで安心して帰れるような距離に駅があるので、ますます楽しい!
⇒台北諾富特華航桃園機場飯店(ノボテル台北桃園国際エアポートホテル)なら早朝便でも大丈夫!

▶︎2017年5月・6月 台北旅行 もくじ に戻る