クレジットカード、〇〇ペイ、ポイントなどは、管理コストを下げるのがオススメ | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

クレジットカード、〇〇ペイ、ポイントなどは、管理コストを下げるのがオススメ

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

非接触決済の方が快適な今日この頃。

同時に、〇〇ペイ破産なんてのも聞かなくはない今日この頃。

実際に私は流出に巻き込まれてますしね。⇒流出に巻き込まれて、クレジットカードの差換え→やはりカードは複数作っておくべき

特に若い方に向けて、多少経験値がある姉さん(結構つましいぞ)のオススメ方法を教えるよ!

広告—————————-

2020年に、KKdayさんより銷魂麵舖の汁なしまぜ麺を体験させていただきました。
⇒香銷魂麵舖の汁なしまぜ麺
KKday 汁なしまぜ麺の人気店 銷魂麵舖

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

まずは、管理コストを下げよう

お得情報に振り回されると、管理コストが上がるから、気をつけてね。

クレジットカード情報の流出は避けられないと思え!

姉さん、学生時代にアメリカ留学したんです。そのときに(それも帰国一週間前に!)使った靴屋でカード情報が流出したんだよ。帰国後半年くらいしてからかなあ。連絡があって一度目のクレジットカードの差し替えだったの。クレジットカードを使い始めた頃に流出したんで、早い段階で流出は避けられないって学習したんだ。その次はイプサのオンラインストアからだった。

なので、実店舗だろうが、オンラインだろうが、流出するときは流出するんだよ。

そんなの、運のない姉さんだけだろうって思ったでしょう。違うんだなあ。

カード

最近でも、私は巻き込まれなかったけれど、メルカリが個人情報を流出したの、知ってる?⇒便利に使ってるメルカリの個人情報流出事件。ユーザーは各自確認しよう

クレジットカード情報だけじゃないんだよね。各社いろんな情報が流出するものだと思っていいくらい。

先日、あるフォロワーさんがおっしゃっておられたのだけど、あるお店で決済してその後に「不正決済されました」って連絡が来たんですって。

この方、よく海外旅行をされてたんです。それで、外国で与信枠がいっぱいになったりしてクレジットカードが使えなくなったら困るので、普段から、「普段使い」「オンライン決済」「信用できない店」とお分けになっているんですって。で、その信用できない店用のカードが「不正決済されました」と連絡が来たんだそうですよ。

これに近い使い分けを姉さんもやってる。具体的な使い分けは下に書いてる。

還元率より、使えるポイントか考えてみて!

ポイントの還元率その他いろいろいう人はいるけれど、そのポイントってどこまで使えるのかを考えた方がいいです。

使えないポイントを溜め込んでも、どうしようもないんだよ。だから、今はマイルを貯めずに、dポイントや楽天ポイントを、そのまま使うようなことにしてる。

ポイント、マイルの使い方にこそ知恵をしぼるべきなんだが、姉さん、マイルを使った特典旅行するのね。1マイル=3円くらいの計算になるの。ところが、そもそも国内線を使わないと東京に行けないから、考えなくてもそうなるってだけなんだ。

「家族でビジネスクラスでハワイ旅行💖」を夢見て陸マイラー活動をしたって、自分や家族の休みを合わせ、それにぴったりの旅程の特典旅行なんて取れないの。自分の予定を旅程の方に合わせられる人という人は山のようにいて、姉さんもそうなんだがね。330日前から予約しちゃう人たちがいるから。姉さんは、半年前から企画する人だよ。

不正利用にすぐに気づくようにするためには、毎月管理する必要がある

Twitterで検索してみるといい。結構な人がクレジットカードの不正利用をされています。

私がびっくりするのは、「二ヶ月前に不正利用されてたのに気づいた」とかさ。

仮に普段使わないカードであっても、毎月チェックなさるのをお勧めします。

つまり、各社のキャンペーンに乗っかってじゃんじゃん作ると、管理する手間・時間(=コスト)がかなりかかってしまうわけ。

これは、下げるべし。自分の能力のリソースを、そういうところにかける方が無駄だと私は思う。

一案なのは、サービスとして使うたびにSMS・Lineを送ってくれるようなところは安心できるかも。(でも、即座ではないんだけどねえ)

管理すべきなのは、クレジットカードだけではないよ!〇〇ペイもあるよ!

