スポンサーリンク
【BIGLOBEモバイル】音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~2018年8月5日)

羽田空港国際線ターミナルぶーらぶら [2018年10月・2016年6月]

広告—————————-

2018年5月に、KKdayさんにモニターさせていただきました。
Kkday【台北・再春健康生活館】足裏マッサージ&リンパデトックスマッサージ

エステではなく、整体に近いです。日本語のできる施術師さんだったので、きちんとコミュニケートできたのも良かった。終わったときには足の疲れも背中もほぐれてすごく良かったです。こっちも見てね!⇒台北:再春健康生活館でリンパデトックスマッサージ を受けてきた!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

外に展望台があるよ!(2018年10月)

時間があったので、制限区域内に入る前に、外の展望台に行ってみました。

展望台

天気も穏やかな日だったので気持ち良さそう。

これから乗るんじゃないと思うけど、ANAさんだ。

羽田

いつまでも見飽きることなく、ということはあり得なくて、早々のところで切り上げました。

制限区域内(2016年6月)

今回は羽田発松山行きでした。
松山行き

ANA運行のANA便なんですが、もう一つ近い時間に、エバー運行の松山便がありました。

時刻表

どちらも、ANA(NH)も、エバー(BR)も互いにコードシェアしあうからさ・・・間違えて、エバーの方に行ってしまい、あれ?これ運行がエバーじゃん?となりました。しかもゲートが近い。

乗るANAが遅い便だったし、(地方から飛んでくる)私がさっさと中に入っているからいいものの、これ、ぎりぎりに空港に行く癖のある人だと間違えかねない。でも間違えるからゲートが近いんでしょうね。

なおこっちには間違えない。さすがに。

もう一つの松山便

これは、国内線。乗り継ぎのバス乗り場の隣でした。

ラウンジにて

私はちらっと免税店をのぞいてからラウンジで充電中。

ラウンジはクレジットカードで入れるラウンジです。
ラウンジで充電

さて、この上の機械なんですが、ZenFone Selfieという機械です。これが、台湾で受難することになる。
保護シートはASUS純正ですが、熱でペロンとめくれるわ、指紋はひどいわ、反応も悪化するわ、というので、保護フィルムは別にするのがオススメ。

免税店

免税店で買ってきて、と指令が出たので、ここで一つ購入。
羽田免税店

日本なのになー。微信支付だと最高1000元還元しますよ、なのかな。これは中央の免税店で、私のANAカードでもJALカードでも割引になりません。ここでも自分用に一つ購入し、ANAの免税店でANAカードで5%オフしてもらって、また一つ購入しました。

日本のデパートのオンラインストアでは完売になっている色を、しかも安く購入できてラッキーでした!

飛ぶ人かつ羽田・成田・関空で買っちゃうタイプはANAカードかJALカードは持っておくべきだと思います。

ANAカード

JAL カード

空港で両替するならどこがいいの?

羽田空港内、いくつか両替ブースがあります。

まずはトラベレックス。

travelex 1台湾ドル=3.78円より

この日は良いレートでも1台湾ドル=3.76円なのかな。

もう一つ、SBJ銀行です。これは韓国系でしたっけ。

SBJ銀行 1台湾ドル=3.75円

ここは並んでいました。

1台湾ドル=3.75円だそうです。

三菱・みずほ、とあるはずなんですけど、みずほはATMで見ただけだったかな。疲れたからサーチはもうしない。

そして、松山空港で知る。このレート、めっちゃ悪い。ただし、松山空港の場合は、手数料を取るかもしれません。

面倒。私は台湾ではクレジットカードで決済し、新生銀行の国際キャッシュカードで引き出しました。

クレジットカードのレートは1元=3.24円から3.29円でした。

新生銀行では1元=3.371円から3.4076円でした。国内で出すよりもレートが良かったわけです。

昔は日本で両替したり、海外で両替したりいろいろしたものです。

しかし、面倒すぎるんで、カード決済&国際キャッシュカード、そしてスペアとしてキャッシュパスポートで行くのが今のスタイルです。

お腹が空いたのでちょっと食べよう

食べるか食べないか迷う時間なんですが、朝も早いし、低カロリーミールにしたし、という言い訳で軽く食べることにしました。

羽田で食べた

おいくらだっけ。600円くらいかな。

カレーは重いし(修学旅行生多くて座りにくかったし)というわけでした。

このパラダイスティー・・・まずかった。

さて、乗り込みまーす。

Copyrighted Image