ad

台北・松山空港のあれこれ [2017年5月・6月 2016年6月 台北旅行]

濡れずにいけるぜ、松山空港(2017年5月・6月)

松山空港、5メートルくらい屋根のないところがなかったっけ・・・と思ったのですが、問題なかった。

これは1番出口ですが、エレベーターを使って、スロープです。

松山空港

向かい側にもMRTの改札から近いところに3番のエレベーターがあるのですが、これを使ったら横断歩道。晴れてたり曇りの日ならそれでもいいのですけど、記録的豪雨の2017年6月2日ですからね。

松山空港

もしもバスを使うなら、多分3番エレベーターの方がいいと思うのだけど。

松山空港

もちろん、これは前々日の下見の時の写真です。国光ということは、おそらく桃園ー松山間を通るバスはここだと思うのよ。で、この雷雨でこの屋根で空港隣接ではない・・・(少なくとも横断歩道を渡らないと)

雨季に桃園ー松山間を移動しないとならないとすると・・・。今なら私はMRTを乗り継ぐことも視野に入れるし、なんなら、桃園空港線台北駅までタクシーを使うかもしれない。

コインロッカーもあるよ!(2017年6月)

桃園空港にもコインロッカーがあるのですが、こちらにもあります。これを撮影したのはComputexのバッジ(入場カード)を受け取ったときです。事前に探しておいたというわけ。場所はクロネコの近くでした。確か。

松山空港

もともとどう考えていたのかというと、松山空港に荷物を置く、だったのですが、実際にはComputex会場の南港展覧場に荷物置き場(無料)があったので南港展覧場の荷物置き場を使ったのです。

ターミナルの上に上がれるよ!(2017年5月)

もちろん、下見の日の写真です。荷物置き場を探したり、バッジを受け取りにきたときに登ってみました。

日本の空港なら50円くらい取りそうなんだけど、無料でエレベーターで上がれます。

松山空港

下見の日はとても天気が良くてね。ただ、滞在中ここまで天気が良かったのはこの日だけ。35度くらいまで行きました。

松山空港

もちろんみんな影にいるわけだ。青い傘をさしている人たちがいますが、それは出入り口で希望者に傘を渡しているから。丈夫そうで、多少の雨でもOKだろうけれど、雷雨ではどうだったんだろうね。私は知らない。

展望デッキも少し屋根を付けてあるのです。この時間はこちら側が影になっていた。

松山空港

奥に見えるなぞの建物は、台北に行ったことのある人ならわかると思う。
>>楽天トラベル グランドホテル

座れるのだけど、本来椅子ではないのだろうねえ。実はこれが金属でねえ、日が当たる方はかなり暑いと思う。 幼児がぺたんと座ってしまい、大泣きしてお父さんが大慌て、お母さんはスマホ、という光景をみました。お気をつけて。

市内は休日でも、空港でなら両替できる(2017年5月)

2017年5月末、行ったとき台湾は端午節の連休だった。

手元にあったのは1200元+ヨーヨーカーに400元近くで桃園MRTに乗ったので200元ちょい。

できれば今回はクレジットカードの決済も減らしたいし、新生銀行から引き出すのも嫌でした(一応10万円突っ込んでおいたけどね)。

次回ね、タイ行きで予定外の出費があるわけです。

手元には我が青春のヨーロッパ通貨があった。今回はスウェーデンクローナとスイスフランに活躍していただこうと思って、銀行に行きたかったのだけど、「銀行空いてるっけ?」とフロントに聞くと「月曜だけど連休でお休みよ。両替が必要ならこの近くなら新光三越」と言われてね。

どうせ松山空港に行くつもりだったし、というわけで松山空港です。

松山空港の外貨両替所で私が見つけたのはMega Bankと台湾銀行。
松山空港松山空港

マイナー通貨なもので、台湾銀行に行きました。

「ねえ、スイスフランかスウェーデンクローナを台湾ドルにしたいんだけど」

両替できたのはスイスフランのみ。おううううスウェーデンは!?!?リンドグレーン育ちの私の心のふるさとスウェーデンは拒否!(なんなら日本の空港で円にできると思います)

