台北でiPassをチャージするならコンビニへ [2015年 11月・12月 台湾女一人旅] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

台北でiPassをチャージするならコンビニへ [2015年 11月・12月 台湾女一人旅]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

iPass=高雄、ヨーヨーカー=台北。

しかし、台北でもiPassが使えるようになりました。2015年6月ではバスではiPassが使えなかったのよねえ。で、2015年11月・12月はiPassがいくら入ってるか忘れていたので、どうしようかと思って、結局コンビニで支払うときにiPassを出して50元入っていたのがわかりました。

台北のコンビニでカードを出すとやっぱりヨーヨーカーと思われるのです。よく見ると、ヨーヨーカーとiPassと、決済の機械が別になっています。「かおしょんだ」と高雄の、って言いました。

ヨーヨーカーはMRTでチャージでき、よくここのチャージャーを使いました。機械によってはコインも投入できるので使いやすいのです。

しかし、iPassを入れてみると動きません。ほー。

日本だと、ICOCA、Suicaといろいろありますが、Suicaチャージできるところでは同じ機械でICOCAのチャージも可能ですよね。ところが、台湾ではそのような互換性はほぼないようです。

なので、やっぱりiPassは高雄で、そして台北で使うならヨーヨーカーですよ。もしも台北でiPassをチャージするならコンビニが確実ですね。きっとヨーヨーカーと間違える店員もいるので、「かおしょんだあいぱすら」とか言った方がいいと思う。

おそらく高雄でヨーヨーカーを使おうとすると、iPassと間違われることもあるだろうし。

2016年中にこういうところも統合されるといいのですが、とりあえず、iPass=高雄、ヨーヨーカー=台北の図式は変わりそうにありません。

Copyrighted Image