羽田の免税店でちょっぴりお得にショッピングするために | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

羽田の免税店でちょっぴりお得にショッピングするために

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

成田の次は羽田。

こちらも、ブランドが一つのお店を出しているのではなくて、ANA DFSのような形で出店している免税店での話。

成田同様、羽田でも割引を併用して使うことはできないのでご注意を。

銀聯

ANAカード

COSMETIC BOUTIQUE

これはANA DFS。

私はクラランス買ったよ。
クラランス

ANAの一般カードなら5%オフ。上位カードなら10%オフです。
ANAカード
ただし、割り引けないブランドもあります。シャネルとか。

また、ANAの商品券が使えるのもここの特徴です。

もう一つ手があって、株主優待です。クーポン式になっていて、やはり、割り引けないブランドがあるのですが、カードの割引よりも制限が若干緩く、株を持っていたときには、シャネルの化粧品を割引クーポンを使って少し安く購入した記憶があります。

株主ではなくても、金券ショップなどで安く出ていることもあるので、1タミを使うなら先にブランドを要チェック。

詳しいブランドなどはこちらに。
ANA Duty Free Shop

TIAT DUTY FREE SHOP

ここだと、Mikimotoが買えてたんだけどなあ。取り扱わなくなり。
#mikimoto のセット開けた❤ 乳液が入ってなかったから、#fancl の乳液と合わせる。

ただし、アルビオンが入ったので、そっちを買ってしまいそう。

TIAT DUTY FREE 予約専用ポイントカード

1000円につき1ポイント。
・30ポイントで1500円分のお買い物券と交換
・50ポイントで5000円分のお買い物券と交換

TIAT DUTY FREE

の模様です。

JALっ子にはあまりうまみがないのが羽田です。ただし、ANAとターミナルが別れているわけではないので、どちらも構わない人にはベネフィットだけいただけるわけ。

Copyrighted Image