タイのプリペイドSIMを探す。(結局、さっさと事前に用意するのが良い)[2022年9月編]

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、海外旅行・国内旅行持ち物リスト(エッセンシャル版)

私は国内旅行はもっぱら楽天トラベルで予約してる。
クーポンが出てる日本のホテルを、楽天トラベルで見てみない?

バンコクには2017年にプレスツアーで連れて行っていただいて以来、もう一度行きたいと思ってる。オリンピック期間中にチェンマイ沈没もしたかったんだけど、2022年中にタイまで行くことはないかな。

2023年に東南アジアぐるぐる狂気の旅程をやりたいなあって思ってて。

ブログを書きながら旅行するから、インターネット環境の構築は必須です。というわけでだね。(前置きが長くなったが)タイで使えるSIMを探す回です。

2022年、2023年的にどうなんでしょうね。三泊四日くらいなら、ポケットWi-Fiのレンタルする人いるのかな。私もレンタルしたことがある。⇒タイ行きはグローバルWiFiをレンタルしました

タイの三大キャリアは、AIS、True、そしてDTAC。だったけれど、TrueとDTAC は2022年10月中に合併だそうですよ。変わるよねえ。

広告—————————-

2018年5月に、KKdayさんにモニターさせていただきました。
Kkday【台北・再春健康生活館】足裏マッサージ&リンパデトックスマッサージ

エステではなく、整体に近いです。日本語のできる施術師さんだったので、きちんとコミュニケートできたのも良かった。終わったときには足の疲れも背中もほぐれてすごく良かったです。こっちも見てね!⇒台北:再春健康生活館でリンパデトックスマッサージ を受けてきた!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

スワンナプーム空港のSIM売場

2017年はツアーで個人の変な動きはできないので難しかったけれど。

手荷物を受け取り、税関検査を過ぎて、そして出口の手前、7番出口の前に売り場があり、24時間購入できるようです。下にPDFのリンクを貼っておくけど、一部分スクショ。

SIMウリバ

https://www.thailandtravel.or.jp/common/pdf/suvarnabhumi.pdf

2022年的にも変わらないかな?

タイのSIM

AIS

タイ専用SIM

これは「タイ専用」SIMです。私が愛用しているAISのSIM2Flyとは違う商品です。

これ、「8日以内にデータ通信量が3GBを超えると384kbpsへ速度制限がかかりますが、384kbpsの通信速度でもLINE等のSNSやメールなどストレスなく利用可能です。」

本来、299バーツの商品なので、Amazonで買うと安い(ことが多い)。

http://www.ais.co.th/travellersim/

もちろん、8日間以上使うつもりで、写真をいじくりまわし、ブログをがっつり書くタイプの人にはこれだけでは足りない。
(おそらく、これにチャージして、USSDコールをして、SIM2Flyのプランを購入できるんだと思うんだけど。)

上のリンクによると、5日間5GB、SNS分無料で160バーツというものがあるので、三泊四日くらいなら現地で買う手もあるのではないかと思います。

SIM2FlyのSIMもチャージ(トップアップ)することでタイ専用としても使えると思うんだが

これも未検証。だって、SIM2Flyだと思ったらびっくりしたよ。台湾大哥大だったんだもん!

SIM2FlyのSIMもチャージ(トップアップ)することでタイ専用としても使えると思うんだよ。

https://www.ais.th/package/en/package_net_maxspeed.html

本当に色々プランがあるから。上のリンクから見てね。Dialとあるその後がUSSDコード。

チャージ(トップアップ)については、こっち。2022年的にどうなってるかわからないのですが。⇒タイの便利な周遊SIM AIS SIM 2 Flyのリチャージ&延長は、日本のカードでできる

True MoveH

私が買って持って行ったのがTrue MoveH。
Truemove

けっ!私が買った時は1200円だったのに(まだ言う)。

これは「無制限」と書いてあるけれど、実際には「8日以内にデータ通信量が2.5GBを超えると384kbpsへ速度制限がかかりますが、384kbpsの通信速度でもLINE等のSNSやメールなどストレスなく利用可能です」というわけで、2.5GB。ただ、下にも書くけれど、TrueのHPではトラベラーSIMは3GBのものがあって、2.5GBではない。変わったんじゃないかと思います。

英語のSMSも来ました。

True

ブログを書いて写真をいじくりまわして、という場合には、8日間で2.5GBというのは少ないので、延長するか、買い足すか、複数枚持っていくかした方が良いです。

少なくとも、私が使った時は(バンコクとアユタヤですが)スピードに不満はなかったですよ。

本来、8日間3GBのSIMは299バーツなので、3GBに変わったのか、2.5GBのままなのかわかりませんが。いまの値段ならAmazonで買う方が安い(と思う)

http://truemoveh.truecorp.co.th/international_service/visit_thailand/en

私が使ったときのことは詳しくはこちらに。⇒タイのSIM:True MoveもやっぱりAmazonで買ってタイで使ったよ!