管理しないとならないのは、クレジットカードだけじゃないんだよ。

最近のQRコード決済をフックにした不正利用は結構あるでしょ。

なので、〇〇ペイも含めて確認すべし。

私も〇〇ペイは使わないわけじゃない。

メルペイ

これ、メルペイなんだけど、Appleのウォレットに入れてiD決済するわけ。それだけではなく、Apple IDにも登録している「カード」もあるよ。

メルカリの売上金はメルペイのiD決済で使うことは多いよ。

楽天のアフィリエイト収入があるけど、楽天ペイで使えるようにしてる。楽天以外のオンラインストアの決済も、間に楽天ペイを噛ませれば、ポイントや楽天キャッシュも使えるから。

Line Payは、iTunesのギフトカードを買うのによく使うねえ。(割引クーポンが良く出る)

dカードプリペイドも、一種の〇〇ペイ。でも、d払いは使わないのよ。ポイントだけ。

管理できず、返済できないことが重なると、信用情報を毀損するよ

メルペイのスマート払いが危険だなあって思うの。

メルペイ

このご時世、いろんなことになってる方もおられるじゃないですか。

バイト代で大学に通ってたのに、みたいな。信用情報を毀損してしまうと、将来が勿体ない。

食べるものにも事欠くような状態にまで行ってしまうなら、福祉に頼るべきであって。払えるかどうかわからないものを使って、信用情報を毀損するのはもったいないです。

ちょっと遅れた、くらいではなくて自己破産まで行ってしまうと、将来、クレジットカードが申し込めない、車や家を買いたいのに、銀行のローンが通らない、みたいなことがありうる。

オンラインストアではカード情報は登録しない。もしくは、プリペイドカードを入れっぱなしにする

田舎暮らしをすれば、健康で文化的な生活をしようとすると、オンラインショッピングのお世話になります。もう、Amazonと楽天とYodobashiにはお世話になりっぱなし。

それ以外にも、いろいろネットショップを使ってます。で、家の外に出たくないので家に現金があるわけじゃないから代引きはありえない。さらに、銀行振込その他も嫌でしょう。

どうするかというと、プリペイドカードを使います。

dプリペイド

5万円以上の買い物は(私は)あまりしなくて、一回に9000円前後の買い物を、10回繰り返して、10万円の支払い、ということはよくある。

いちいちチャージするというか。(お買い物マラソンじゃないけど)一度に複数のお店で順次買っていくことがあるから、そのときは概算として3万円くらいチャージしておけば、そのときの購入には足りることはよくあります。

もしも一度に5万円近い決済をするときなら、クレジットカードを使うけど、使ったらすぐにカード情報を削除。そうすればアカウントをハックされても被害は低くなります。

ついでに、Amazon Pay、楽天ペイの、オンライン決済サービスを使ってます。

最近百貨店のオンラインストアでもそうなんだけど、楽天ペイやAmazon Payをかませることができるところは、これらをかませてしまうと、直接カード情報を書き込む必要がなくなります。

海外旅行をし始めると、Apple Payを使う機会が増えようと思うので、また変わると思う。しかし、今は国内旅行ですしね。メルペイとdカードプリペイドのiD決済で十分だと思うの。だから、iPhoneのApple Payにも今はクレジットカードを入れてません。Apple IDからの決済は比較的よく使うけれど、Apple IDで中華VODアプリなども決済しますが、これに突っ込んでるのもプリペイドカードです。

今の私の、使い分け、使い方

2021年5月現在での使い分け、使い方を記します。

状況が変わると、変えればいいんだ。このご時世の、引きこもり型の生活での使い分け・使い方です。

自動引き落としは三井住友よりもDCが親切

ANAカードは私は、マスターカード(つまり三井住友)なのだけど、こっちもそろそろ番号を変えてもらおうと思って、変えてもらいました。そのとき、カード引き落としになっているものは、自動では新しいカードに移行してくれなかった。(2021年4月)

JALカードは、VISAにしてる。こっちは番号が変わったときには、カード引き落としになっているものは、自動で新しいカードに移行してくれる模様です。

だから、スマホ代(docomo・mineo・楽天モバイル)であったり。公共料金の引き落としであったり、毎月引き落とされるものはJALカードにしました。

日々の決済はdカードプリペイド

dカードプリペイドは、三井住友が発券担当なので、三井住友の発券しているカードからのチャージは、手数料無料でチャージできるという仕組みです。なので、このANAカードの主な役割は、dカードプリペイドへのチャージになってしまった。これでマイルは貯まらないんだが、それで十分です。dカードプリペイドはdポイントをチャージできるから。⇒dカードプリペイド