仕方がないな。ドイツで売っぱらうつもりだったんだけど、70スイスフランを売っぱらって30元の手数料を払い、2090元をゲットしました。

10年行ってないんだもの、スイス。行けるかどうかわからないのだもの、スイス。

2016年6月

外貨両替レート。
松山空港
(2016年6月)

はいはい、計算しましょう。

この表ではWe Buy日本円が0.30310です。つまり、1円=0.30310元ということですね。なので、1元は何円かを計算するためには、1÷0.30310=3.2992。あら。1元=3.2992ですってよ。

羽田(1元=3.75円)で交換するより、松山の方がいいです。

よく言う話ですが、通貨を比較して、よりメジャーな通貨を、よりマイナーな通貨のところで交換しろ、というのが有利な交換の仕方です。

つまり、円と台湾ドルを比較すると、メジャーは日本円なので、円を台湾ドルに交換するなら、台湾で、なのです。

2016年6月、私は台湾ではクレジットカードで決済し、新生銀行の国際キャッシュカードで引き出しました。

このときのクレジットカードのレートは1元=3.24円から3.29円でした。松山空港のレートと大差ないですね。

新生銀行では1元=3.371円から3.4076円でした。松山空港のレートの方が良かったけれど、国内で出すよりも少しは良かった、ということで。

2017年6月はANAで松山out!豪雨で遅れていて乗り込みは遅れた

⇒ANAで桃園 in 松山 out
実は夕方の便だったのですが、到着したのは14時前。チェックインに余裕をもたせたかったわけです。ところが、遅れてが発生していたらしく、13時台のANAがまだチェックイン最中でした。

一時間も待たなかったと思うのだけど、日本語の聞こえる中で荷物を入れ直してみたり、写真をFlickrにアップしたりしているとすぐに16時台の我々のチェックインが始まりました。

ああ、ここで免税手続き。今回は用はないし、必要なときは私はデパートで済ませてしまうのよ。

松山空港

と思いながら、その奥のエスカレーターで上に上がります。さっさと出国手続きをします。ああ、今回はいろいろとタフでした。

実はSpeedyのコーナーなのか何なのかよくわからず、そのまま列に並んで出国手続きをしました。でも、問題ないんだ、時間はたっぷりあるのだから。

松山空港は水没はしない。でも雨漏りはした

桃園空港はまた地下が水没したっぽいのです。松山空港なのでその心配はなかった。(水没した場合、どうするんですかね、MRTは)

しかし、ごらんのとおり、所々にバケツが置いてあった。
松山空港

きっと雨漏りするんだね。

松山空港

確かに、遅れが発生したり、「上海便は上海から飛んでくる飛行機が上海に引き返した、ミールクーポンをあげるよ」なんてアナウンスも。againって聞こえたのよね・・・。

松山空港

しかし、午後に入ってからは、全く動いていないというわけではない。

松山空港

エバーさんも動いていた。

しかし、奥のミラマーの観覧車は動いていなかった。

松山空港

今回松山空港で使ったお金は60元。一本20元。

松山空港

ここは黒松沙士はペットボトルがなくてだね。

「好茶哉」というペットボトルのお茶は、甘みがつけてあるようで、あまり好みではありません。ペットボトルにはティーバッグでお茶を作っていて、お湯はもちろん空港にある給湯器から。

そんなことをしているうちに、我々のANAも定刻から15分遅れで離陸しました。窓際だったので基隆河の様子が見えてびっくり。
松山羽田

ほかのところはどうなのかしら、と思ったけれど、すぐに雲に隠れてさようなら。

実は一切揺れなかった。ANAさん、ありがとうございます。

>>ANAカード

2016年6月はANAで松山in!

101

101を見ながら着陸。この写真の画質がいつになく悪いのは、動画からキャプったからです。後ろの日本人の会話がバーッチリ入ってたからアップするのやめたのです。

アナウンスが「台北は35度」とか言っていたような。ひーってなりましたよ。

松山空港は、このときの到着は東京からのわれわれだけだったようです。中国便が到着した直後かな。

わりにスルッとイミグレ抜けて、荷物も受け取りました。

松山空港 到着

そして外に出たら文湖線です。

文湖線

階段だけではなくてスロープもあるから大丈夫。

▶︎2017年5月・6月 台北旅行 もくじ に戻る

▶︎2016年6月 台北女一人旅 もくじ に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする