スポンサーリンク

ヨーロッパ用周遊ローミングSIMなら、事前にAmazonで調達できるよ![2019年版]

私とっては納得できる値段で売っているならば、事前にプリペイドSIMを買って使うのが、安くて早いベストソリューション。もしくは現地で買うし、一人旅なら、手段は複数持つ。それがそれなりにプリペイドSIMを使ってきた私の結論です。

私はSIMロックされていないスマホを二台持ってます。こちらもどうぞ。⇒日本のZenfone3を海外に持っていくときの挙動。やはり海外に行くなら「手段」は2つ以上あるといい

でも、こういうものの扱いに慣れておられない方、設定が自分ではできないという方にお勧めなのが、レンタルのポケットWiFiです

世界中でインターネット!グローバルWiFi

以下は、慣れれば安くてお手軽で安全な、外国のプリペイドSIMの世界です。

チャレンジしてみる?

広告—————————-

KKdayさんに、台湾・香港&マカオ・韓国で使えるクーポンを出していただきました。

台湾、香港&マカオ、韓国の、特定の商品限定ですが、5%オフのクーポンを発行していただいています。

クーポンコード:ANEGO201906
ご予約期間:2019年6月24日〜2019年8月31日
ご利用期間:2019年6月24日〜2019年12月31日

今回は一つのアカウントで一回しか使えないから、賢く使ってね!

対象商品はこのページで見られるよ。
KKday

詳しくはこっちの記事で⇒期間限定!KKday & 姉御の一人旅ガイドタイアップ企画 第二弾!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

ヨーロッパは空港のブースで購入すると高いことがあるよ!

前回はウィーン空港でオーストリアのSIMを購入しました。⇒「3」のプリペイドSIMをウィーン空港で買う

ウィーン空港

空港という場所代というか、お姉さんにセットアップしてもらって一枚15ユーロです。空港プレミアム付き

陸路ミュンヘンに行き、こっちは路面店で購入しました。⇒ミュンヘンでTモバイルのSIMを購入する

セットアップはお兄さんにやってもらって、10ユーロぽっきりです。当時はEU圏内でもローミングしなければならなかったのですが、このTモバイルのSIMは乗り継ぎのコペンハーゲンでもローミングできました。

この、空港価格というのは、ウィーンだけでなくて、ヨーロッパ全体に言えることです。tripadviserなどを見ていると、「空港で買っちゃだめ。100ユーロ払ってほんのわずかしか使わないことはよくある」と書かれていることがあります。

まあ、そういうもので。市内に行けば良いのよ。ミュンヘンと同じでしょうね。ただ、SIM探しをしなければならないし、それなりに時間を取られてしまいます。さらに、一番欲しいところが空港からホテルまでときた。

日本に住んでいる我々、東アジアならまだ「次回もあるし経験値積んでおこう」と思えますが、私の場合、ヨーロッパでは「次にくるのはいつだよ?来たときはまたプランが変わってるよね?」の旅行なので、時間はそのまま真っ直ぐコストです。

また、2017年夏以降、テロ対策でプリペイドSIMが買いにくくなっているとの話も出ています。空港に必ずしもキャリアの店舗が入っているわけでなく、かつ、身分証の登録などがないとアクティベートできない、とかね。英語で書いてあればまだしも、ドイツ語フランス語だけだったらアウト。

プリペイドの周遊SIMを一枚買っておく

現地のプリペイドSIMでネットに繋ぐのを前提にしていると詰んでしまう可能性もあるので、そういう人は先にAmazonで買ってしまうのが一番だと思いました。で、現地のSIMを割安な市内の店舗で購入すると。

Amazonで探すと3UKのSIMがある

で、Amazonの出番。

いくつか、「世界各国で使えます」というSIMもあるのですが、販売業者さんに一枚いただいたAISのアジア周遊ローミングSIMが良かったし⇒韓国に行くならタイのプリペイドSIMが安くて使いやすい!、周遊ローミングSIMの方がいいのではないかな、と思いました。

調べると、3(イギリスの本家)が出してます。

3 UK

こういうところがイギリスよね。注意が必要なのは、私が購入した1GBものは、期限が書いてなかったし、4月に購入して、どうも7月31日が期限だったらしいんです。(代わりに使っていただいた)できれば、よく見て期限の書いてあるお店で購入するのがオススメ

以前ヨーロッパに行こうと思って購入したのが1GBでした。

上のAmazonのページですが、3GB、12GBも同じページにあります。私は色々買おうと思っていたので1GBにしていますが、うちのリンクからの売れ筋は3GBです。2018年7月現在、音声通話・SMS・テザリング不可。

このシリーズはテザリング不可だと書いてあるものがほとんどなのですが、 同じく3 UKが出しているSIMに「通話可」「SMS可」「テザリング可」というものもある。私だったら、こっちを買うと思う。12GBだけど、2480円ならいいじゃん?みたいな。


値段と販売業者次第ですが、ワイズソリューションズとジャパエモから私はSIMを買っていて、この二つはまあ、いいんじゃないかと思ってる。

使える国は、ヨーロッパに限定すると、

[ヨーロッパ]

ドイツ フランス イタリア スペイン スイス ベルギー オランダ ギリシャ ポルトガル スウェーデン ノルウェー フィンランド デンマーク アイルランド ポーランド ラトビア エストニア リトアニア ルクセンブルグ ハンガリー アイスランド チェコ オーストリア クロアチア キプロス ブルガリア ルーマニア スロバキア スロベニア リヒテンシュタイン マルタ ジブラルタル マン島 チャンネル諸島 アゾレス諸島 オーランド諸島 バレアレス諸島

3GBで3000円なら、悪くないのではないかと。

ヨーロッパ以外は販売ページで見てみてくださいな。中国は入らないのでご注意を。

レビューを見ると幾つか注意点が散見されます。個人的に重要なポイントを列挙すると

  • ローミングでは3Gのみ
  • Paypalをつかえば、英国発行のクレジットカードを使わなくてもチャージできる
  • LTEはBand3とBand20

なるほど。

使うSIMは市中で購入するとして、それまでのつなぎとして1GBのものを購入しました。⇒3 UKのヨーロッパ周遊SIM Pay as you go を購入しました

オランダKPN

WeChat Goとあるのだけど、どうも、オランダKPNが中国向けに出しているようで。


ライトにしか使わないならば、これでもいいかも。通話&テザリング可能。

イギリスEE

もいっちょ、イギリスの会社、EEのSIMも最近売れています

実は、ヨーロッパ大陸でSIMが買いにくなったという話が出ていた頃、EU圏内はそのままのプランでローミングできるようになったので、今の所まだ離脱したわけではないイギリスのSIMはEU圏内なら特に周遊プランでもなくても使えるわけですよ。

3UKの方が割安だとは思うんだけど、テザリングできるんですってよ。
これは音声通話不可。

以前はEEの音声通話ができるSIMも扱われていたんだけど、なくなっちゃったのかしら。

やはり、ユニコム

一つ考えられるのがユニコム香港。

1GB=3500円とフランスのものよりは安いが、そんなに安いものではないですね。しかし、バックアップ用には悪くないのではないかと思っています。
(ユニコムの香港・中国SIMもテザリングができるし、ヨーロッパものもテザリングできるのではないかなーと期待)

きたー!AISきたー!

AISはやらないのか、と思ったらきた。
そして、販売は安定のワイズソリューションズさん。

国名を挙げておられることがあるけれど、やはり周遊SIM。一応、ヨーロッパ&アジア周遊だそうです。テザリングできるといいのよねえ。

「AISアジア周遊プリペイドSIMにヨーロッパ、アメリカなどが利用国に加わった最新版です。」とのこと。

(なお、日本でも韓国でも台湾でもテザリングができましたし、ヨーロッパでもできるのではないかと期待しますがわからないねえ)

対応国は以下のとおり。ただ、最新のものをチェックしてね!

