プリペイドカードって、結構使える! | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

プリペイドカードって、結構使える!

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

私はもともと現金はあまり持ち歩かない人で、5000円くらいしか持ち歩きません。クレジットカードカード決済多めです。

カード

クレジットカードは、キャンペーン・ポイントにつられてぽこぽこつくるのはお勧めしないよ!あくまでも自分の管理ができる限りにしよう。私はこの4枚です。

このうち銀聯カードはANAカードの付帯なので、結局3枚ということ。付帯カードを抜いて5枚以上ある人は何枚かリストラするのが、自分の管理コストが下がると思う。

これを見るとわかると思うけれど、このチョイスの目的は「航空マイルを貯める」です。おかげで年に二回エコノミークラス 特典航空券で台湾に行って遊べてたんだもん。2019年までの私にとってはこのラインアップが一番だったと思う。

ふだんは、もともと、

  1. 財布に入れて店舗で使うANAカード(平マスターカード)
  2. iPhoneに念のために入れるJALカード(クラブA)

を持ち歩きます。このスタイルは飛行機を使わない国内旅行中も同じですね。

JALカードはクラブAで、ゴールド会員じゃないのに、変な色だから財布に入れて使うのは嫌なの。

田舎暮らしだと、オンラインショップは命綱的なところがあるので、変な色のJALカードは電話代だの水光熱費だのの支払いとオンラインショッピング専用的なところがある。

旅行中だと、

  1. 乗る飛行機の航空会社に合わせて、JALカードかANAカードを財布に入れる
  2. 海外(最近は台湾多め)で現地決済するときは、ANA銀聯カードのことが多い(与信枠が10万円&6桁暗証番号でセキュリティ的にも安心)
  3. 財布に入れない方はスペア
  4. ラウンジ用にセゾンゴールドアメックス

という具合です。

詳しい話はこっちに⇒姉御のクレジットカードの使い分け方を公開するよ!

ただし、最近見直してるのがプリペイドカードです。

広告—————————-

2019年9月に、KKdayさんで「SPA 1899」のスパを体験させていただきました。
KKday 【日本語対応可能】ソウル 正官庄スパ・ジー/SPA 1899 明洞店(平日チケット)
KKday 【日本語対応可能】ソウル 正官庄スパ・ジー/SPA 1899明洞店(週末券)
人気店だからか、平日と週末と料金が異なります。飛び込みはほぼ無理だと思うんで。予約しよう。
⇒ソウル:SPA 1899 明洞店。トンインビでお肌ぷるぷる

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

プリペイドカードの良さとは

JCBやマスターカードブランドのプリペイドカードがいくつかあるけれど、プリペイドカードって結構安心して使えるのよ。

Line payカード

ただし、クレジットカードでチャージしてもポイントがつかない、プリペイドカードで決済しても決済ポイントがつかない、ポイントがついても低い、下手したら手数料を取る、うまく使いきれないと死金になる、というところがないわけではないので、注意してね。

不正利用されても、額がしれてる

基本、その都度入金することにしておけば、ホテルその他は事前決済を前提に旅行中でも5万円くらいしか入れておかないからさ。

不正利用されてお金が戻ってこなくても、怖いし悔しくてしょうがないだろうけれど、諦められない額ではないよね。

しかし、これが与信枠いっぱい(私はあまり大きくなくて70万円)不正利用されてごらんなさい。手はブルブル足はガクガク不眠になりかねない。

3Dセキュアさせないオンラインショップでも安心してカード情報を置いておける

2020年は、実はクレジットカード情報が流出した恐れがあるということで、JALカードの番号が変わりました。⇒流出に巻き込まれて、クレジットカードの差換え→やはりカードは複数作っておくべき

今回は「流出の恐れ」なのでどこのお店かは伺ってません。ただ、使い方から考えると、オンラインショップだろうなあって。

楽天やアマゾンを中心に、比較的しょっちゅう使うお店は、カード情報をマイページに保存することになるんですよね。嫌だったんでできる限り削除するようにしてたんだけどねえ。

電話代その他月々の支払いをカード決済にしているので、流出するとこの手続きが面倒だったのよ。今回は幸いにも番号を引き継いでくれるようになっていたようで、楽だったけど。

もちろん、中にはプリペイドカードでの決済をさせてくれないオンラインストアもあります。

実際に、不正利用されたクレジットカードで商品を詐取する詐欺事件が発生しています。3Dセキュア認証できないカードは使わせないというのは一理ありますよ。

3Dセキュアさせないショップは利便性を考えてるのだろうけれど、安全性は低いような気がするのね。3Dセキュアの設定がない店って、みんな知ってると思うから、名前を出しちゃう。Amazonと楽天市場だよ…みんな結構カード情報を入れっぱなしにしてない??アカウントの乗っ取りにあった場合でも、プリペイドカードだったら額が知れてるでしょってことよ。

だから、3Dセキュア認証をさせてくれるところなら、そのままクレジットカード決済を選択できます。

あ、dカードプリペイドなら、3Dセキュア認証の設定もできますよ

インターネットショッピング本人認証|dカード プリペイド|クレジットカードの三井住友VISAカード
dカード プリペイドのインターネットショッピング本人認証のご案内。年会費無料、審査不要でご購入後すぐにご利用可能!ご利用金額に応じてポイントがたまるのでおトクです。プリペイドカードなら三井住友VISAカード。

中高生は、お金を借りられないプリペイドカードがベストだと思う

私の友達にも、親元を離れて超進学校に行く方もおられました。寮生活したりするわけです。

高校生ならクレジットカードの家族会員で使えるけれど、中学生でも使えるというのは聞いた記憶がない。プリペイドカードで、JCBやマスター、ビザのブランド入りのものは12歳以上なら、というものがいくつかあります。

私の持ってるdカードプリペイドがそうです。

dカード プリペイド|クレジットカードの三井住友VISAカード
dカード プリペイドのご案内。年会費無料、審査不要でご購入後すぐにご利用可能!ご利用金額に応じてポイントがたまるのでおトクです。プリペイドカードなら三井住友VISAカード。

実は、この「姉御の一人旅ガイド」に、「中学生から持てる」というキャッシュレスサービスの記事を書いて欲しいという依頼があったことがあります。サービス名は出しませんが、「手持ちがなくてもアプリで前借りできる」という点を中心に書いてください!って。つまり、お金を借りられる仕組みになっていて、とてもじゃないですが未成年にお勧めできる商品ではありません。うちの読者さんたちに「お母さん」は少なくないのに、書けるわけないじゃん?だから名前も出したこともないよ。

それに対して、 私が持っているdカードプリペイドや、Line Payプリペイドカードだと、お金を借りることはできません。

プリペイドカードならば、コンビニATMでお金を下ろし、プリペイドカードにチャージして使うスタイルを想像すればいいと思う。

ただ、私が実際にやるように、dカードプリペイドにクレジットカードでチャージしていくことは可能です。私の使い方では、セキュリティ上プリペイドカードが表にいるけれど、実際にはクレジットカード決済なんだよね。

比較的すぐに反映されるのがとてもいい

2015年6月の台湾旅行のときのこと。

台北で迷惑な外国人客になってしまったことがあるんですよ。クレジットカードって反映されるまでに2、3日かかることもあるじゃない。

映画館の券売機にクレジットカードを突っ込んで購入したと思ってたんだけど、券が出てこない。不安を煽ることに、隣の券売機が故障中なんですよ。

上映時間も迫っていたので、ねえ。カウンターで購入しました。その後、カード決済どうなってるかが不安なので、Skypeでカード会社に電話をかけて聞いてみました。

カード会社によると、

  1. まだ(購入した方の)決済情報も上がってない。
  2. 現地でキャンセル情報を確認して欲しい

ということなんですが、映画館の従業員に助けを求めるしかなかったの。

券売機でうまく購入できなかったんだけど、ダブルペイメントになってないか確かめて欲しい。って。

券売機をいじって、その時間の売り上げを見せてくれたんですが、カード番号はなかったんで安心できました。そうしていると、別の方がやってきて、やっぱり決済に失敗したようで売り上げを見ていかれました。

結論としては、購入していないようだということがわかったので、安心できました。

ああ、迷惑な外国人客になってしまった。こういうアホなことをしてしまうと落ち込んでしまいます。

これに対して、 プリペイドカード決済だと比較的すぐに反映されます。

Line Payプリペイドだと、決済したらすぐにLineが飛んでくるもん。

line pay

キャンセルでもLineくれるから。

海外決済だとちょっと上がってくるのが遅めだけど、クレジットカードよりは早いです。

dカードプリペイドの確認は、HPで確認してるけど、国内決済だったら数時間くらいで上がってくるよ。

dポイント

これ、dカードプリペイドです。海外で使うと為替手数料がかかってくるのでそこは要注意です。

プリペイドカードのデメリットとは

上の中にも書きましたが、プリペイドカードにもデメリットはたくさんあります。

あくまでもバランスですね、バランス。

ポイント還元率が悪い

JALカードもANAカードも、100円で1マイル相当の還元率にできます。(お金を払うんですけれども!)

