ad



温度調節のできないドミで冷房がきつい?なら畳める羽毛のブランケットがオススメ 

ファンケルで冬に購入すると、ブランケットをいただいたのです。軽くて暖かくて良かった。で、これを持って行こうと思っていたのですが、無印にふらっと入ったら畳める羽毛のブランケットを見つけてしまいました。なんとシーズン外れで800円ですよ。買っちゃうよね。本当に旅行準備気分で無印に行くと危険。

で、これが本当に使えたのです。

本来は映画を見に行ったときにでも、だったのですが実際には夜寝るときに使いました。
M1 夜は寒い

もともと虚弱体質で寒暖差に弱いので、こういうものを使って調節するのがベター。

香港では夏も冬も抜群に役に立ってた

香港のホテルは冷房がご主人さま=白人むけになっているので、すごくきつくて20度切っています。
冬は今度は暖房がないので寒いです。

香港のミニホテルでは、4月ですがもともと温度設定が20度を切っていて、28度くらいにすると今度は湿気がひどいんです。それで、仕方がなく24度くらいで手を打つのですが寒い寒い寒い。で出てくるのがこのひざ掛け。肩にかけてるだけでかなり暖かかったです。
⇒中環の安宿・ミニホテルセントラルは狭いけれど香港なら仕方ない

メイホーハウス。ここがドミです。ここでは冷房が26度に設定されていました。これ、勝手に変えてしまうわけにもいかないし。私にはとっても寒いのです。幸い、エアコンの風が当たるベッドではなかったのですが、やっぱり寒い。上に一枚来た上でこの羽毛のブランケットを上にかけて眠ると。
⇒深水埗のYHA美荷樓のドミトリーに宿泊しました 

同じく香港のM1ノースポイントでは、11月ですが今度は暖房がないので、寒くてね。
⇒M1ホテルノースポイントに宿泊しました

ベストウェスタンでも使った。ちょうど寒波でしたしね。
⇒ベストウェスタンハーバービューホテル

ただ、高いホテルのときは、不要でした。
⇒ハーバープラザ・メトロポリスは今まで宿泊した香港のホテルの中で一番良かった!

これは本当に持って行って良かったものの一つです。

帰国後、エマールで洗濯機のドライ機能で洗いました。

陰干しするのですが、ふわっふわのふわっふわのふわっふわで折りたたむのが大変なくらいね。

これ以来、バストイレ共用のところや、暖房のない台湾や香港に冬に泊まるときに本当に活躍しています。

>>無印良品ファクトリーアウトレット

▶︎旅慣れた人がホテルで使う物リスト もくじ に戻る