ad

HotSpot VPNはプレミアムにしました。これで当分期限を気にせず使えるはず

HotSpot VPNをプレミアムで使ってる

中国で壁越えするのは難しくても、何かとIPでコントロールすることがある今日この頃。

私はHotSpot Shield VPNで日本にはったり、アメリカにはったりいろいろしています。

一番使うのはやはり外国にいるときに日本に向けること。海外でIPコントロールされている日本のアプリだの、このブログを置いているサーバー(エックスサーバー ですが、IPでログインできるか否かを決めてる)に接続するときね。

次は、台湾のLineTVみたいな、台湾のコンテンツを日本で楽しむときです。

そして、AISのプリペイドSIMを国内のmineoの容量を使い切ったときのバックアップにしていますが、これもローミング扱いなので、IPコントロールされている日本のものに接続するときにはVPNが必要です。

HotSpot VPN

もしも、うまく接続できないことがあったら、それはつかんでいる電波が弱すぎるか、遅すぎると思って。

ずっと1年期限のものをリピートしていたのですが、とうとう2017年末に永年アカウントを購入しました。

このHotSpot Shield VPN、ソースネクストが「WiFiセキュリティ」という名前で売っています。
>>ソースネクスト「Wi-Fi セキュリティ プレミアム」割引提供のご案内
icon

上のリンクが切れている場合はこちらからどうぞ。
>>ソースネクストWiFiセキュリティ
icon

下の方に2016年・2015年・2014年と買ったときのことも書いています。

5台まで登録して使えるよ

iPhoneやAndroidで使うのにアプリを使います。
このアプリで自分のアカウントにログインすると、使えるという仕組みです。

機種変更その他を繰り返すじゃないですか。我々。

「永年アカウント」とは言っても、「その機械を使い続ける限り」という商品ってあります。私も使ってるZero ウィルスセキュリティなんですが。

このHotSpot Shield VPNはそういうわけではなくて、使わなくなった機械はログアウト後に(HPに入って)削除していけば、OK。

つまり、同時に登録できる台数の上限が5台なのであって、登録できる台数が5台というわけではないんで、そこも安心しておすすめできる。

具体例出すと、2018年10月現在こうなってる。

vpn

スクショし損ねたんだけど、これに昔使ってたZenFone Selfie、Xperia Z5 Compact、iPad Mini2の記録も残ってた。それをサクッと削除して、残ってるのが上からZenFone3、iPhone 8 Plus、iPhone 6というわけ。iOS/11.3というのは、おそらく登録した時のOS。

で、見てみようか。

hotspot

「デバイスを消去」から消せます。

私が購入したのはこれ。
>>ソースネクスト「Wi-Fi セキュリティ プレミアム」割引提供のご案内
icon

上のリンクが切れている場合はこちらからどうぞ。
>>ソースネクストWiFiセキュリティ
icon

VPNとはなんぞや?という方は、一年ものを購入するといいと思う。それで使えると思えば、来年永年ものを買えばいい。

海外旅行だけでなく、カフェその他出先でWiFiを使う人にはVPNおすすめです。(日本国内にいても日本にはってしまうのね)

2017年末はHotSpot Shield VPNをプレミアムにしました

2015年以降はそれなりに便利に使えているので、HotSpot VPNをプレミアムにしました。

VPN premium

一番上、Premiumって出てるよね。これが永年ものです。

2014年に初めて購入したときは「なんじゃ!?」ってなったんですけどね。アップデートされて使用に耐えるようになりました。それ以来、愛用VPNです。毎年年末が更新でした。

HotSpot VPNは「WiFiセキュリティ」という名前でソースネクストが販売していて、私はこれを購入していました。

2017年末はこれのプレミアム版で、買いっきりで無期限使えますよという商品がでてまして、税抜き4980円で購入することができました。5378円ということ。ソースネクストはちょくちょく期間限定でドンと値下げすることがあるんで、このVPN、値下げ表示が出ていたら買いです。

>>ソースネクスト「Wi-Fi セキュリティ プレミアム」割引提供のご案内
icon

買った理由:だって安いんだもん。4本目(4年目)で使えるのわかってるし

プレミアム版は期間限定で9800円くらいで出てたんで、1年もの(これも税抜き1300円くらいに安くなってた)を購入しようとすると一緒にさらに安い4980円のものプレミアム版が出てきたので、これを購入することにしました。

一年ものが1300円のところを、一万円で永年を購入する気にはなれませんが、5400円だったら考えますよね。毎年のように2300円突っ込んでいたんで、まあ、2年分強であろう、みたいな。ほら、もう2014年・2015年・2016年と3本買って使ってるんで、4本目ですからね、私。2018年末も更新するとして、2019年中も使えば元が取れるのよ。私、このVPNを使うからさ。

