スポンサーリンク

dポイントはプリペイドカードにして海外旅行に持って行こう

海外で、特に機械の中に突っ込むものはプリペイドカードが良いのではないかと思ってる姉さんです。

今回は次回の台湾旅行に向けて、dポイントプリペイドカードを申し込んでみた。

dプリペイドカード

IC化されてないか・・・そうか。

広告—————————-

KKdayさんに、台湾・香港&マカオ・韓国で使えるクーポンを出していただきました。

台湾、香港&マカオ、韓国の、特定の商品限定ですが、5%オフのクーポンを発行していただいています。

クーポンコード:ANEGO201906
ご予約期間:2019年6月24日〜2019年8月31日
ご利用期間:2019年6月24日〜2019年12月31日

今回は一つのアカウントで一回しか使えないから、賢く使ってね!

対象商品はこのページで見られるよ。
KKday

詳しくはこっちの記事で⇒期間限定!KKday & 姉御の一人旅ガイドタイアップ企画 第二弾!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

使いようがないのよ、貯めようがないのよ、dポイント

さて、姉さん、主回線はドコモですが、データ通信はmineoですし、おすし。

姉さんの紹介用URL を使うと、Amazonのギフト券が(お互いに)いただけることがあります。
mineo 紹介用URL

⇒ZenFone 5Zを買いました。FOMA+mineoでもFOMA+海外SIMで利用可!

街中でも最近貯めるのは楽天ポイントなので、結局dポイントは使い物にならない。楽天はANAマイルに変換する程度には陸マイラーです。

それでも昔はよかったのよ、家族分まとめられたから。ところが今は各個人に紐づけるので、貯まらない。そして貯まらないから使えない。

ポイントでどうこう、というのが、姉さんの大雑把な性格に合わないのもあるんで、dポイントは捨てポイントになってましたが、実はプリペイドカードにポイントをチャージできるんですね。それで申し込んでみたというわけ。

Apple Walletに入れられるので、その点も使いやすいかと思いまして。

dポイントカードを海外で利用するときの注意点

まず、プリペイドカードなので、これでホテルのデポジットを支払えないだろうということ。ホテル以外の、WiFiのレンタルなどのデポジットも無理だと思う。これは、他のプリペイドカードでも同じ。

「dポイントカードの海外利用」の注意点としては、三点あるようですね。

Apple Payに設定しても、海外の店舗では使えない

まずは、Apple Pay。

dカード プリペイドをApple Payにご設定の場合、海外の店舗ではご利用いただけません。国内の店舗では、iDマークのあるお店でご利用いただけます。

https://qa.smbc-card.com/prepaid/d_pre/detail?site=4H4A00IO&category=3&id=184

了解です。国内でも、iDで、と決済するのね。

海外利用手数料は4%と、高め

海外利用の場合には手数料がかかります。これが結構高め。

Line Payカードも4%なので、そんなもんかな、とは思いますが。

この「海外利用手数料」というのは、VISAやMastercardが定めるレートがあり、さらにそれに4%かかります。

バカにならないので、これが低めのものを選ぶのがベターではあるんですがね。大きい額はクレジットカード、市内での交通などあまり大きくない額を支払うのに使うのが前提だと、キャッシュよりも記録が残るのがいいかな、というような感じです。

IC化されていないので、使えないお店がありそう

特にヨーロッパは大抵IC化されていないと使えないので。10年前からそうなんだけども。もう一度券面を出しますが。

dプリペイドカード

IC化されてないでしょ。なので、使えないお店は多そうです。

ただし。

海外SIMなどのチャージみたいな。あまりクレジットカードの登録ってしたくないよなあというときにも、使いやすいと思うんだ。

実際に台湾で使ってきた。

dポイント

桃園空港線です。あんまりクレジットカード情報を置きたくないよね。なので、これで正解。無事に購入できてよかった。桃園空港線についてはこちらに。⇒台北のMRT桃園空港線に乗って、桃園空港と台北駅間を移動。バスにはもう乗れない!

国内でローソンを中心に使いやすいし、iDだし。死に金にはならないのが◯

プリペイドカードは、以前はキャッシュパスポートを使ってました。あれは引き出せはするんだが、国内ではかなり使いにくく、死に金になるのが不快でした。使わなかったら暗証番号も忘れるしね。

海外メインのものにすると、そういうことになってしまう。別に海外放浪しているわけじゃないんだし。国内でもちゃんと使えて海外でも使える、というのがベターだと思ってたの。

しかし、下に書いていますが、dポイントカードの場合は、国内でもローソンを中心に使いやすいし、iD決済もできるので、楽に使えます。つまり、「引き出せない」のだけど、その代わり 死に金にはならないということ。

たまるのもdポイントなので、ポイント還元されても使えもしないポイントじゃないし。海外手数料が4%なのは高めですが、死に金にならない=無駄にならないという点は大きく評価できる。

国内にて。注意点など

海外とも共通しますが。

ATMなどで引き出せない

ATMなどで引き出せないんですよ、dポイントプリペイドカードって。

もちろん、Suicaに入れることで実質的に使えるようにする、などのね、そういう手はあると思う。

ただし、これまで使えなかったdポイントをコンビニなどで利用できるし、Apple Payに入れればこれは今度はsuicaにチャージできます。そういう「使い切る」ような使い方には向いていると思う。

コンビニチャージがチェーンによって違うのが面倒

セブンイレブンでは、セブン銀行のATMでチャージできます。
ローソンではレジ。

ローソンを使うときにはめっちゃお得

え!?ローソンでのお買い物が3%オフ!?

ということです、メルカリでローソンにはよく行くもの。

ためようがない、使いようがないなんて言って悪かった。ためやすいし使いやすいじゃないか。ただし、姉さんは、国内旅行中以外はローソンで買うことはないのだ。

Line Payの「クレジットカード」に登録できない

LINE Pay dポイント

AISのSIM2FlyはLine Payでチャージするのだけど、Line Payのアカウントの残高では決済できません。なので登録できたらいいなあと思ったんだけどね。dポイントプリペイドカードは登録できなかった。

⇒タイの便利な周遊SIM AIS SIM 2 Flyのリチャージ&延長は、日本のカードでできる

別にドコモユーザーでなくても申し込める

姉さんはドコモユーザーですが、dポイントには、ドコモユーザーでなくても申し込めます。姉さんの消費スタイルはすでに別のものを貯めるようになってるんだけど、dポイントに集約させていくという手はあるよね。

12歳以上なら申し込めるようなので、離れて暮らすお子さんに持たせるのにも、いいかもしれない。

申し込みにちょいちょい手間がかかる

到着までに一週間かかります、というものは、実際にはそんなにかからないことが多いんだけども、2日に申し込んで8日に到着したので、本当に「一週間」。

https://d-card.jp/prepaid

そして、dポイントをチャージするためには

  1. プリペイドカードが到着して、
  2. 登録ページで利用者情報登録を完了し、
  3. チャージ

なので、結構時間がかかりました。

なお、登録ページ(https://dpoint.jp/touroku)には、PCからは繋げなかったのね。(こういうところがドコモだなと思うし、めんどくさい)

https://d-card.jp/prepaid

Copyrighted Image