KKdayでも取り扱いがあります。羽田出発なら、これがなかなか便利そうです。

KKday True Move H・SIMカード・8日間(15G)+100バーツ音声通話|羽田空港受取

eSIMは割高に見える。チャージもできなさそうですし。無制限では相当速度が遅いと思う。

KKday タイ データ無制限 eSIM

DTAC Happy Tourist SIM

KKdayにスワンナプーム受け取りですが、SIMがありまして、これは4G回線と書かれてる。なので、こっちの方が良いかな?と思った。受取り場所は、バウチャーでしっかりと確認しようね!

KKday 【タイ】DTACハッピーツーリストSIM・8日間4G使い放題:スワンナプーム空港受取

この「使いたい放題」もまた、「3GBを超えると速度は384Kbpsに降下します。」なので、8日間以上滞在したり、写真を編集し、がっつりとブログも書きたい人(私)は、延長するか、買い足すか、複数枚持っていくかした方が良いです。

これもまた、本題は、8日間299バーツで3GBの商品のようです。なので、Kkdayで買っても安いんじゃないかな。

http://www.dtac.co.th/en/prepaid/products/tourist-sim.html

そして、KKdayには、eSIMも出てます。これが2022年的ですよね。15GBからなので、チェンマイ沈没(するのか?)では便利だろうと思います。

KKday DTAC ハッピーツーリストeSIM

タイのプリペイドSIMで注意すべきこと

日本から三泊四日程度で行くならば、Amazonでどれが安いかなーと見ても良いと思う。

また、個人旅行で、日本以外の国から渡航するならば、KKdayでDTACのeSIMを買っておくのもよさそう。

ただ、注意が必要なのは、タイのプリペイドSIMって使い捨てが前提なのか、機械との相性が悪いものがあるようなんですね。劣化もする感じ。



KKday 【タイ】DTACハッピーツーリストSIM・8日間4G使い放題:スワンナプーム空港受取

ローミング

もう一つの手は、ローミング。

例えば、バンコクトランジットで一泊でもして、別の東南アジアに行く場合なんかに、タイ専用のSIMを買うのも微妙ですよね。(大した額ではないので、それでも良さそうだけど)

もちろん、日本のahamoや楽天モバイルを契約してローミングするのが安い人もいると思う。

ahamo

香港のSIM

こういうときに、割高ではあるんだけど、香港の中国聯通香港には東南アジアの周遊プランがある。タイでどこに繋ぐのかはわかりません。

バンコクトランジットで色々なところに行けますからね。狂気のぐるぐるプランには便利かも。

KKdayに周遊のeSIMが出てるんだけど、どこの発行かがいまいちわからない。聯通香港かな?などと思ってる。わからんです。タイではDTACだという話。あと、チャージもできず、そんなに割安にも見えないので、姉さんは買わないと思う。

KKday eSIM 3 / 7 / 15 / 30日間有効 | 東南アジア周遊にオススメ!

シンガポールのSIM

シンガポールのSIMって、プランにもよりますが、シンガポールで100GB使え、5GBくらいローミングさせるものがあります。シンガポールでSIMを調達して、シンガポールベースでタイも、という場合にはこっちの方が割安だろうと思います。
大抵、タイもそのローミング対象国っぽいのよ。⇒シンガポールで使えるSIMを探す

SIMフリースマホ&VPN

この手のSIMを使うときには、SIMフリー(正確にいうと、SIMロックされていない)スマホが必要です。

eSIMは楽天モバイル・povoと使っているのだけど、慣れると楽です。あと、SIMの劣化の心配もない。

私はiPhone SE2、iPhone 13 ProがeSIM対応モデルです。SE3考えてる。

そして、仮にWiFiを使うならば、VPNでプロテクト。⇒HotSpot VPNはプレミアムにしました。これで当分期限を気にせず使えるはず

Copyrighted Image