スポンサーリンク

九広列車に乗るなら、事前に確保したほうが良い! [2015年4月香港・広州女一人旅]

さて。香港の湿度の中で消耗しながら思うのですよ。

まじかよ、中国なんか行くのかよ。それも港女のいる深圳ではなくて、広州かよ?しかも大陸女子とは連絡(手段が)途絶えてるし。ガラパゴス中国。

と思いながら、ミニホテルセントラルからは登ってきたアイスストリートの坂を降りて、到着日には皇后大道中をHSBC本社まで歩き、HSBC本社は下がそのままトンネルになっているのでそれを通り抜け中環駅へ。ここの入り口はエスカレーターで降りられるのです。このルートは前日に把握済み。そして地下鉄でチムサーチョイへ。チムからチムトンまではずずーっと地下を歩いてチムトンから再び地下鉄に乗ってホンハムへ向かいました。セントラルからホンハムまでバスもありましたが、下手したら歩道橋だし。ホンハムってとにかく苦手なんですよねー。地下鉄がベスト。

張り切って8時過ぎに着いたんですよ、ホンハムに。ホンハム駅では地下からエレベーターを見つけて地上に上がります。

さあ、とカウンターに行くと。

一番早い列車で、11:34って・・・おう・・・売り切れでした。プレミアムシート(香港側の運行の場合はHKD230で少しいいシートが選べる)でもいいんだけど。しゃーないのでそれで行くよね。それなら帰りもやばいかもしれないので往復買うよね。そのカウンターだけなのかわかりませんが、キャッシュで払えというのです。うーむ。往復190に2をかけて380ドルかよ。んー。手持ちの香港ドルが600ドルなんだけど。深水歩でSIMを買ったからさ。深水歩って基本キャッシュの世界なのよ。

・・・人民元じゃダメ?ときくと人民元でいいということなので、人民元で往復購入しました。香港にいるのに。
九広列車
30分前にチェックインということなので、2時間待ちか・・・と思いました。コインロッカーも女子トイレの前にあったし、一時預かり所もその近辺にあったので(男子トイレ側は行ってないのでわかりませんが)、預けてふらつこうかとも思いましたが、場所は鬼門・ホンハム。チムトンまで戻ろうかと思ったのですが、人民でも観察しようかと諦めてロビーでまつことに。

九広列車
ホンハムはとにかく苦手。なぜかここは方向感覚がなくなる。そういう場所ってありません?香港で方向感覚がなくなるのはもう一つ深水歩・・・その話は後ほど。

でもねえ。

なんか疲れるのよ。

香港人とは違った人たちに囲まれて。

広東語のような北京語のような変な音で話すし。台北の北京語か北京の北京語には慣れてるのに(大学の先生は北京師範大学からの派遣だったと思う)、ぜーんぜん違う音。

おまけに同じベンチに座ったおばさんたちが貧乏ゆすりをして、揺れる揺れる。気分悪い。どんとしぇいく!と呟くのでした。

床を歩く雀・・・。こいつらがチュンチュンいうのすらイライラする・・・

荷物はコインロッカーか預かり所に預けて、チムトンで海岸沿いに歩く、とかの方が良かったよ。多分。

というわけで、もしも到着日に広州に行くというわけでもないなら、出発日までに切符を買いましょう。ホンハム駅には複数窓口があります。コンピューター管理をしているのでチケットがないことには変わらないようです。そして、切符はキャッシュオンリーだけなのかな、そこはよくわかりませんでした。

で列車そのものもとにかく疲れるし。
⇒九広列車に乗って、香港ー広州往復 
結論から言うと、行くだけで疲れてしまい、どこにも行けなかったんです。日帰りツアーを買ったほうが良いところだと思いました。

Copyrighted Image