台北:山水閣ホテルから雙城街夜市 周辺まで [2019年7月 台北旅行] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク
Klook.com

台北:山水閣ホテルから雙城街夜市 周辺まで [2019年7月 台北旅行]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

山水閣ホテルにチェックイン。

その後ぶらぶらして雙城街夜市の方まで行きました。そこで、水餃子を食べたり⇒八方雲集で水餃子。台湾で初めて餃子を食べたけど安くてうまかったよ!!!、勝立生活百科に行ったり⇒ようやく勝立生活百貨に行ってみた

マンゴーを買って帰って、今度はOSMO Pocketで撮影しました。なので昼間(といってももう17時くらいだけど)と、夜が同居。

広告—————————-

台湾はあまり大きな島ではないので、やろうと思えば、台北と高雄を日帰りすることもできます。しかし、台北駅・南港駅・板橋駅以外は不便なところにあることが多いので、日本のような感覚で移動しようとすると大変なことになるので要注意。KKdayで割引切符を買ったことがあるよ!
kkday【左營駅(高雄)発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道) ※外国人限定
こっちも見てね!⇒高鉄(台湾新幹線)の切符の買い方&乗り方。外国人限定の割引もあるよ!

パスもあるよ!
kkday【とってもお得な乗り放題】台湾新幹線パス※外国人限定
KKday 【外国人限定】お得な台湾高鉄・台湾鉄道5日ジョイントパス

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

雙城街夜市

雙城街夜市とは、別名「雙城美食一條街」。一応、24時間どこかのお店がやってるみたい。2011年に一度朝、油條と豆乳を買いに行ったのがこのエリアだったはず。

双城夜市

ここは「美食」というだけあり、他の夜市にはなくはない、ゲームめいたものは見当たりませんでした。夜が遅くなると出てくるのかもしれませんが。がっつり「食」。

しかしながら、お腹が決して強くはないので、私は食べずじまいです。

すぐ近くに、晴光市場もあります。こっちは屋根がついてた。(私がOsmo Pocketをつかいこなせてなくて、うまく保存できなかったんだよね)

晴光公園

撮影ポイントは、晴光公園です。

公園

遊具があって、子供達が遊んでいました。まだ18時すぎくらいだからそんなに遅い時間ではありません。暑いから夕方から遊ばせるのかな。

向かい側にも公園らしきものがあります。遊具はないけれど。

公衆トイレめいたものもあったりするんですけれども、人気もなければ明かりもないので、夕闇の中近寄るのがはばかられる感じ。周辺は人はたくさん往来しますが、悲鳴をあげても、いろんな音にかき消されるだろうという雰囲気です。お子さんづれで「夜市」で連れてきたときにはご注意あれ。

ホテルの裏を回ってぶらぶら歩いていると、この晴光公園の手前にこんなの。へー。

公園の近く

この近辺の雰囲気は、YouTubeにあげたのでこちらでどうぞ。

この周辺には食べるところは山のようにある

無理に「夜市」で食べなくても、この周辺には食べるところは山のようにあります。

例えば、私が水餃子を食べた「八方雲集」もありますし。

八方雲集

八方雲集の斜め前にコインランドリー。そして目立つ勝立生活百貨。

勝立

すぐ近くに欣葉の支店があって、17時ではまだやってなかったようで。

欣葉

農安街と林森北路の交差点までいくと、スーパーマーケットが三軒あったり。

林森北路

行き方など

一歩中に入ると便利なエリアだし、ホテルも何件かありますが。

大通りから荷物を持って入りたいと思えるところではないのね(車やオートバイがスピード出してるから)。

まだ日があるうちは中山北路から脇道に入っていくのも面白いですよ。中山北路側には、「晴光商圏」と看板がでているところもあります。そのまま、東側に奥に入っていくとこういう感じのところに出るというわけ。

ただし、暗くなってからは、退屈だけど、まっすぐ南下して民権路(アロフトの脇)に出る方が安全かと思います。アロフトの脇には、雙城街夜市って看板が出てたような記憶がある。

Copyrighted Image