ad

広州で素食を食べた、けどね・・・  [2015年4月広州女一人旅]

広州に来て心理的に疲労しました。洗濯の最中に明心路を歩いて写真を撮影したのですが、おなかがすいてくるのよ。だって、食べたのパンだけだし。
⇒ホステルへ行くために通った明心路で、とにかく疲れた・・・

脳科病院から河畔にかけてはいくつか食べ物屋さんがあります。
明心路 素食
なんかこう、ね。

福岡市内のラーメン屋に一人で入ることはできます。が、ロードサイドのラーメン屋に一人で入れますか、というとそれは無理。

といえばわかるでしょうか。

香港の街中にある茶餐庁とかお粥&麺屋に一人で入るのはそんなに難しくない。でも?ということね。

港式への信頼感が。

初めて香港に行ったのはトランジットでその先はシンガポールでした。今でもシンガポール劇まず王国のイメージを持っているのですが、あそこで唯一食べることができたのは「港式」だったのですよ。なので、私の中では「港式」=「食える」なんです。

見つけちゃったのよ。「港式」がメニューにあるお店。
明心路

ファーストフードっぽいけどその分清潔そうに見えたんです。
明心路 素食
ちらっと脳裏にミュンヘンのベトナム人っぽい中華と日式が混じったお店を思い出した。あの焼きそば、そこそこうまかった。

で、注文しました。ここ、「素食」と書いてありますが、ベジタリアンということ。「涼瓜牛肉」なんとかというものを注文しました。涼瓜って苦瓜ではないかと踏んで。(だってさ、「涼茶」って苦いじゃん?)お値段は20人民元。これがべらぼうに高いということはまだ私は知らない。ベジなので少し高めになるのはわかるんだけど。

香港じゃ今、お粥一杯が40香港ドルとかざらじゃない。だから逆にやっすーと思ったわけよ。

明心路 素食
お茶は甘みがつけてあるけれど、温度は香港同様生ぬるいのね。

・・・おいしくない。

歩道のテーブルで待ちます。

お店の中では、お弁当を作ってました。これから夕食のお弁当の配達に行くのか販売に行くのか。
その様子も写真に撮ったと思ったのに、ないんですよ。飛んだかな・・・

注文するときに私が変な北京語を使ったからでしょうね。いろいろ話しかけてきます。どこから来たん?あんた何人?と広州の広東語で聞いてるんだな、と思い「やっぷんやん。りーべんれん」と答えます。おばちゃんはいろいろ話しかけるんですが、わかんないんだなあ・・・。ほんっと、香港の広東語もちんぷんかんぷんですが、広州の広東語ってまた違うんですよ。

レスリー・チャンマラソンをしていると、ようやく広東語が北京語にスイッチして、これはこれやな、というのが見当がつくようになります。ただし、レスリーのみ、日本語字幕を見ながら脳内に漢字字幕に変換できるのであって、しゃべるのがトニー・レオンでは脳内中文字幕は発生しません。(ちなみに、レスリーの北京語はちんぷんかんぷん)でもレベルはベースになる北京語がだめだめなので、広東語の「我愛你」は「お・ごい・れい」なのがわかり、「一、二、三」が「やっ・いー・さん」と判明するとかね。ただ、このお店でテイクアウトを待っていた兄ちゃん(結構身なりはいい)の後ろで待ってると、兄ちゃんに「れい」と言われて、「あなたの番だよ」と言われたのがわかりましたよ。香港のお店で「一人だよ」というのも指を一本立てて「やっ」で通じるし。

ありがとう、レスリー。

なにはともあれ、ちんぷんかんぷんな広東語で優しげに話しかけてくれたおばさん、恐ろしいものを出してきました。

子猫。
明心路 素食

「まおちゃい」というのが精一杯です。
そもそも動物は嫌い。私は毛で咳が出るし。バカ犬は怖いし。でも頭の良い犬は好きよ。猫は嫌いなの。臭いし。

おばさん、ゲージから出しちゃうのよ。首ひもがついてるし、と思ったけれど。ところがどっこい、私に飛びかかってきたの。

慌てて逃げて向かいの椅子に座り直しましたよ。
明心路 素食
店員は私が飛び上がったのが見えたんでしょうね「何があった?大丈夫か?」と駆けつけてきました。
「めいしーば、めいしーば。まおちゃい」(没事把、没事把、猫仔。大丈夫。何もない。子猫)

あー、冷や汗かいた。
どんな菌を持ってるか知れたもんじゃない。

料理が出てきました。一つのプレートにご飯と苦瓜の野菜炒めのあんかけ、そして付け合わせの野菜がいくつかありました。ベジタリアンで牛肉、というのはおそらく豆腐か何かで作った牛肉もどきです。
明心路 素食

食べますが、まあ、機内食レベルね。野菜が足りてないのでベジにしたようなものですが、ま、こんなもんね。残念なのは、付け合わせの茹でたトウモロコシかな。一口噛めばわかる。かすかに青臭くて、まさしく新鮮な初夏のトウモロコシなのに、大味なのよ。あー、日本が恋しい。日本のトウモロコシが食べたい。

有機野菜が本当に体にいいかは別として、有機野菜って味がはっきりしてるものが多くないですか?私は味がはっきりくっきりした野菜が好きなので好んで有機野菜を買うのです。せっかく新鮮なトウモロコシなのに、こんなに大味ではね。

しかし、機内食ではほぼぜったいないことがあった。

ご飯の中に砂があったのです。

・・・

・・・

ご飯を食べると、じょりっと、これぞまさしく「砂を食む」としか言いようのない感触がありまして。ぺっと皿の上に出しますが、何かあるようではないし。細かい砂なんだろうな。精米するときに砂が入ったんでしょう。あーまいった。不潔。

20人民元のちょっと早めのご飯でした。ここ、もう嫌だ。

ホステルに戻って、洗濯が終わっていたので乾燥機にぶちこみました。
⇒YHAリバーサイドホステルは行くだけで疲れたけど、ホステルはおすすめ
▶︎2015年4月 広州女一人旅 もくじ に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする