スポンサーリンク
mineo(マイネオ)

タイのプリペイドSIMを探す。(結局、さっさとAmazonで買うのが良い)[2018年12月編]

さて、オリンピック関係の人たちの態度の悪さに激怒中の姉さん。⇒決めた決めた!2020年の夏はヨーロッパで過ごす!

で、ですね。その予行演習を知ってる台北&母国でやったのが、2018年10月。

いやー、結構きつかった。一日中歩き回り、疲労で風呂上がり22時には一度倒れるように眠り、起きたら4時、みたいなことがありましたしね。コンタクト入れっぱなしで寝てしまい、それ以来コンタクトは使わないようにしましたよ。いつでも眠れるように。

これ、2019年は20日間から30日間でやろうと思ってて。がっつり関東、がっつり関西、台北語学留学、東南アジア、とプランを考えるけど、イタリア20日間、みたいなことを考えるならば、イタリアよりは物価が安く、治安も良さそうな、バンコク・クアラルンプールを中心に考えましょうかいというわけで。バンコクには2017年にプレスツアーで連れて行っていただいて以来、もう一度行きたいと思ってる。

ブログを書きながら旅行したいんで、インターネット環境の構築は必須です。というわけでだね。(前置きが長くなったが)タイで使えるSIMを探す回です。

もちろん、三泊四日くらいなら、ポケットWi-FiのレンタルでもOKです。SIMフリーのスマホを買ったり、自分で設定したりしなくてもすむんで、一番お気楽なのは確かですよ。私もレンタルした。⇒タイ行きはグローバルWiFiをレンタルしました

タイの三大キャリアは、AIS、True、そしてDTAC。

広告—————————-

台湾はあまり大きな島ではないので、やろうと思えば、台北と高雄を日帰りすることもできます。しかし、台北駅・南港駅・板橋駅以外は不便なところにあることが多いので、日本のような感覚で移動しようとすると大変なことになるので要注意。KKdayで割引切符を買ったことがあるよ!
kkday【左營駅(高雄)発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道) ※外国人限定
こっちも見てね!⇒高鉄(台湾新幹線)の切符の買い方&乗り方。外国人限定の割引もあるよ!

パスもあるよ!
kkday【とってもお得な乗り放題】台湾新幹線パス※外国人限定
KKday 【外国人限定】お得な台湾高鉄・台湾鉄道5日ジョイントパス

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

スワンナプーム空港のSIM売場

2017年はツアーで個人の変な動きはできないので難しかったけれど。

手荷物を受け取り、税関検査を過ぎて、そして出口の手前、7番出口の前に売り場があり、24時間購入できるようです。下にPDFのリンクを貼っておくけど、一部分スクショ。

SIMウリバ

https://www.thailandtravel.or.jp/common/pdf/suvarnabhumi.pdf

タイのSIM

AIS

タイ専用SIM

これは「タイ専用」SIMです。私が愛用しているAISのSIM2Flyとは違う商品です。

これ、「8日以内にデータ通信量が3GBを超えると384kbpsへ速度制限がかかりますが、384kbpsの通信速度でもLINE等のSNSやメールなどストレスなく利用可能です。」

本来、299バーツの商品なので、Amazonで買うと安い(ことが多い)。

http://www.ais.co.th/travellersim/

もちろん、8日間以上使うつもりで、写真をいじくりまわし、ブログをがっつり書くタイプの人にはこれだけでは足りない。
(おそらく、これにチャージして、USSDコールをして、SIM2Flyのプランを購入できるんだと思うんだけど。)

SIM2FlyのSIMもチャージ(トップアップ)することでタイ専用としても使えると思うんだが

これも未検証。

SIM2FlyのSIMもチャージ(トップアップ)することでタイ専用としても使えると思うんだよ。

15日間5GBまで、300バーツ、なんてプランもあるみたいなんで。(タイは内税?外税?)