価格設定は、よくわからんのですが、まあ、いつものソースネクストのめっちゃ安いんだけど・・・というものです。

実は、Amazonで買ったときよりもセットアップしやすかった

下の方にAmazonで購入したときに、案内が悪くて、というのを書いています。

ソースネクストで購入すると、購入画面に案内が出て、セットアップしやすかった。多分1年ものも一緒よね。なので、UIの面でもAmazonで買うよりもソースネクストで買う方がいいんじゃないかというのが、どちらともで購入した私の感想です。今Amazonどうなってるか知りませんが。

>>ソースネクストWiFiセキュリティ
icon

hotspot

リンクがありましたね。

無期限とはいっても、一応期限があるらしく、期限は9999日っぽいです。

相変わらず、1ライセンス5台。もともと期限が切れていたアカウントに、ライセンスを入れます。

VPN1

すると、

VPN1

これでデバイス側から見ても使えるようになりました。

使わなくなったデバイスはここからぽちぽち切っていくことができます。2018年現在、デザインが少し変わってるのかも。この記事の一番上のスクショは2018年10月のものです。

私が購入したのはこれ。
>>ソースネクスト「Wi-Fi セキュリティ プレミアム」割引提供のご案内
icon

リンクが切れている場合はこちらからどうぞ。VPN?????という方は、一年ものを購入するといいと思う。それで使えると思えば、来年永年ものを買えばいいと思うんだ。
>>ソースネクストWiFiセキュリティ
icon

注意!2018年現在、中国がらみではHotSpot VPNはどちらの方向でも役に立たない(と思う)

注意が必要なのは中国で、「中国に」向けることはできますが、「中国から」は使えません。これは元からわかってた。

じゃあ、「中国に」というのは使えるのかというと。

「中国」を選ぶことはできます。
HotSpot VPN
それでも、中国を選んでもTwitterを使ったりできるんでね。多分中国にむけてきちんと接続してないと思う。ちゃんと接続できたら、多分Twitterは使えないと思うんだ。

それで、YoukuなどIPで一部のコンテンツを弾くものにはこのVPNを使っても使えないというわけ。(姉さん、Youkuの有料会員ですし、中国の主な動画配信サイトの多くで無料会員になってます)

中国から壁を越えるなら、旅行者の場合は香港のSIMを使うか、壁を越えることができるポケットWiFiをレンタルするのが一番です。⇒上海で壁越えしたいならこのSIMを持っていけ!わからないならレンタルWiFiを借りろ! 

>>ソースネクストWiFiセキュリティ
icon

2016年はAmazonから購入

今回はPC、と言っちゃうけど、実際にはMBAを持ってうろちょろする予定です。

で、基本ホテルや空港のWiFiは使わない人で、SIMつかうのね。それでも、IPアドレスで日本のみ、というようなサイトもある。具体的にはエックスサーバーに入れたWordPressのサイトの管理画面が主な理由ですが。セキュリティの観点からは一週間も海外から管理画面にアクセスできるようにしておくのは好ましくありません。

しかし、私は韓国だったり台湾にいるわけよ。どうする?

というわけで、VPNです。

以前はブツが届くようにしましたが、ダウンロード版しかないならこれを使うしかない。ソースネクストのサイトから購入することも可能ですが、私はAmazonにしました。理由は、ポイント&ギフト券で購入できるから。

下の方に書いていますが、2015年に台湾モバイルで使用して、MBAをテザリングして使用できるでしょ、というわけです。

なお、中国の壁越えはできないらしいです。

MacBook AirにはAmazonから落とした

Amazonからアプリをダウンロードしました。

Amazon販売ページにはマニュアルについてPDFの「スタートガイド」に沿ってインストールしてください。

とあるのですが。

ね。

PDF!?!?

しかし・・・ない。

アプリからサインアップしたりしようとするんですがなんかうまくいかない。

設定に軽く怒りを・・・二重払いにご注意を!

じゃあって、スマホから設定します。でね。Amazonから買うよりもソースネクストから買う方が設定がしやすかった。上に書いてる。⇒実は、Amazonで買ったときよりもセットアップしやすかった に戻る

VPN

これは無料ね。で、設定を見るのだけど・・・購入したライセンスキーを入れるところが見つからない。

Vpn

クレジットカードを入れたり、グーグルアカウントを使ったりペイパルを使ってはだめ。二重払いになってしまう。

私はAmazonでHotSpot VPN(WiFi セキュリティ)購入してるんですから。

サインアップしたものを持ってアプリに入ろうとするのですが。
Hotspot Macのアプリではログインすらできない

「ブロックされた」と出る。

ソースネクストから探しても見つからず・・・。グーグルさんに頼るよね。

Hotspot Shield を格安で入手する方法(Outlookでいこう!)

こちらに頼りました。ありがとうございます。

結局Webから

結局ライセンスキーを入れたのは結局Webから。
Hotspot Shieldでどこでも安全インターネット。

ここに入るとなんかかちんときた。だーかーら、ソフト(アプリ)にサインインできなかったんだから。

今後は?

