スポンサーリンク

VISAブランドのプリペイドカードがよければ、JTB Money Tがありますよ

私が使っているキャッシュパスポートはマスターカードブランドです。

VISAカードブランドのプリペイドカードもいくつかあります。例えばJTB Money Tです。

どうしてキャッシュパスポートにしてこれらにしなかったのか、というと、キャッシュパスポートはトラベレックスという両替屋でパンフレットを貰っていて知っていたから、というだけだったんですね。

実際には、手数料は高いけれど、スペアカードがあるので安心料というところでしょうか。しかしマスターカードブランドはアメリカのグランドセントラル駅で「VISAだけ」と言われたことがあったんでねえ・・・。

JTB Money Tカードの特徴

手数料など

・入会金 無料
・海外ATM引きだし200円/回 (残高照会でも100円/回かかるのでご注意を)
・決済手数料5%(ATM・ショッピング)

これに関してはそんなにお得感はありません。
世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」

日本にいる家族が振り込むことも可能

代理人登録が必要ですが、契約者本人以外の人の振り込みも可能です。

ということは、向光性くらいのお子さんの一年間くらいの留学の際にも使いやすいのではないでしょうか。

危険回避情報配信サービス

さすがJTBだな、と思ったのがこの危険回避情報配信サービスです。

設定が必要なようですが、海外現地での、治安・災害・伝染病情報をいち早く登録メールへ配信してくれるんだそうです。

海外旅行をしているとわかると思いますが、現地の情報って入ってくるようで入らないのです。だってテレビは何を言ってるかわからないことがあるし。そもそもテレビがついていない部屋に宿泊することだってあるもの。

早めにわかったらルート変更もできるよな、と思いました。さすがJTBですよね。

使うならどこでしょうね。
東南アジア?今後しばらくならヨーロッパやアメリカかな?

あ、メールで届けてもらうので、ローミングでいいのでネットにつなげるようにしておくといいですよ。

ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドなら

東南アジアなら

SIMを調達していくのがオススメかな。

世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」

内容が正確であるように注意を払っていますが、ご自分で確認した上で利用してください

▶︎ プリペイドカード もくじ に戻る

Copyrighted Image