フリマアプリで外国の交通カードを買ってしまうかな? | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

フリマアプリで外国の交通カードを買ってしまうかな?

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

お友達が(初めて行くので)某交通カードをメルカリで買おうかなーという話をしておられました。

そっかー!と気がついて、サーチしてみた。
交通カード

あるわ、あるわ。メルカリにもラクマにもあるわあるわ。

バンコクのラビットカード、香港のオクトパスカード、台北のヨーヨーカー、韓国、上海、ロンドンオイスターなど結構あります。

ただ、広州のカードのようなものはなかなか見つけられない。

なのでね、行く前に事前に調達しておくこともできるんだなーって思いました。

買うときの注意

メルカリにせよ、ラクマにせよ、ヤフオクもだろうけれど、「本当に私物っぽいものを売ってる人」から買えば、そんなに偽物をつかまされにくいのでは?と思ってる。業者さんは逃げられるからねえ。

もう一つ注意すべき点は、めちゃくちゃな人がいること。

例えば、香港はオクトパス一つですが、台湾はヨーヨーカーと一通卡がある。ここをミックスする人は少なかったのだけど、韓国は注意が必要かな?と思いました。

すごくたくさん出品されていたのが韓国です。Tmoneyと Cashbeeと二つらしい。Cashbeeと写真にはあるのに、文字ではTmoneyと書いてあったのも見た。わざとミスを誘っているのか、先方の単純ミスなのか、思い込んでいるのかわからないけどね。どこまで互換性があるのかが私にはわからないし、いい加減だなーと。こういう人は他のこともいい加減だろうから、他のものも購入するのも、売るのもおすすめしない。ブロック推奨。

また、韓国は好きな写真を使ってTmoneyを作ることができるようで、そういうオリジナルTmoneyを売っている人もいないわけではないです。そこにフェイク、つまりただのプラスチックの板が入り込む可能性があるかなーと。そこは、評価の中を見てみて判断しよう。

履歴が見られるカードのやりとりには要注意(特にヨーヨーカーやオクトパス)

アプリで履歴が見られるものがあるんですよ。ヨーヨーカーオクトパス。アプリで履歴が見られる最大のメリットは交通カードにどれだけ残っているのかがわかる点です。使いやすいのよね。

買うときは、前の人の履歴なので気にしなければ、なんですけど、下手したら履歴が売主にアプリで見られちゃうかも。

オクトパスはかざさないと細かいところは見られないので他人から渡されても近くにいなければ見られないのでそんなに問題ないかもしれないけれど、アプリに入れちゃえばこの三ヶ月間使ってるかどうかは見られるのでちょっとキモいかも。

ヨーヨーカーは翌日にアプリに反映される(つまり、リアルタイムじゃないが反映される)ので、売り主にアプリで見られる可能性がある。行動範囲=おおまかなホテルのエリアがわかっちゃうわけよ。変な人もいるからさ。

台湾のIC交通カードなら、アプリがないと思うので一通卡の方が安全かも。

売るときはねえ。オクトパスやヨーヨーカーのように履歴が見られるアプリがある場合は、見られるから私は気持ち悪いと思う。気にならないなら売れば?と。

韓国に行くか行かないかまだ決めてないんだけど、メルカリに微妙な額があるんで新品のものを買っておこうかなー。というわけで、注文しました。良い感じの方だったので、本物だろう思ったら、本当に本物でした!良かった。

そして、私も(残高0ウォンです)って書いて2枚売ったの。3枚もT-Moneyはいらないから。

香港空港到着の場合だったら、到着フロアのブースでオクトパスを受け取れるので、KKday経由で用意するのが結構お勧め。⇒香港:公共交通機関の発達した香港では、オクトパスカード必須!Apple Payにも入れられるよ!

仁川空港の場合はねえ。Tmoneyは私が買った時は出発フロア、それも端っこまでいかないとならなかったのであんまりお勧めじゃない。⇒T-money カードで地下鉄に乗りました。

Copyrighted Image