Amazonや楽天、ヨドバシにもこのカードを登録しっぱなしにしてますよ。

iPhoneでiD決済に使ったりしてる。ただ、iD決済はメルカリに売上金があったらメルカリも使うけどたかが知れてるけどね。

オンライン決済でも、dカードプリペイドを使ってる。

今の「ポイント」は楽天メイン。次にdポイント

お得情報に踊らされるのはよろしくないと言いつつも、楽天ポイントは結構貯めてる。

オンラインショッピングでは、間にAmazon Payをかませたり、楽天Payをかませて番号が流出する可能性を一つずつ減らしていくのよ。Amazon Payを使ってもAmazonのポイントはたまらない(カードの決済のポイントはたまるよ)んだが、楽天Payは楽天ポイントも貯まる。それがちょっぴり美味しいと思うくらいの陸マイラーです。楽天ポイントはANAのマイルにしてもよし。つみたてNISAにしてもよし。そのままショッピングに使ってもよし。便利です。

楽天ポイントをゴリ押ししてるんじゃなくて、私の今のライフスタイルにはぴったりだってだけだよ。各自自分の行動パターンにぴったりなポイントがあるから、それを探されるがよろし。

ついでに、私はオンラインショッピングには、楽天リーベイツをかませたりして、楽天のポイントもちまちま貯める。その割に、楽天カードは持ってないんだが、それは管理コストの問題なんだよ。

楽天リーベイツ

そりゃまあ、よく行くスーパー、ドラッグストアなどのポイントは貯める。

でも、それ以外はほとんど気にしないことにしてる。

dポイントの側は、メルカリで使えるようになったのもあって、メルカリで買うときに使ったり、dカードプリペイドにチャージするので、無駄にはならないけれど、使い勝手の良さなら、私の生活スタイルでは断然楽天。それ以外はもう気にしないことにしてます。

5万円前後の決済はJALカード

dカードプリペイドのチャージ額上限が5万円です。

それ以上になると、JALカードで決済するようになりました。

dmm

最近やった一番の高額決済がこれだもん。DMMブックスのキャンペーンです。⇒DMMブックスで買ってSurface Go 2 LTEで読む

旅行するようになると、私の交通・宿泊代は事前決済がメインなので、多分こっちかな。

信用できない店用というか。海外決済は銀聯カード

もっぱら海外、といっても最近は香港・台湾メインだったんだよね。

香港のレストランの決済が遅くて、店員がスキミングしてても変じゃない・・・と思ってしまって。それ以来香港だろうが台湾だろうが信用しないことにしていて、銀聯カードで決済しています。

この銀聯カードはANAカードの付帯です。上限が10万円ですし、何よりも6けたの暗証番号にサイン、と二重のセキュリティがかかっています

このカードはアジアに行かれるならお勧め。欧米でも使えるといいんだけどな。⇒上海で銀聯カードを使う

セゾンゴールドアメックスはスペア

そして最近のセゾンゴールドアメックスの使い道は、スペアです。スペアだけど見てるよ。

旅行するときには、もともと海外旅行保険は自動付帯だったけど、国内・海外ともに利用付帯になった模様ですね。あと、羽田のカードラウンジもこれで入ってた。

Line Pay プリペイドはApple IDに登録してる

もう一枚、プリペイドカードを持ってるんだけど、Line Payプリペイドカードです。

visa line pay 完成

これは、iTunesのギフトカードを買うのに使ってる。だって、Line Payではクーポンが出るんだもん。10%引きだったり100円引きとかそんなものなんだけどね。私は中華コンテンツを買うのに使ってる。VODアプリの有料会員とか、BL小説のダウンロード(公式)とか。中華コンテンツに興味のある人は、中国専用端末を用意されることを強く推奨するよ。⇒中国専用iPhoneで楽しむ

普段使いのdカードプリペイドには一万円くらい入ってるんだけど、こっちのLineのプリペイドにはその都度しか入れないわけよ。Apple IDも確かに入られたら困るけど、そんなに頻繁に決済するわけじゃないんだから、Apple IDに登録しているのは、こっちのあまり使わない(=買うときにしかチャージしてない)&使ったら比較的すぐにLineをくれるLine Pay プリペイドカードにしてるよ。

あと、メルペイスマート払いと同じように、Line ポケットマネーというものがあるけれど、これも手を出しちゃいけないやつだからね。

Copyrighted Image