スポンサーリンク

QRコードで乗車して。正直、QRコード式は時間がかかるが、一見さんには便利だなあと

日本にいると、地下鉄などの入場にQRコードを使うことはないですが。

台湾で、台北駅(桃園空港線)から桃園空港に行くときにアプリで決済してQRコードで乗車しました。(注意。そういや、沖縄のゆいレールもQRコードですね。ということでここでは「スマホに表示して乗車した」と訂正しよう)

桃園MRT

そこで感じたメリット・デメリットを。

QRコード

広告—————————-

KKdayさんに、台湾・香港&マカオ・韓国で使えるクーポンを出していただきました。

台湾、香港&マカオ、韓国の、特定の商品限定ですが、5%オフのクーポンを発行していただいています。

クーポンコード:ANEGO201906
ご予約期間:2019年6月24日〜2019年8月31日
ご利用期間:2019年6月24日〜2019年12月31日

今回は一つのアカウントで一回しか使えないから、賢く使ってね!

対象商品はこのページで見られるよ。
KKday

詳しくはこっちの記事で⇒期間限定!KKday & 姉御の一人旅ガイドタイアップ企画 第二弾!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

デメリット

スピードが遅い。

撮影してきたんだ。

人の少ない桃園MRTだから使えるのであって、乗車・降車の多い台北MRTではかなり厳しいと思いました。

メルカリで、ファミマやローソンで「メルカリ便」を出す人ならわかってもらえると思いますが、あのスピードとあの精度。

読み取らせるのが案外大変なんですよ。

慣れてないのもあり、三回やり直してる。一番は、「慣れてない」のが理由であろうと。

これ、東京の、渋谷駅・新宿駅あたりで導入したら非難轟々になるパターン。

メリット

一見さんに親切だなあって思いました。

ICカードチャージ式だと、カード内に少額残ってしまう可能性がある。

しかし、QRコード式だと、カード内に少額残ってしまう可能性はないし。事前に徴収すれば取りっぱぐれることもない。

カードが作れないような人は(私はこれはプリペイドカードで決済しましたが)、現金でいいしね。

桃園MRTは、途中途中通勤通学に使う人たちもいます。でも。エクスプレスに乗るからだろうけれど、乗ってて一番多いのは、台北駅と桃園空港を結ぶ路線で、観光客なのよ。つまり一見さん。

そして、距離があるから150元と、台湾の価格ではそんなに安い額ではない。(台北MRTなら20元でかなりの距離行けるけれど、所詮一つの市)

それをどう徴収していくのかって話にもなりますから。

同じく、香港のエアポートエクスプレスは、今はKKdayで購入すると、QRコードを送ってくれるようなので。こちらも、外国人観光客が多く使いますからね。

KKday【30%割引】香港エアポートエクスプレス(機場快線)QRコード乗車チケット(片道/往復)

QRコードって、一見さんには、親切なのかなと思いました。

しかし、どちらも(ほぼ)空港にしか行かない路線ですし。遅くても観光客だけだからたかが知れてるしね。

上にも書きましたが、こういうものは「慣れない観光客」が使うんですよね。東京の、特に山手線の内側でこれをやると非難轟々になると思う。

ただ、台湾リピーターとしては。

Apple Payにヨーヨーカーが入り、台湾発券ではないクレジットカードでチャージできれば、言うことないんだけどなあ。

Copyrighted Image