http://www.ais.co.th/one-2-call/addon/en/maxspeed.html

ais

本当に色々プランがあるから。上のリンクから見てね。Dialとあるその後がUSSDコード。

チャージ(トップアップ)については、こっち。⇒タイの便利な周遊SIM AIS SIM 2 Flyのリチャージ&延長は、日本のカードでできる

True MoveH

私が買って持って行ったのがTrue MoveH。
Truemove

けっ!私が買った時は1200円だったのに(まだ言う)。

これは「無制限」と書いてあるけれど、実際には「8日以内にデータ通信量が2.5GBを超えると384kbpsへ速度制限がかかりますが、384kbpsの通信速度でもLINE等のSNSやメールなどストレスなく利用可能です」というわけで、2.5GB。ただ、下にも書くけれど、TrueのHPではトラベラーSIMは3GBのものがあって、2.5GBではない。変わったんじゃないかと思います。

英語のSMSも来ました。

True

ブログを書いて写真をいじくりまわして、という場合には、8日間で2.5GBというのは少ないので、延長するか、買い足すか、複数枚持っていくかした方が良いです。

少なくとも、私が使った時は(バンコクとアユタヤですが)スピードに不満はなかったですよ。

本来、8日間3GBのSIMは299バーツなので、3GBに変わったのか、2.5GBのままなのかわかりませんが。いまの値段ならAmazonで買う方が安い(と思う)

http://truemoveh.truecorp.co.th/international_service/visit_thailand/en

私が使ったときのことは詳しくはこちらに。⇒タイのSIM:True MoveもやっぱりAmazonで買ってタイで使ったよ!

DTAC Happy Tourist SIM

これは、Amazonにまだ3Gと書かれたものがあったりと、Amazonで買うのは微妙??って思っちゃった。

KKdayにスワンナプーム受け取りですが、SIMがありまして、これは4G回線と書かれてる。なので、こっちの方が良いかな?と思った。2018年12月現在、受取り場所は、DTACのカウンター(7番出口前)っぽいですが、バウチャーでしっかりと確認しようね!
KKday 【タイ】DTACハッピーツーリストSIM・8日間4G使い放題:スワンナプーム空港受取

この「使いたい放題」もまた、「3GBを超えると速度は384Kbpsに降下します。」なので、8日間以上滞在したり、写真を編集し、がっつりとブログも書きたい人(私)は、延長するか、買い足すか、複数枚持っていくかした方が良いです。

これもまた、本題は、8日間299バーツで3GBの商品のようです。なので、Kkdayで買っても安いんじゃないかな。

http://www.dtac.co.th/en/prepaid/products/tourist-sim.html

タイのプリペイドSIMは横並び?

台湾もそうだけど、結局SIMの値段その他は、横並びかな。つまり、SIMも購入しないとならない場合は、299バーツ・8日間・3GB。

日本から三泊四日程度で行くならば、Amazonでどれが安いかなーと見ても良いと思う。

また、個人旅行で、日本以外の国から渡航するならば、KKdayでDTACを買っておいてもいいと思う。

ただ、注意が必要なのは、タイのプリペイドSIMって使い捨てが前提なのか、機械との相性が悪いものがあるようなんですね。ぜーんぶ購入したって大した額ではないので、私のようにインターネット回線が命綱みたいなところがあり、海外プリペイドSIM大好き人間は、三社全部用意したって構わないかな?と思うんだけど、どう?



KKday 【タイ】DTACハッピーツーリストSIM・8日間4G使い放題:スワンナプーム空港受取

ローミング

もう一つの手は、ローミング。

例えば、バンコクトランジットで一泊でもして、別の東南アジアに行く場合なんかに、タイ専用のSIMを買うのも微妙ですよね。(大した額ではないので、それでも良さそうだけど)

香港のSIM

こういうときに、割高ではあるんだけど、香港の中国聯通香港には東南アジアの周遊プランがある。

バンコクトランジットで色々なところに行けますからね。

こっちにも東南アジア周遊SIM。


12日間で4GB。

シンガポールのSIM

シンガポールのSIMって、プランにもよりますが、シンガポールで100GB使え、5GBくらいローミングさせるものがあります。
大抵、タイもそのローミング対象国っぽいのよ。⇒シンガポールで使えるSIMを探す

SIMフリースマホ&VPN

この手のSIMを使うときには、SIMフリー(正確にいうと、SIMロックされていない)スマホが必要です。

値段がだいぶこなれてきた。

そして、仮にWiFiを使うならば、VPNでプロテクト。⇒HotSpot VPNはプレミアムにしました。これで当分期限を気にせず使えるはず

Copyrighted Image