■■■利用可能国■■■
【ヨーロッパ】
イギリス  イタリア  オーストリア
オランダ  ギリシャ  スイス
スペイン  チェコ  ドイツ
ハンガリー  フランス

【アジア】
インド  韓国  カンボジア
シンガポール  台湾  日本 中国
ネパール  フィリピン  香港
マカオ  マレーシア  ミャンマー
ラオス

【オセアニア】
オーストラリア

【アメリカ】
アメリカ (サイパン・グアムは除く)
カナダ

【中東】
オマーン  カタール

ということはですね。

私が2014年7月にやった、台北経由のオーストリア、ミュンヘン&コペンハーゲン経由の帰国、というやつでも、台湾にオーストリアとドイツはこれでカバーできます。最後のコペンハーゲン(デンマーク)はカバーできませんが。

また、中東経由のヨーロッパ便も安いですよね。カタール航空とエミレーツなら経由地でもこのSIMが使えるのではないかと期待できます。

良くない?良くない?

フランスのMVNO LeFrench

フランスのMVNOの、LeFrenchのSIMです。

利用開始後15日以内に本人確認手続きを行う必要があります

とのことですが、15日以内の滞在なので問題なしだ。

レビューを見ると注意点がいくつか

  • 3G&テザリング不可
  • ドイツ・オランダは”Plus”のみ(?)

ちょっと割高。
EU28ヶ国: オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、イギリス

というわけで、ヨーロッパ周遊を考えておられる方も、SIMフリーのスマホがあれば、事前に周遊SIMを購入しておけば良いのではないかと思われますよ。

モベル

これはイギリスのサービスなのではないかなあ。

周遊SIMかつ、世界のかなりの国で使えるようなのですが、注意が必要なSIMです。

  • 30日間の使い切り(延長可:税込7,992円/30日間・無料1GB付き+1GBの余りは繰越可)
  • SMS&高品質な音声通話も使える(SMS受信及びイギリスでの着信料金は無料)
  • 回線開通作業があります(3営業日かかります)
  • 例えば日本や、アメリカ・オーストラリアでデータ通信を利用するためには、1日ごとに900円かかるので注意が必要
  • ヨーロッパの主要国では、900円/日の利用料はかからない

なので、いろんな国で使えるとはいっても、実質ヨーロッパでしか使いようがないし、かなり割高です。

ただ、テザリングが可能なので、もしも3やAISが売り切れている場合にはよろしいのではないかと思います。

通話専用のSIMもあります。これはこれで、デュアルSIMモデルではそれなりに便利かな?と思った。

念のためにVPN

現地のSIMを購入するなり、周遊SIMを購入するなりするとしても、念のためにVPNを入れておくと(比較的)安全にネットに繋げられると思います。

私はこれを使ってる⇒HotSpot VPNはプレミアムにしました。これで当分期限を気にせず使えるはず

これも必要。充電器。ヨーロッパ用のコンセントプラグ持ってますか?

ヨーロッパは、イギリス以外、ふた穴のC。

下の写真なら、一番左。ウィーン空港で購入しました。特に用意する必要はない。一つだけなんだけどなあ。

アダプター(充電器)

イギリスは、上の写真で一番右です。

もしもお持ちではないならば、安全なものをというならば、これがいいと思う。私も買い足してる。

Apple Appleワールドトラベルアダプタキット MD837AM/A

Apple Appleワールドトラベルアダプタキット MD837AM/A

2,905円(08/21 10:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

これは上の写真の左二つの、Appleの四角い充電器がないと使えないから。こっちも。

アップル 12W USB電源アダプタ MD836LL/A

アップル 12W USB電源アダプタ MD836LL/A

1,864円(08/21 10:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

(Amazonもしくは家電量販店から購入するのが正解だよ!)

私は面白いおもちゃも買って使ってる。もちろん、この中にヨーロッパ型のCも、イギリスのもある。
plugbug
⇒外国での電源確保?心配が減るよ、USB充電器ならね。PlugBug World使ってる

Copyrighted Image