ad

韓国に行くなら事前にプリペイドSIMを調達・手配してしまえ

2014年から何度調べても、韓国って安く安全なネットの構築が難しかったのですが、2018年現在多少は楽になりました。相変わらず音声通話はベストは日本のSIMでの音声ローミングっぽいですけどね・・・。

韓国を旅行するならレンタルWi-Fiが一般的です。

>>KKday 【韓国】KT Olleh 4GポケットWiFiレンタル(インターネット使い放題/韓国各空港受取)

でもさ、それになにより、ゲート前まで(というか、最近では「切ってくれ」のアナウンスまで機内で使ってるな・・・)使いたいじゃないですか。

プリペイドSIM、便利ですよね。事前に手配もしくは調達するのがおすすめです。

現地SIMならば、KKdayでKTのSIMを手配するといいよ!

EGSIMはちっともイージーじゃなかったようなんですが、最近ではKTのインバウンド部門がサービス開始してます。Wi-Fiだけでなく、プリペイドSIMあるの。返却は多分不要なんですが、カウンターで聞いてみてね。

>>KKday 【韓国】 KT Olleh 4GプリペイドSIMカード/ネット使い放題(各空港/弘大オフィス受取)

2018年6月現在、1日(24時間)から使えます。ただ、その次が5日間から。2600円なんで、なんか微妙な金額。日本から韓国に行く場合って、2泊3日くらいなイメージ持ってるので、割高かな?

あと、どのみちカウンターに取りに行かないとならんのですよね。(販売ページをみると、多分返却しなくてもいいと思うんだ。ただ、受け取るときに聞いてみてね)

また、KT=現地SIMですが、韓国内での音声通話もついてないません。

音声通話がついたものは、あるんだけどすごく割高です。
>> KKday KT Olleh 4GプリペイドSIM:ネット使い放題+通話(30日/チャージ可/弘大受取)

しかし、KTなんで。ローミングじゃないんで、電波が安定すると思います。それとKkdayを通すと何がいいって、日本語で日本円で購入できる!

AmazonでKTのSIMも買えるけど、開通手続きが必要

テレコムスクエアがKTのSIMをAmazonで売り始めました。

これは、事前に開通作業が必要です。

【Step1】日本国内で開通予約(約5分)
専用サイトより開通手続き行ってください。
※手続き完了から2時間以内に通信開始可能となります。
※お客様の「パスポート」の画像をアップロードしていただく必要がございます。

【Step2】韓国現地でSIMカードをセットアップ (約5分)
ご利用のスマートフォンにSIMカードを挿入し、スマートフォンの設定を行ってください。
※韓国のSIMの特性上で、再起動が2~3回必要な場合があります。

データ通信の安さだけなら、Amazonで買う香港のSIMをローミングするのが一番安いのでは?

データ通信が必要な場合、多分一番安いのがこれだと思う。

香港ThreeのSIM。6日間・韓国のみ・データ通信のみという商品です。無制限とはいえ、3GB以上使うと制限がかかるっぽいです。ローミング先はSK。

「韓国のみ」の旅行ならこれで十分かな。しかしこっちもデータ通信のみだから音声通話はありません。

ただ、仁川空港経由でどこかに行く場合には、「周遊SIM」にすればお得だと思うんだ。

周遊するならタイのプリペイドローミングSIM:SIM2Flyという手がある

韓国は面倒だなあと思っていたのですが、Amazonで香港のプリペイドSIMやタイのプリペイドSIMを取り扱っているワイズソリューションズさんに、AISのSIM2Flyという、タイのプリペイドローミングSIMを紹介していただき、一度提供していた抱いたことがあります。

先に使ったレビューを読みたいならこちらからどうぞ

扱っておられる他の会社と比べてもワイズソリューションズさん、すっごく安く取り扱ってらっしゃいます。

ただし、その代わり普通郵便で送られたりと、工夫なさっています。急ぐなら「お急ぎ便」というのがあって、それなら多分Amazon出荷なのかな。土日も発送してくれます。ただ、ちょっと高い。

ワイズソリューションズさんは「韓国」「シンガポール」など別々の国用に商品ページを作っておられることがあるのですが、周遊でも使えます。

たとえば、韓国経由台湾行きの場合、韓国と台湾でそのまま使えます。ソウル経由台湾行きや香港経由シンガポール行き、シンガポール経由クアラルンプール(マレーシアね)行き、など経由便LOVE!空港LOVE!な変態さん(どれも私、やったよ❤︎)にはぴったりなSIMじゃないですか!

タイでは別途チャージしてプランを購入しないとしないと使用できませんが、東南アジアに出張の多い読者さんは、一つの番号ですみ、日本からローミングするよりも安上がりなので、便利に使っておられるようです。

1780円1250円で8日間、4GB使用できる、ということは

韓国でレンタルWiFiでクーポンを利用すると400円から650円程度で1日レンタルできるようなので、仁川トランジットのみと考えれば正直なところ、1780円は結構高いです。でもアジアの別のところでも使える国は多いし、日本でも使えます。

多くの方がなさるであろう二泊三日、三泊四日で動画を見なかったらこれ、十分だと思うのですね。韓国なら一泊二日だの、日帰りする方も多いですよね。

どうですか?日本でも使えるので、飛行機に乗る前にアクティベートしたり、高速船では対馬が見えるあたりまでにアクティベートしてしまえば、韓国に入ったら使えますよ。

日本でも使えるなら、日本でセットアップできるし、余れば日本でも使える

そう。このSIMは日本でも使えるそうです。韓国で使用し、台湾で使用し(台湾は私の場合はSIMがあるし・・・)それでも3GBの余りがあれば、日本で使えばいいわけだ。

海外だけではなく日本国内での利用も可能なのですよ。確かに最近日本にもタイからのお客さんかな、という方が増えてますし、タイにはこのSIMのニーズがあるということなのでしょう。

しかし、読んでくださる方はおそらく私同様日本におられるのではないかな。日本にいる人にもこのSIMは使えなくないと思うのです。

だって、日本でセットアップできます。特にこういうセットアップに不安を覚えるような方の場合、誰か身近な人に手伝っていただくことだってできるでしょ?

