スポンサーリンク

國光バス1819番國光号(桃園空港ー台北駅)は実際によく乗ってたけど一筆書き。中山地区のホテルに行くのは便利じゃない?[台北ホテル選び]

1819番國光号は私が一番よく使っていた桃園空港と台北駅を結ぶルートでした。(過去形)

ヨーヨーカー(悠遊卡)を使う時には、ちょっと気をつけて・・・。

桃園空港のホームページとかバスのホームページにも路線図がないわけではないのですが、見にくいんですよね。特にホテルを探す時とか。グーグルマップのバスルートを貼り付けておくのでホテルを探すときなどのお役に立てば幸いです。

個人的にHotels.comは比較的地図上で料金などを絞りやすいのでオススメ。
Hotels.com 台北

広告—————————-

2018年5月に、KKdayさんにモニターさせていただきました。
Kkday【台北・再春健康生活館】足裏マッサージ&リンパデトックスマッサージ

エステではなく、整体に近いです。日本語のできる施術師さんだったので、きちんとコミュニケートできたのも良かった。終わったときには足の疲れも背中もほぐれてすごく良かったです。こっちも見てね!⇒台北:再春健康生活館でリンパデトックスマッサージ を受けてきた!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

1819番國光号は往復でルートが違うことに気をつけて!

この1819は深夜早朝も運行しているので、特にLCC組には使い勝手が良いはずです。

  • 桃園空港から台北駅へ:第二航廈→第一航廈→啟聰學校→庫倫街口→台泥大樓(馬偕醫院)→國賓飯店→臺北車站(東三門)
  • 台北駅より桃園空港へ:國光客運臺北車站→三重站→重陽站→機場旅館→第一航廈→第二航廈

1819 臺北-臺灣桃園國際機場

ご覧になるとわかるように、ルートは一筆書き。桃園空港へ行く便は、中山北路を通りません。この点、お気をつけて。

料金は片道大人一人125元。安いですよ。
国光
(2014年7月。台北駅より桃園空港へ)

桃園空港より台北駅。桃園MRT空港線が開通しても、中山地区のホテルは便利だと思う

1819番の料金:大人一人125台湾ドル。
桃園空港から台北駅へ:第二航廈→第一航廈→啟聰學校→庫倫街口→台泥大樓(馬偕醫院)→國賓飯店→臺北車站(東三門)
首班車:0000 末班車:2345
1819 臺北-臺灣桃園國際機場

実際に私が(比較的よく)リピートしていました。

うまく出せなくて、新光三越台北駅前店になってますが、すぐ近くなので・・・

啟聰學校 ホテルはあまりない
庫倫街口 圓山駅近く。「すぐ近く」のホテルはない
台泥大樓(馬偕醫院) Hotels.com サンルート台北
アゴダ グリーン ワールド ホテル 山水閣(Green World Hotel Sansui
など
國賓飯店 Hotels.comアンバサダー ホテル台北(台北國賓大飯店) (Ambassador Hotel Taipei)
Hotels.com アイム イン 台北 (艾米旅店)
アゴダ アンバ 台北 中山(amba TAIPEI ZHONGSHAN)
臺北火車站東三門 多数!

ホステルは「台北で1500元ちょっとのホステル探し」に集めてます。このエリアなら台北駅南側がおすすめ。

台北駅(國光客運臺北車站)より桃園空港

西Aが閉鎖されて國光客運臺北車站の発着に変更になっています。

台北駅より桃園空港へ:國光客運臺北車站→三重站→重陽站→機場旅館→第一航廈→第二航廈
首班車:0005 末班車:2350
1819 臺北-臺灣桃園國際機場

この桃園空港行きのバスを利用するためには、台北駅から乗るのが一番。だって・・・変わったところを通るのなんだもの。

しかし、中山地区のホテルから桃園空港に行く場合、1819ではないならどうすべきなのでしょうか。

中山地区のホテルに宿泊する場合、1819ではなくて大有1961に乗れば桃園空港に行けるよ

中山地区のホテルは行きは1819で良いんですが、帰りは1819は中山を通ってくれません。

帰りの桃園空港へ戻るときは

  1. 大有の1961番に乗ってリージェント台北ホテル、もしくはアンバサダーホテルから乗る
  2. 中山北路を北上して民権中山路口で1840番か1841番に乗る
  3. 台北駅に行ってそこからこの1819番に乗る
  4. 中山駅から北門駅にMRTで行き、桃園空港線台北駅に行く

のルートでしょうかね。ホテルと空港を安くドア2ドアにするならば、やはり大有の1961でしょう。

大有1961の、桃園空港へのルートはこの通り。

台北市内から桃園空港へ:行政院→晶華酒店→國賓飯店→聚盛里→圓山飯店→捷運民權西路站→啟聰學校→第二航廈→第一航廈→大園交流道→大園

大有1961

90元なのでとっても安いんです。実は、1961は通勤線とそうでないものがあるので、ご注意を。(台北西Aのあった頃に乗ったことがある。⇒大有バス1961通勤線で台北駅から桃園空港へ

アンバサダー(國賓飯店)は安宿というには高すぎますが、そんなに値段が張らないです。
⇒中山の便利な國賓飯店なら桃園空港から空港バスで行ける!

<参考>
臺北-臺灣桃園國際機場(公車路線資訊 Page)

実際に乗ったよ!

