スポンサーリンク

姉御のクレジットカードの使い分け方を公開するよ!

先日フォロワーさんに伺いました。

外国で与信枠がいっぱいになったりしてクレジットカードが使えなくなったら困るので、普段から、「普段使い」「オンライン決済」「信用できない店」とお分けになっているんですって。で、その信用できない店用のカードが「不正決済されました」と連絡が来たんだそうです。

使い分けるのか!と思いましたが、よく考えるとそういえば、私もほぼそれに近いことをやっていました。

主な理由は与信枠とセキュリティです。

カード

普段使いはANAカード

私のはmasterブランドにしていますが、VISAでいいと思う。

というのも、これまで一件だけ、ニューヨークのグランドセントラル駅で切符を買おうとして「masterは使えないよ、VISAかキャッシュ」と言われたのです。JALカードをVISAで持っていたので、それで購入しました。

切り替えるかと思いましたが、VISAカードもJALで持ち歩いているのでいっか、と。でも人におすすめするならVISAではないかな。もちろん、VISAを別に何かお持ちの方がmasterを選ばれるのは問題ない。

私のは平会員カードなのもあって、なんの躊躇もなく使用しています。特にスイカなども何もつけません。こういうものはシンプルでオーソドックスなものに限ります。
ANAカード

オンライン決済はJALカード

田舎の子なので、オンラインストアがないと文化的な生活が送れません。

一番はAmazon、そして楽天。あとデパートのオンラインストア。

最近はデパートで買うのはeデパート(不振の西武そごう)です。
西武・そごうのe.デパート
というのも、ここは3000円以上買えば送料無料だから。それ以外、例えば阪急なんかはANAカードだとマイレージモールを使わなくてもマイルが2倍、なんてのをやっているので、ANAカードも使いますが。

eデパートはそういう提携がないし、それよりも結局は送料無料の方が大きいのです。で、ここに使うのがJALカード。

クラブAにしているのもあって、ゴールドカードじゃないのに変な色してるじゃないですか。
これは一人旅の防犯上外で出す色ではない。(とはいっても、香港のレストランでカード決済しようとしたらウルティマカードなんてのみちゃいましたが)

それで、JALカードはオンライン決済がメインになっています。以前はANAカードのポイントのマイル変換の関係で(手数料がかかるから)ANAの年とJALの年と分けていたんですが、変な色にしちゃったから。

使い分けるのは、ANAカードが50万円の与信枠で、JALカードが70万円の与信枠なので、いざ使おうとした時に決済できなくなっているのはこまるから、というのも大きいです。
JAL カード

ここまでが「与信枠」がメインに来る話。

信用できない店用というか、海外決済は銀聯カード

ここはセキュリティの問題。

もっぱら海外、といっても最近は香港・台湾メインですが。

香港のレストランの決済が遅くて、店員がスキミングしてても変じゃない・・・と思ってしまって。それ以来香港だろうが台湾だろうが信用しないことにしていて、銀聯カードで決済しています。

この銀聯カードはANAカードの付帯です。上限が10万円ですし、何よりも6けたの暗証番号にサイン、と二重のセキュリティがかかっています。磁気テープだけどねっ!

このカードはアジアに行かれるならお勧め。欧米でも使えるといいんだけどな。
ANAカード

セゾンゴールドアメックスはスペア

そしてセゾンゴールドアメックス。

これはスペアです。スペア。

だって、JALかANAのマイルを貯めたいんだもの。

Copyrighted Image