そして、4GBあるのでもしも余れば日本でも使えるということですよ。

って、自分で買って日本だけで使用したことだってある
⇒AIS: SIM 2 Flyの方が、MVNOのプリペイドSIMのパケットチャージよりも安いよ!

実は一枚提供していただきました!

実はこのSIM、ワイズソリューションズさんから一枚提供していただきました。

SIM2Fly

料金後納郵便で・台紙などなく・カードのガワもなく・マニュアルとともに送られてきました。

マイクロSIMアダプターまでつけて頂きました。ありがとうございます。

ただ、どうもこのSIMは3 in One、つまり一枚のカードに通常・マイクロ・ナノのサイズにできるタイプ、ええいお見せしよう。

シムカード

台湾の中華電信の4GSIMです。

よーく見たら、マイクロSIMの大きさよりももう一回り小さい切り込みがあるのがわかりますか?

どうもこういうタイプに見えるので、そのまま、カードのまま送ってくださるので十分だと思ったのですが、この販売スタイルがよろしいのでしょう。

やれやれ。懸念材料が一つ消えてよかった!

SIMロックを解除したドコモのiPhoneで、このSIMをお使いになった方に伺いました

私はAndroid(とiPad)なので、どうかな、と思って。iPhoneでこのSIMをお使いになった方に伺えたのでまとめさせていただきます。Yさん、ありがとうございます。

特にプロファイルの設定はいらなかった

ワイズ・ソリューションズさんから送られてきた紙にはiPhone/iPadで通信が不安定な場合は、既存のプロファイルを一度削除するように書いてあったそうです。

しかし、特にその必要はなく、SIMを入れ替えて、ローミングをオンにしただけでSoftBankの電波をつかむようになったそうです。

もりもり届くSMS

ワイズ・ソリューションズさんに伺っていましたが、もりもりとSMSが届くのだそうです。
AIS1

これは「ローミングについて」ですね。

そしてもう一つ。Your balance is insufficient…のもの。

AIS5

「チャージしろ」とのSMSです。

ワイズ・ソリューションズに伺うところよると、このSMSは「タイで使う分のチャージがないよ」ということなんだそうです。タイで使うつもりがないなら気にするな、ということです。

SMSが届くのは、通信業者が変わったタイミングだそうです。SIMを初めて入れてSoftBank回線を使った日、同日のSKテレコムを掴んだとき、そして帰国した日にその都度15件くらい届いたんですって。

もう一つ謎のSMSが来たんだそうです。

AIS4

・・・どうしようもないですね。

日本ではSoftBank、韓国ではSK

上に貼ったものを見れば分かりますが、日本ではSoftBank。

韓国ではSK。
3Gだったようですが、すぐに4Gになったそうです。

AIS2

3Gだったのは仁川について電波をつかんだ直後だっただけで、あとはずっと4Gだったんだそうですよ。地下鉄走行中も4G。速度も、メールとLine、検索程度ではストレスを感じなかったんだそうです。

ありがとうございます!

Androidで使ってきた!

私も特に設定は必要ありませんでした。国内出る前にSIMを入れていきましたが、国内でも問題なし。
たしかにもりもりとSMSが届きますし、タイ語で送られても困るんですよね。

ただ、私のXperiaは、ローミングするとRと表示されるだけで、3Gか4Gかわからないのです。接続先はSKでした。
SK

仁川でスピードテストをしてきました。同じ瞬間に使ったわけではないので、その点よろしく。

Rになっていますが、何を掴んでいるかはわかりません。一応、8:45に到着して、すぐに電源を入れてつながるようにしていました。到着してかなりたってから、です。

テザリングはできるようになってますが、機械をつなげてたかな・・・。(特に問題なくテザリングそのものは可能でした)

参考までに、ということでどうぞ。

AIS インチョンAIS インチョン

私もストレスを感じることなく利用することができました。

そして、自分で一枚購入しました。

SIM 2 go

今回はカードになってた。また、2017年4月現在、3GBではなくて4GBになってました。

また、チャージも可能でした。
⇒タイの便利な周遊SIM AIS SIM 2 Flyのリチャージ&延長は、カードでできる♪

同じくタイのTrue(私はタイ国内のものを購入しました)にも、アジア周遊SIMが出ました。


台湾で使ってきましたが、ちゃんと使えた。韓国でも使えるようです。もしも韓国経由で中国に行くならこっちの方がいいと思う。AISは中国は使えないのですが、Trueなら中国が使える。ただし、このアジア周遊プランでは日本は使えないので要注意。

いずれにせよ、タイは穴場ですね。

▶︎韓国で使えるSIM もくじ に戻る
▶︎ 2016年冬 台湾旅行 もくじ に戻る

★韓国に行かれるなら、クーポンの類をお忘れなく!ポケットWiFiのクーポンがあることがありますよ!
⇒韓国に行くならクーポンをお忘れなく!
★なお、外国のSIMを使うためには、SIMロックを解除したもの、もしくは、SIMフリーのものが必要です。アプリが便利なので、スマホやSMSの受けられるタブレット推奨。こちらもどうぞ。⇒SIMフリースマホはあると国内では通信費を下げられるし、海外でも快適にネットがつなげるよ
★もしも、どんなSIMフリースマホが買えるのかと思われた場合はこちらもどうぞ
>>姉御の格安スマホガイド