スポンサーリンク
OCNモバイルONE/OCN光

水原華城ツアー。やはり地方はオプショナルツアーに限る [2019年9月 ソウル旅行][世界遺産][モニター]

広告—————————-

2017年に、KKdayさんに台湾の、ヴォランド・ウーライというリゾートホテルで温泉体験をさせていただきました。 kkday 【烏来 ・日帰り温泉】ヴォランドウーライの大浴場入浴(お食事付き)
食事は薄味の味付けで、素材の味を楽しむことができましたよ。こっちも見てね!⇒台北から日帰りできる温泉地、烏来。ヴォランドウーライで美肌の湯&ステーキ!

スパもありまして。
kkday【【台北・烏来】ヴォランドウーライ:スパ・マッサージ+お食事セットプラン

もちろん、宿泊も可能。
Expedia ヴォランド ウーライ スプリング スパ アンド リゾート (馥蘭朶烏来渡假酒店) Volando Urai Spring Spa and Resort

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

ツアーで体験させていただきました

今回のソウル行きの目的の一つがDMZツアーで、もう一つが世界遺産めぐり。水原華城に行ってみたいなあって。

水原華城 舗楼

私はハングルが読めないし、水原華城には行ってみたいけれど、ここに行くためだけに学ぶだけのモチベーションはない。というわけで、一人で行くのが大変だろうなあと、ツアーにせざるを得ませんでした。

KKdayさんをはじめ、多くのオプショナルツアーでは二人以上の参加が前提でねえ。水原に限らず、韓国のオプショナルツアーは二人からというものが多かった。

その中で一人参加ができたのが、KKdayさんで扱っている、Hana TourのEGシャトルバス催行のものしか私は見つけられず。それで、KKdayさんに体験させていただいたというわけです。

KKday【京畿道】ソウルと京畿道の観光地を結ぶEGシャトルバス・Bコース

b

広大な華城の全体を回れたわけではないし、行宮には入りもしなかった(バスで前を通っただけで撮影すらできてない)ので多少残念ではありますが、一人で自力で行くと到着するだけで疲弊して動けなくなっただろうな、と思って。一泊すると荷物を持って移動するだけで疲労困憊することも目に見えてますし。

また、ソウル市内まで寝ながら帰れるって本当に良い。

ガイドさんは英語と日本語ができる方で、私はやっぱり英語よりも日本語の方が得られる情報量が多くなるから、これで正解だったのでありましょう。

スケジュール

カメラの履歴から見た、タイムはこんな感じ。

08:50 SM免税店出発
10:30-11:35 水原華城
11:45-12:20 水原伝統市場
13:00-15:45 韓国民俗村
17:20 弘益大学到着

SM免税店

コネストの地図が漢字だけ、で周辺はハングルだけ、で????になったんですが、SM免税店の角でちょっと迷ってしまい。SM免税店はどこでしょうか、と歩く人たちに聞く羽目に。三人目で「あそこですよ、見えるところまでお連れしますよ」と教えていただけました。ありがとうございます。

こういう、愉快な模様のビルを目指しましょう。
SM免税店

もしくは、向かいにある「センターマークホテル明洞」を探した方が楽かもしれない。
agodaセンターマークホテル明洞

とはいっても、集合時間一時間前に東大門を出た私。到着は早くて、「はえーよな・・・」と免税店のあるビルに退避してたんですが、しばらくしてちょっと出てみると、すぐに「○×△□」と話しかけられて、私のスマホに日本語があるのを見て「いるぼんぬ」「いるぼんぬ」と言われて、日本語・英語の担当の方がお越しになりました。ずっと立ってりゃ良かった。

話しかけた方は、中国語担当でした。中国語初心者なので、中国語と気づくのにワンテンポ遅れる。

バスは、免税店の正面ではなく、免税店に向かって左側。ランニングマンがいる方の、脇に止まっています。

hana tour

実は、ホテルが「南大門歴史文化公園」だったのですが、鐘閣駅にいくまでに乗り換えの階段がきつくて、一本で行ける「弘大」にしておく方が楽だったのではないかなと思ったのは後のこと。

弘大

帰りはソウル市内が渋滞しますし。どこにいくにしても、弘大(ホンデ)で降りて地下鉄、というのが一つの手でした。ホテルに帰るにしても、乗り換えなしですし。

民俗村を出て、「ホンデで降りられますか」とうかがうと、降りられると言われたんだけど、実は全員降ろされちゃった。中国語グループが???ってなってて、中国語ガイドさんが「あっち行ったら駅だから」と言うのに従いました。

行きに駅のコインロッカー(あるのか?)に大きな荷物をあずけて、というのはやめた方がよさそうだよ。

水原華城

水原華城は、城郭都市。(丸いのは、宇宙船でもプラネタリウムでもなく、気球。お金を出して乗れるものですが、このツアーではそういう時間はない。)

練武台

なかなかかっこよかった。自力でここまで来られればなお面白かろうと思いましたが。⇒水原:水原華城は広大な城塞都市

水原伝統市場

伝統市場なんか興味ないやい!の世界遺産組、ちょっと待った。

八達門

水原華城の八達門周辺に広がった闇市が起源なんだもの。これを見ないわけにはいかない。⇒水原伝統市場で唐辛子の山を見る

韓国民俗村

ランチがここ、韓国民俗村です。いろいろ、李氏朝鮮時代の庶民の家が再現してありました。

韓国民俗村 ホンシム

時代劇ドラマのロケ地か、つくりもんかい!と思った君(過去の私)。

庶民の家なんてほとんど残ってるわけないんだから。行ってみると、ここにもかなり満足しました。いわば、自分一人なら行こうとは思わないから、オプショナルツアーの良さでしょうか。

お土産ポイント

お土産ポイントらしきところは、韓国民俗村もそうですし、伝統市場もそうですね。

ご一緒したフィリピンの皆さんは伝統市場でフルーツを買っておられました。バスの中に置いておけばいいです。

ソウルでスーパーマーケットには行けなかったので相場はわかりませんが、日本人の目には実際に安いなあって思いました。ただ、彼らは人数がおられるので、捌けるんですけれども。一個から購入できるわけではないので、ひとり旅の姉さんは買わず。(実は、リンゴを買いすぎた!というガイドさんにリンゴを一ついただきました。ホテルでおいしくいただきました。)

民俗村でも何も売り込みのようなものも一切ありませんでした。この点も安心できるかと。

今回体験させていただいたのはこのプラン!
KKday【京畿道】ソウルと京畿道の観光地を結ぶEGシャトルバス・Bコース

Copyrighted Image