腹立ちながら見ますと。
ウェブからログイン

左側に「ライセンスキーの入力」がでました。

Amazonのダウンロードページからライセンスキーを入れることができました。

なんども繰り返しますが、MBAから使えないから、スマホに入れます。一度ログアウトしてからログインすると。

エリートプラン

きたー!Eliteきたー!

そして、VPNの接続先はアメリカだけではなくなります。

Vpn

ほんと、ソースネクストから買う方が案内がいいから。
⇒実は、Amazonで買ったときよりもセットアップしやすかった に戻る

>>ソースネクストWiFiセキュリティ
icon

2015年のHotSpotVPN

2015年4月香港・広州旅行では触った記憶がありません。時間があるときにこのサイトの下書きを書いたりしていました。WordPressというCMSを利用しているのですが、アプリがあるのでそれで更新していたんですよ。

ところが、サーバーの設定が変わったんです。このブログを置いているサーバーはエックスサーバーというサーバーです。

表示も早いし、おすすめ。年間1万2千円かかりますが。
>>エックスサーバー

エックスサーバーってそこそこセキュリティにうるさいようで、もともと国外からのログインページへのアクセスは禁じられていました。ところが、今度はWordPressのアプリも国外からのアクセスを禁じたんです。もちろん、手動で設定を変えれば良いんですが、セキュリティ上微妙でしょ。

エックスサーバー

でも、2015年6月台湾旅行でもよくこのアプリからこのサイトに手を加えていました。それはHotSpotVPNで日本につないでいたからなんです。

1年間有効な有料アカウントだったので、6月半ばまで使用出来たのです。

変更点

1)つなぐ国が増えた

イギリス、アメリカ、日本の3カ国しかなかったのが、どんどん増えまして。
なんと香港まであるんですよ。それはわからなくもない。ところが、中国まであるのを見つけてびっくりですよ。

ただ、中国につないでも遅すぎて中国国内限定になっちゃったあの動画サイトとかこの動画サイトは見られません。

2)iOSで国を変更するときのプロファイルの再インストールは不要っぽい
結局、日本とアメリカしかつないでいないのですが、どうもプロファイルの再インストールは不要みたいです。

台湾大哥大で使用出来た!

台湾大哥大(台湾モバイル)と契約する前は中華電信をテザリングしていたのですが、これで使用出来たのではないかな。触らなかったのかな?記憶がないです。

で、台湾大哥大では(3Gにおちることもありましたが)、無事に日本につないでこのサイトをいじることができました。
台湾モバイル

2014年のHotSpotVPN

2014年7月のヨーロッパ旅行用にHotSpot VPNを購入しました。

どれを使ったらいいのかよくわからなかったので、とりあえず、ソースネクスト経由でアカウントを購入できるなら、信用できるんじゃないかと決めました。ソースネクストでは「Wi-Fiセキュリティ」という名前なのですが、これを使うのがHotSpot VPNというサービスなのね、という順番で見つけました。

2016年はこれかな。


AndroidもiOSもアプリをダウンロードして利用します。アプリは無料です。
Android
VPN
iOS
iOS

私は有料版を購入したので、登録して広告が出ないようにしました。

iOSでは、管理画面のVPNから使用することも可能。
管理画面のVPN

これが不便だった

まず、接続先を切り替えるたびに、iOSのプロファイルを再インストールしなければなりません。
再インストール
海外では接続先は日本なので日本に入れっぱなしで良いんですがね。でも、ヨーロッパにいるなら接続先にイギリスがあるならイギリスの方が早そうじゃないとか、使えるかどうか見るには日本から実験するでしょ、その先はアメリカでしょ?でも、オーストリアではどこにつなげたらええの???早い所を探したいでしょ。

家(フレッツ光)ではアメリカにつなげることができたんですが、AndroidでもiOSででも行きの台湾ですら日本にもアメリカもにつなげないし、ヨーロッパでは無理。

韓国に行ったときに、ソウルに住んでいる友人が「ああ、俺のWiFiアカウント使って良いよ」と言ってくださったので使わせていただこうとしたのですが、そもそもそのWiFiが見つからなかったのね。で、ポケットWiFiからでもVPNをつなげると使えないというね。

これ、1年の有料VPNだったんですよねえ。あー、無駄だったわ。でも国内では使えるっぽいんだよねー、というわけでボロクソにする記事は控えていたんですよ。

広告がえげつないので無料で使うのはおすすめしない

結局使えた(というよりも使えるようになった)HotSpotVPNですが、有料期間は過ぎてしまいました。

無料でもなんか使えないわけではないっぽいです。ところが広告がえげつないの。何かのアプリをダウンロードさせるようなものが多くてね。それがセキュリティ系が多くて、もちろんセキュリティ系は詐欺・ハックさせるものが少なくないんで気持ち悪いのなんのって。

また、接続先が米国のみなので、海外から日本につなぐのが主な目的、日本から台湾に繋ぐのが主な目的の私には合致しません。

なので、無料で使うのはお勧めしません。使うなら有料版。使わないなら削除、がベストです。

▶︎使えるアプリ もくじ に戻る