ad

インページホテル&ホステルに宿泊しました [2016年12月 台湾旅行]

インページ ホテル(悅樂國際青年商旅)(INPAGE HOTEL&HOSTEL)に宿泊しました。

今回の予約はHotels.com。ここだけは円安になる前に決済していました。
>>Hotels.com インページ ホテル アンド ホステル

インページ
場所は重慶南路と漢口路の交差点、ポッシュパッカーの向かいです。

ここには最後の晩一泊しました。

理由はというと、気になっていたんですが、問題はシングルルームは窓無しなんですよね。やはり、窓がないと時間がわからないというか。遮光カーテンを使っても光が漏れてくるのである程度の時間はわかるのですが、窓がないのはちょっとばっかりきついです。

それで一泊だけ。それも一番最後「出かけなければならない」ときに使用しました。そして、ここはそういう使い方をするところなんじゃないか、とも思いました。

フロントの脇に荷物を置く

ここはチェックイン前はフロントの脇に荷物を預けることができます。
インページ
ロッカー式ではないのですが、きちんと名前を確認して札をつけてくれるので安心です。

なお、ウォーターサーバーもフロントにあります。隠れて見えないな。

女性専用フロア

女性専用ルーム、と書いてあるのですが、実際には(予想した通り)女性専用フロア、でした。
インページ
ルームキーをかざしてエレベーターを動かします。

インページ

部屋の中

さて、部屋です。

じゃん。
インページ
部屋の広さは、ポッシュパッカーや、フリップフロップガーデンよりも広いと思います。

ただし、このベッド、インキューブ3Sと比較すると「マットレス」ではあるのですが、身長165センチの私の足が壁についてしまいました。まくらとの位置もあるのですが、身長180センチある方なら多分足が伸ばせないと思います。

残念ながらシングルルームは窓なしなんですよね。ただし、外(重慶南路や漢口路)の音はしないので、その点は良かったですよ。

ここは、水のボトルもつけてくれました。いいですね。今回宿泊したところの中では唯一のサービス。
インページ

タオルもバスタオルとフェイスタオルがついています。さらにシャワーキャップと歯ブラシも。フェイスタオルがついていたのもここだけ。

ただ、ここの問題点は、コンセント。
インページ
・・・あら・・・これ、中国と同じだ・・・。しかもこれ一つしかないんですよ。

おう・・・一つで足りるかいな・・・。一泊だけだからなんとかなるかな・・・。さらに、ここも、カードキーで電源をコントロールするので、シャワーに行ったりすると電源が落ちてしまいます。

バスルームに行く途中、ドアが全開になっている部屋があって、見てみました。ツインかな。
インページ
階段で上のベッドに登るんだ。

バスルーム

共用のバスルームは、カードキーをかざしてロックを解除するタイプです。女性専用というのもあり、これは安心ポイントでした。
インページ

中も清潔ですよ。

シャワールームはこんなかんじ。
インページ
上に窓が開いていて、少し風が入ってきましたが・・・。すぐにお湯が出るようになりました。

そして下に足拭きマットが敷いてあって、早い時間ならすごく清潔です。
インページ

シャンプー兼ボディソープがあるだけなので、コンディショナーは必須です。

トイレも清潔でした。ただ、台湾なので、トイレットペーパーは流さず、ゴミ箱に入れるの。

ここはさらに綿棒のサービス付きです。

インページ

手洗いも清潔。

インページ

一泊だけでコインランドリーは使用していません。が、そもそも見つからなかったんですよね。どこか別の階にあったのでしょう。

深夜早朝の出入りがある=深夜到着したり、早朝出るときに使うのにぴったりかも。

一時間に一回目が覚めてしまったんですよ。ほら、時間がわからないから。

5時に起きれば間に合うし、どのみち6:30に出れば間に合うんだけど、そういう人だから仕方がない。

寝つきも(なぜか)悪かったのですが、そうすると館内というよりも、同じ階の人の音が聞こえるのです。エレベーターの動く音、エレベーターの音楽、エレベーターを降りてきた人の話し声、バスルームを開ける音、ドライヤーを使う音。

そして私は早朝、というか、まあ5時なのでまあ早いですよね。そんな時間に目覚まし(振動だけだけど)かけてるでしょ。

というわけで、多少落ち着きのないところだな、と思いました。

逆に言うと、朝食サービスもないので早朝に出発する場合でも惜しくないし。深夜に到着する人が多いなら自分も深夜に到着したって悪くないし。

という使い方をするのにぴったりかも。

ポッシュパッカーはそんなに深夜早朝の動きは感じなかったんだけどなあ。
>>Hotels.com インページ ホテル アンド ホステル
>>楽天トラベル  インページ ホテル(悅樂國際青年商旅)(INPAGE HOTEL&HOSTEL)
>>Booking.com インページ ホテル(InPage Hotel& Hostel)

インページ ホテル(悅樂國際青年商旅)(INPAGE HOTEL&HOSTEL) (タイペイで一泊1500元ちょっとのホステル探し)

▶︎ 2016年冬 台湾旅行 もくじ に戻る

 
★こういうところに宿泊する自信がなくなったら・・・?
値段だけならやはり、パッケージのツアーでしょうか。
>>H.I.S. 台湾旅行

★今回は行きは大韓航空、帰りはANAでした。え?と思われた?

★台湾へ行くなら、VISAカードで特典があることもありますよ!

★国際キャッシュカードも使ってます!

★台湾はプリペイドのSIMカードが使いやすいところです。

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする