スポンサーリンク

タイにて。バーツはどう入手したのか(2017年6月)

今回、実はバーツは一切持たずにタイに行きました。大抵幾らか持ってるし、バーツもいくらか持っていたんだけど、どこかの時点で円転したか、香港ドルか台湾ドルにしたんだな。

スワンナプーム空港にて

スワンナプーム空港でどこでバーツにできるかぐぐりますと、安いのは地下の鉄道駅の近くにあるんだそうな。

今回はツアーなもので時間があるかなあ、と地下に行く時間はありますか、と伺うと、「ありません」とのことでした。先に伺っておいて良かった。実際問題としては「何かを待つ」時間が非常に長くてね・・・。まあ、集団行動だから仕方がありません。

空港に降りて、入国審査までの間にもいくつか両替ブースがありました。

手荷物受け取りのところにブースがいくつかありまして、そこで両替しました。

ポンドかスウェーデンクローナを売り払いたかったのですが、外で、と言われて、集団行動だから外に出られない。

で、行きたいけれどいけるかわからないので、人民元を売りました。

300人民元が1元=4.40バーツだったようで、1,320バーツになりました。

Asokにて

BTSのAsok駅からターミナル21の方に行きますと、両替がありました。
スーパーリッチ

ここは、外貨をバーツに変えるだけで、ここで外貨を購入することはできない。

わが青春のスウェーデンクローナ、売れるだろうか!

スーパーリッチ

というわけで、170スウェーデンクローナに10英ポンドです。

しかし、こんな張り紙がありまして。

スーパーリッチ

え・・・2月からスウェーデンクローナは500と100はうけつけない、と。あいや・・・。

でも、50クローナと20クローナは、と思ったらこれもまとめてうけつけない、と。

で、ポンドは売れたので10ポンドが427バーツになりました。

合計2000バーツもキャッシュは持っていなかった、というわけ。

ツアーだったのでその程度で大丈夫でした。

BTSについてはこっちの記事もどうぞ! ⇒渋滞地獄バンコク。BTSを乗りこなせれば結構楽になるよ!

また、ちっくんされて病院へGO!することになったのですが(Asokはちっくん後)、このときはキャッシュレスサービスを使うことができたので、現金は不要でした。

おなじネタでございますが、トピックを少し変えておりますよ。

Copyrighted Image