1万マイル=1.5万ポイントでANAやJALのポイントにできて、航空券を購入することができます。

私が特典航空券を出すときには、あまりレートには拘らないけれど、国内線を付けざるを得ないことが多いので、結局1マイル=3円弱くらいにはなってました。

それに対して、Line Payプリペイドカードはポイントがつきませんし、dカードプリペイドは基本200円で1ポイントです。1dポイント= 1円のレートですよ。レートだけで見ればすごく悪いです。

しかし、このご時世で、今度どれだけマイルが使えるかね?という大きな問題があります。

ポイントなんてものは、使ってナンボですよ。最近貯める方に命をかけるような人を多く見かけるけれど、クラシカルなマイラーなので、使うときにこそ頭を使わないと。使う時の優先順位はあくまでも、Cash is King. 欲しいもの(国際線航空券)が手に入れられるような状況にないならば、低い額から現金に一番近い使い方ができるものは何か考えます。

マイルが使えない可能性があるなら、500ポイントから還元してその都度チャージして使っていけるdポイントがそんなに悪いものではないと判断しました。

現金をチャージしてしまった→出金したいけれど。

プリペイドカードは、一度チャージすると再度現金化するのは難しいものが多いです。

dカードプリペイドは、出金不可。

チャージ(入金)方法|dカード プリペイド|クレジットカードの三井住友VISAカード
dカード プリペイドのチャージ方法のご案内。年会費無料、審査不要でご購入後すぐにご利用可能!ご利用金額に応じてポイントがたまるのでおトクです。プリペイドカードなら三井住友VISAカード。

しかし、 Line Payプリペイドカードは、本人確認済みなら紐づけた銀行口座に出金することができます。Line Payで個人間でやりとりすることもできます。でも、銀行口座に出金するときには、手数料に気をつけて。

お金のやりとりがこんなに便利に!送金機能を活用しよう : LINE Pay 公式ブログ
LINE Payの送金機能を使っていますか?スマホひとつで簡単スピーディーに支払いができるのはもちろんですが、LINEの友だちにいつでもお金を送ることができる「送金機能」もLINE Payの魅力のひとつです。今回はこの「送金機能」のおすすめポイントや、役に立つ活用シーン

クレジットカードは受け付けないが、Suicaは受け付けるお店などはあるじゃないですか。もちろん、使いたい場面にもよりますが。

例えば、「もうこのプリペイドカードは当分使わない!」と思えば、残高を全てSuicaにチャージすることで日常使いすることも可能です。私、旅先でもないとSuicaは使わないんですけどね。⇒Apple Pay&モバイルSuicaの奮闘記

使いきれなかった

これはキャッシュパスポート。

キャッシュパスポート

マイナンバーの登録を求められたんだったかなあ。なんだったかなあ。何かで「めんどくさ。つかうのやめよ」と思ってねえ。500円くらい残ってたんです。

出金するのに手数料がかかりますし。何かに使うにも手数料がかかりますし。ということで、それは捨てました。

これは一番初めに作ったプリペイドカードで、海外でも出金できたんだけどねえ。手数料が高かったんだよ。だけど、スペアカードがあるなど、安心感のあるサービスでした。

チャージがめんどくさい

これっ!プリペイドカードの最大の難点はここです。

一度にチャージできる額が5万円なのであまり高くないのね。

ところが私。5万円くらいの商品から、3000円くらいの商品がチリツモで10万円くらいになっちゃうタイプの人です。

どかん!と10万円(そもそも、10万円の利用はどかん!なのか?)を使うんじゃなくて、ポンと5万円決済して、その後にじゃらじゃらじゃらじゃらじゃらじゃらじゃら、と出ていくわけですよ。

ということで、チャージが面倒ということは節約に繋がらないかな〜なんて思ってたんだけど、1万円チャージしてオンラインショッピングして、お金を使い、また1万円チャージしました。

オンラインショッピングを前提にすれば、そんなに面倒にも感じなかった。orz

ちゃんと毎回3Dセキュア認証してチャージできる分だけ、3Dセキュア設定のないオンラインストアのカートシステムよりも三井住友カードの方がセキュリティが高いなあと思ってたので安心感が増しました。

ただ、5万円以上のものを買うときには、やっぱり面倒なので、クレジットカードのお出ましなので本末転倒気味なのは認めます。人間は矛盾した生き物だからね。

ライフスタイルに合わせてね!

2020年から2021年もそうなんだろうなあ。新しい時代の私のライフスタイルには、今のところdポイントプリペイドがぴったりではなかろうかと思ってる。

でも、マイルもためていいかなと思って、プリペイドを選択するなら、ANA VISAプリペイドカードもあるし。JALグローバルウォレット(マスターブランド)もあります。

3D認証をするオンラインストアだらけになれば、少しは安心してクレジットカードで支払うようになるんじゃないかなー。なんてね。

君子は豹変するのだ。

使用するものが変われば、また記事にします。

Copyrighted Image