ad



Booking.com

台北トランジットで市内を楽しむなら7時間以上かかな〜

女一人旅するなら香港?台北?という記事の中で、「時間があれば台北トランジットの香港」と書いたんです。

でもねえ。多少、台北(桃園)トランジットって不便かなあ。桃園空港の制限区域内は便利で結構楽しいんだけどねえ。

桃園空港
(実際に桃園トランジットしたときの写真)

松山空港だとねー。トランジットで桃園まで行かないとならないこともあるじゃないですか。

桃園トランジットの話ね。トランジットツアーもあるとのことなのですが、私は使ったことがありません。

何時間あるなら台北市内までいけるのかな

2017年に桃園空港から台北駅までの地下鉄が開通しました。
⇒台北のMRT桃園空港線に乗って、桃園空港から台北まで行きました。バスにはもう乗れない!

桃園空港からは台北駅まで90分近くかかるバスで台北市内に出ていました。バスは本数が結構多かったけどどうなのかなあ。待ち時間合わせて100分としておきましょうか。(うまくいくと50分くらいで市内にでられます。圓山あたりでおりてしまうのも一つの手だけど、土地勘がないならオススメしません)

地下鉄が動いている時間に到着して、地下鉄が動いている時間に台北駅をでられるなら、片道40分で済みます。待ち時間を含めて一時間あればいいのかな。

つまり、トランジットで市中に出る場合はMRTなら往復2時間、バスなら往復3時間半近くかかるのです。

さらに時間帯によれば飛行機を降りてバスに乗るまで1時間強かかります。するっといくときはいくんですが。(2017年3月現在、私はSpeedyが使えるので、少し早くでられるのですが、手荷物検査には優待がないので時間がかかります。)

搭乗のときも香港空港ほどではないけれど、手荷物検査場で並ぶので1時間は見ましょう。それだけで2時間。すると、MRTなら最低4時間ないと遊べないし、バスなら最低5時間半もかかります。

台北駅近辺でそこそこ遊べるので(私はね)、昼間の7時間のトランジットならありかな、と思います。

私はどうしているのか

2014年1月の香港旅行の帰りに台北一泊トランジットをしました。

このときは、夜は101まで行って楽しんだのね。翌朝8時代だったので、エアポートホテルに宿泊しました。このときはふらっと台北駅の近くまで行き、台北101まで行って帰ったようなものです。このときに聞いたのですが、桃園空港は24時間以内にでる場合でも、日をまたぐ場合には荷物を預けっぱなしにすることはできないのだそうです。

ダメ元で聞いてみてくださいな。

コインロッカーは、2タミのペリカンの前にありました。
⇒まずは桃園空港に荷物を置こう!

次は、2014年7月の台北トランジット疾走
13時過ぎに桃園到着、22時過ぎに桃園発でした。市内に出てお茶を買ったの。いろいろな茶商を回ることができたのは良かったけれど、EMSで日本に送る予定が郵便局が閉まる時間を把握し損ねて送れずにヨーロッパまでお茶も持って帰ってきたという・・・

2016年8月の台北トランジットは台湾を楽しめなかったのよね・・・。

かかる費用

2014年7月にかかった費用はお茶を含めて4475元でした。2万円弱ですね。
⇒台北トランジットでかかった費用

お茶代が3000元なもんで、1475元だ。そうすると、台湾で使ったお金は7000円くらいのものなので、一泊するとしても台北駅前にいくつかある安めのホテルに宿泊するとタイミングさえ良ければ1万5千円くらいのものです。香港でも同じくらいだったので、まあ、2万円見ておけばいいのでは?

トランジット便は直航便よりも安いことが多いのですが、一泊しなければならない場合、2万円以上の差額がない場合は結局時間もかかるしお金もかかるということを覚えておいてくださいね。

結構使い勝手いいと思う桃園空港

何もないと言われる桃園空港ですが、そうでもないんじゃないかな。1タミと2タミは中から歩けるし、2タミの地下のフードコートは充実してるし空港価格というわけでもないし。トランジットホテルでシャワーも浴びられるし、そこらに電源があるので充電できるし。免税店は少し弱いのですが、化粧品なんかは香港空港と比べても遜色ないです。
⇒桃園空港って案外トランジットで過ごしやすいかも

成田や仁川と比較してはいけません。あれは別格。

よろしければ、こちらをどうぞ。
⇒2014年7月 台北トランジット疾走

桃園トランジットでも、安心してネットにつなげるといいですよね。
台湾のプリペイドSIMを継続利用しているならそれを使えばいいのですが。トランジット先がアジアの場合は、こんなSIMもありますよ。台湾では台湾大哥大に接続します。私は一枚販売業社さんにいただいて利用したことがあります。
⇒もしも桃園空港・小港空港に夜遅く到着するなら、事前にAISのプリペイドSIMをAmazonで買っておくのがおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする