明日香:明日香村埋蔵文化財展示室と、飛鳥水落遺跡・石神遺跡 [2020年10月 Go To奈良] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

明日香:明日香村埋蔵文化財展示室と、飛鳥水落遺跡・石神遺跡 [2020年10月 Go To奈良]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

今回のGo To奈良のメインは明日香村。

橿原・桜井・明日香と結構いろんな展示施設があり楽しませていただきました。明日香村埋蔵文化財展示室は、明日香村の施設なんだろうなあ。

この周辺、最寄りのかめバスのバス停ならば「飛鳥」。

広告—————————-

2019年7月に、KKdayさんで、A'CHRON(艾珂菈 アクロン)という、台北101の35階にあるアロママッサージのモニターをさせていただきました。
KKday 【台北101絶景スパ】A'CHRON(艾珂菈)アロママッサージ利用チケット
ホットストーンがとても気持ちが良かった。
⇒台北:台北101でアロママッサージを受けよう

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

明日香村埋蔵文化財展示室

今回の明日香村埋蔵文化財展示室は。じゃん!

明日香村埋蔵文化財展示室

ん!?!?

「明日香村観光開発公社」のテントの横にカーテンの引かれたところがありますけれども、ここなんですよ。

中はどなたもおられなかった。

でも、見て悪いわけではないようなので見せていただくけれど、写真撮影していいかわかんなかった。内容としては、万葉文化館と飛鳥資料室が実に充実していたのもあって、ちょっと微妙かな。

うむ。

ここ、左側に切ってるけれども、農産物販売所のようなところがあったの。駐車場と農物産販売所をがメインなのね。ただし、入り口のこっちはご覧になるといい。って興味のある人は少ないかな。

明日香村埋蔵文化財 飛鳥寺礎石

日本で最初の本格寺院、飛鳥寺の講堂の礎石です。飛鳥寺は、平城京遷都に合わせて奈良に移り、元興寺に。元々のここ、明日香の飛鳥寺は規模がかなり縮小していますが、推古天皇時代の御本尊は残ってます。

明日香村埋蔵文化財展示室 |村内施設情報

飛鳥水落遺跡

駐車場の周辺に、しれっと飛鳥水落遺跡があります。

飛鳥水落遺跡

なんじゃらほい。あまり大きな建物ではなかったのではなろうかと。

あと、こんなのがあるんです。

飛鳥水落遺跡 謎

実は、これ。中大兄皇子が作らせたという、漏刻の跡ではないかと推測されています。

飛鳥資料室に詳しかったよ。

日本の“時間”は飛鳥で始まりました! | ブログ | 飛鳥資料館|公式サイト

実際に行くメリット

それでも、実際に見て良かったなあと思うのね。

理由は「大きさ」。

屋外で見ると、めっちゃ大きいじゃん、とか、案外大きくないのね、とか。そういうところかと。

それを連想させるような、柱の立て方をしてありますし。

飛鳥川が近いから水を引いてきやすいんだろうなとか。

でも飛鳥川は「淵は瀬になる」で有名で、平安時代を通して常ならぬ世、常ならぬ人の心を表わしますわよね。

石神遺跡

ついでにもう一つ。石神遺跡。

こっち水落、あっち石神。

飛鳥水落遺跡 石神遺跡

明日香村埋蔵文化財展示室の裏側に石神遺跡があるんだよ。

石神遺跡

飛鳥時代って、巨石文明の時代でもあり。

特に天智天皇・天武天皇の母、皇極天皇(=斉明天皇)の時代のものが結構残ってんですよね。上の、水落遺跡だって、太子時代の中大兄皇子(=天智天皇)が、であって、時代的には斉明天皇。

その一つ。須弥山石が発掘されたのがこの石神遺跡です。

ただ、特に石神遺跡には行かなくてもいいと思うの。だって今は何も見えないようになってるから。

石神遺跡 場所

飛鳥資料室へ行くべし。

聖徳太子御生誕の地?

飛鳥寺から甘樫丘側にいくときに、飛鳥川を渡る橋のたもとに御生誕の地の石碑がある。

どうなんでしょうね。

このエリアは飛鳥寺もそうだし。蘇我氏ゆかりのエリアではある。

厩戸皇子の父・欽明天皇の生母は蘇我稲目の娘の蘇我堅塩媛。厩戸皇子の母・穴穂部間人皇女の生母も蘇我小姉君で蘇我稲目の娘。(欽明天皇と穴穂部間人皇女は用明天皇の異母兄妹だけど、その母親たちも姉妹だったということ)

なので、厩戸皇子がこの近辺で生まれててもおかしくはない。そして、飛鳥川は今日の淵が明日の瀬になるような川と、ずっと「常ならぬ世」の歌枕になってたような川でしたから。

Copyrighted Image