往復とも1819バスにするなら、割引チケットがあるんだけどね・・・

桃園空港では往復のチケットを購入できるようです。

2016年の冬にはヨーヨーカーで乗れるようになったのですが、下の方にも書きますが、なんかよくわからないことになったので、個人的にはチケットを購入するか、現金払い(多分できると思う)がいいと思う。

便利なんだけど、下にも書いたように変なことになったことがあるのでヨーヨーカーで乗る気はもうない。そして私は深夜出発でもMRTの動いている時間に空港に行ってしまう。なので、次に1819バスに乗るなら、一泊目のホテルが中山地区のホテルのときですね。(ただ、帰りはおそらく大有バス)

また、KKdayという旅行会社では、往復の割引チケットを販売しています。深夜早朝移動をすることがわかっているなら、便利だし、往復とも1819バスにするならこれをお使いになるのも一つの手。是非是非お値段を見てみて!

KKday 【桃園空港リムジンバス】國光客運1819路線往復割引チケット

片道が2017年では125元。往復で250元。1元=4円とすると1000円なので、元から安いんです。(今は往復で買えるようなんで往復割引はないのかな?)見てよ見てよ、このお値段。

台北駅は北側M1付近にターミナルができてるからそこから乗って!

東三門(M3出口の脇)で降りますが、2017年現在はM1出口付近に新しいターミナルができています。
北一門

もともと、台北西A站から乗っていましたが、2016年10月に取り壊されました。

⇒国光1819は東三門発着、大有1961通勤線は青島発着。その他台北駅から桃園空港へ一回乗り換えての行き方も押さえておく

2016年11月は、ヨーヨーカーで往復した

桃園空港の1タミに到着して、出たところに「電子票證聯合服務」というところで、どうも電子マネーのチャージをしてくれるところがあったので、ヨーヨーカーにチャージして乗り込みました。行きは問題なくヨーヨーカーで乗れたのよ。

何分かかったかな。一時間程度で台北駅東三門(M3出口側の脇)に下されました。

これはいつものことです。多分2016年の6月も、2015年の11月もヨーヨーカーは使わなくてカウンターで切符を購入したど、そんな感じだったと思うの。

2016年12月は東三門から乗った。ヨーヨーカーで乗ろうとしたけどわけがわかんない!

2016年12月の段階では東三門から乗るようになっていました。

9時半のフライトなので、6時半にはバスに乗っていたかった。これは2015年12月も全く同じだったので時間には慣れてた。

06:15くらいにホテルをチェックアウトし、重たい荷物があるので結構時間がかかって、東三門に到着したのは06:25くらいかな。人が二人くらい待っていました。東三門は、屋外なんです。屋根はあるけれど。台北の雨は冬でもだあああああっ!と振ることがあるので、天気が悪いと待つのが辛いので高鉄を利用するつもりでした。天気が悪くなかったのでバス。

私は前日にヨーヨーカーに300元入れておきました。125元なんで十分よ。高鉄は乗れないかもしれないけれど、こっちはカード決済できるし。

私の順番が来て、先に決済してから荷物を載せたりするのね。で運転手にカードを渡すと首を振る。「クローズド」

意味不明。「more than 300!」というのだけど、返ってくる言葉はイミフ。

仕方ないのでチケット売り場に行っておばさんに「運転手が私を載せてくれない!」というわけです。「チャージしろ」というので50元コイン2枚渡して100元チャージ。結局400元も入れたのよ。

で、渡すんだけど、運転手はまたいう「クローズド」「please explain what happened!」というのだけど、わけがわからない。

他の客が「お金が入ってないんだよ」と私に言うので「昨日MRTに乗ったし、ここには400元入ってる!」と見せるわけよ。さっきおばさんにチャージさせたから。

乗るときと降りるときにかざさないとならないバスで、かざし損ねたので何かおかしいことになっているならわかるんですが、その前の晩に使ったのってね、MTRなんですよ。
ヨーヨーカー

ね。

だから、かざさずに出た、なんてこともないの。

もうわけがわからないのでおばさんに「さっきあなたこれに入れたじゃない、400元あるわよね、でもあの運転手はのせてくれないの!」とばあああああっと英語で叫んだわけ。

おばさん、バスの前にあった機械をいじってくれて、「乗りな」と乗れるようにしてくれました。

はあ。疲れた。6:30過ぎてバスは動き始めました。到着は8時前。荷物があるのと、お土産をサニーヒルズで購入したのでチェックインカウンターに到着したのは8時かな。もうANAのカウンターは人が捌けて、モバイルチェックインを済ませていたので手荷物を預けるだけという列に並んだのですが、すぐにただのエコノミーのカウンターに呼ばれました。

ここは考えた通りだった。

私はもう国光バスで桃園空港に行くことはないと思うけど、ヨーヨーカーで乗るなら気を付けてね

私、もう国光バスで桃園空港に行くことってないと思うんだ。

だって、時間が読めないんだもの。時間が読みやすいMRTで行くもん。
⇒台北のMRT桃園空港線に乗って、桃園空港から台北まで行きました。バスにはもう乗れない!

というわけで、もう私が国光バスで桃園空港に行くことはないと思うのですが、ヨーヨーカーで乗るなら気を付けてね。

もしもバスに乗るならカウンターでチケットを購入する。もしくは先に往復チケットを買っておくのが一番!現金で乗れないの!?と思ったのはこういう理由です。

KKday 【桃園空港リムジンバス】國光客運1819路線往復割引チケット

2014年7月は台北西Aから乗ったんだよね。

今はない台北西A!

国光

車体はぼろぼろ。窓はきったねー。仕方がないね。

国光

結局、所要時間は60分でした。結構速かったよ。

▶︎ 2016年冬 台湾旅行 もくじ に戻る
▶︎ 2014年7月 台北トランジット疾走の巻 もくじ に戻る

Copyrighted Image