中国の共通交通カード(交通一卡通)について予習

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、海外旅行・国内旅行持ち物リスト(エッセンシャル版)

私は国内旅行はもっぱら楽天トラベルで予約してる。
クーポンが出てる日本のホテルを、楽天トラベルで見てみない?

上海はいいんだ、上海は。2016年なので(少なくとも)ロックはされてるんだがね、交通カードを買ってて、手元に残してある。

問題はそのほかの地域だよ。

広告—————————-

2019年11月に、KKdayさんで香港空港からマカオ(タイパ )へ向かうコタイウォータージェットを体験させていただきました。
⇒香港空港からマカオ(タイパ)までコタイのフェリーに乗って
KKday 【ファーストクラス】香港国際空港-マカオ タイパ:コタイ・ウォータージェット片道乗船チケット
KLOOK [マカオ外港 / 香港国際空港発] ターボジェットフェリーチケット
帰りは、KLOOKで買ったターボジェットでマカオ外港から香港空港に乗り入れました。
⇒ターボジェットで、マカオ外港から香港空港へ乗り入れる

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

上海はいいんだよ

上海の交通カード

⇒上海中心部をぶらつくのに地下鉄1日乗車券などよりも、交通カードの方が手間がかからない!

さらに、上海では、マスターカードでも乗れそうです。

「Metro大都会」にマスターカードを紐づけることのできるサービスを打ち出した。これによりマスターカードを持つ外国人は上海の地下鉄を便利に利用できるようになった。

http://j.people.com.cn/n3/2020/1106/c94475-9777527.html

ロックの解除は、リニア(マグレブ)の乗り場の窓口でできそうだよね。カードもここで買った。

iPhoneに吸い取るためには、何元か入ってないとならない。私はほぼ空っぽにして帰ってるし。さらに、Apple Payに入れてる場合、どうチャージすればいいの!?というわけで、何もしてないというか、何もできないというか。

多分、吸い取らないだろうなあと思う。だってJR九州の券売機でiPhoneに入れたSuicaで(IC対応ではない駅行きの)切符を買おうとしたら、カード式じゃないとチャージできないって言ってくるし…。日本でもそういう目にあってるのだ。

チャージ機が券売機をかねてない場合でも、台北のヨーヨーカーみたいに、置いてチャージだったらスマホに入れても現金でチャージできるけどさ。香港みたいに突っ込んでチャージだったら、スマホに入れてたら現金でチャージできないじゃない?ってお気持ちです。

問題は上海以外

ほんとに北京に行くのか、行けるのかって話でもあるんですがね。現実的なのは広州や深圳なんだが。

というか、上海以外なんだけどさ。

でね、北京の交通カードの一卡通は、外国人が購入できないのではないかとかいう説もある。行動制限に絡んだことでしょうか。

QRコードでも乗れるようだけど、どのみちアリペイとかWeChat Payとかなんだろうし。そりゃ、ツーリストパスはあるけど。ちゃんと使えるかねえ…的な。⇒Alipay Tourist Passを導入してみる

この手のものって反応が遅いじゃない?

ICは早い。あとは、スマホのバッテリーが切れたときだよね。

そりゃバッテリーは持ち歩きますけれども。Apple Payの場合はバッテリーが切れても使えるじゃないですか。

やっぱり上海かな。少なくとも144時間トランジットが発表されてからじゃないと計画できないかな…。と思ってたんだけどね。

全国交通一卡通互联互通

全国交通一卡通互联互通(China T-Union)といって、中国全土で共通で使える交通カードがあるようです。ちょうど、赤と緑色の、銀聯カードみたいな色のマークがついているようです。

…Suicaがそのまんま福岡で使えるとか、そういうレベルではないっぽく、新しいものが必要っぽい雰囲気。

今度はこれもまた、外国人は買えないのだという話も流れてきまして。これまた行動制限に絡んだものでしょうか。

ネットで買ってみようかと思って、天猫を見たんだけど、北京の公式店があるんです。おー!買ったろと思ったら。ほらほら、赤と緑のマークがあるでしょ。これが共通カードらしいです。

北京 交通カード

だがねえ。「法律やタオバオの方針によって、この商品はあなたの国に発送できません」

まじかー!

で、メルカリに以前北京で買いました(まだ使えるかはわかりません)という人や、この赤緑のマークがあるカードを出品してる人がいるんですよ。

おう…

ということでこのマーク付きのChina T-Unionらしきものを一枚買ってみた。おそらくロックされてるから、現地で現金でチャージしてみる予定。(行くのか!?)

売ってた人はおそらく中国人なのか、中国から何か送ってくれるツテのある人なんでしょうね。(転送屋さんを使ったら買えるのか!?!?)。

やっぱり…上海で「中国」に慣れるのがベターじゃないかと思ったねえ…。もしも、行動制限に関わる制限で外国人が購入できないのだとすれば、そのうち購入できるようにならないかな…。わからん。

あと、上海のカードもApple Payに吸い込んだら全国共通にならないのかな…??もう訳がわからん!!!

というわけで、やっぱり北京よりも広州よりも深圳よりも先に上海に行ってきたいよな、ってお気持ちです。

https://en.wikipedia.org/wiki/China_T-union

https://zh.wikipedia.org/wiki/交通联合

 

Copyrighted Image