仁川:パラダイスシティでアート・・・と行かず、カジノ [2019年9月 ソウル旅行] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

仁川:パラダイスシティでアート・・・と行かず、カジノ [2019年9月 ソウル旅行]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

絶対行きたいなあと思っていたところは、一応全部行けたかな。おしゃれカフェまで行ったもの。博物館は一部駆け足になってましたが、結構楽しんだし。

じゃあ、最終日は、もう一つどこに行きましょうか。ということで、仁川空港からシャトルバスに乗って、パラダイスシティに行きました。

広告—————————-

2017年にKKdayさんに台湾の、故宮博物院の北院・南院のセットチケットを体験させていただきました。
kkday【外国人限定】国立故宮博物院:台北北院+嘉義南院セット入場チケット

台北は2020年から改修に入るそうなんで。お早めに!!こっちも見てね!⇒故宮博物院:セットチケットで台北北院と嘉義南館を一気にまわれ!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

パラダイスシティ=IR

パラダイスシティ

パラダイスシティ&リゾートはいわゆるIR施設。と言うと、ラスベガス系かな、マカオ(というかホー家)系かなと思ったでしょう。実はここ、日本のセガサミー。イメージキャラクターを務めるのは、広末涼子。ターゲット層は大変明確、と思ったけれど、それ系の人たちは見当たらなかった。

パラダイスシティ しか

地下のバス乗り場から、カジノ側か、DFS側か方向が違うんですけどね。私はアートスペースがあるということで、DFS側に行ってみたんだけど。

Paradise art space

お、おう。準備中だった。残念。

カジノはクーポン分楽しんで、ご飯を食べた

というわけでカジノ側へ。

ホテルの方に行くと、おどろおどろしいというか、禍々しい、黄金のペガサスなんですけれども、片側は皮をひん剥かれていまして。

パラダイスシティ おどろおどろしい

・・・カ、カ、カジノで身ぐるみ剥がされるんだ。

ここからは写真はないよ。

空港でクーポンをもらってきて

さて、私はと言いますと。クーポンを空港でもらってました。到着階の3番4番出口付近にブースがありました。

カジノってね、マカオとアメリカ、釜山で一度ずつ行ったことがありますが、タバコ臭かったイメージが強烈で。

ところが、このパラダイスカジノは、禁煙です。臭い人がたまにいるんでしょうねえ。香水たっぷり炊いている空間でした。

7万ウォンのクーポンだったのだけど、内訳は20,000ウォンがスロット。50,000ウォンがテーブルです。

テーブルでは、あいていた大小のテーブルでやったんだけども、全部ベットしないとならず、これは負けました。ちぇ。

スロットでは、1750ウォン(つまり、175円)だけ勝ちまして。これ以上儲かるわきゃねえ。ということでありがたく頂きました。

Cafe 9は豪華ではないけれど、満足

パラダイスカジノに会員登録すると、カードに情報が溜まっていきます。それで、3回までCafe 9でご飯が食べられるんだそうで。その後は1000ポイント(いくらかかるんですかねー)もしくは有料になる。

ちょうどお腹が空いてきたので、Cafe 9に行ってみると、温野菜、野菜、点心、肉類、フルーツ、ケーキ、と揃ってまして。有料のビュッフェと考えると不満だけど、無料と考えれば問題あるわけない。ドリンクはオレンジジュースくらいなんですけども、それで十分です。

新しいお皿をもらってきていると、ウェイトレスさん(みなさん働き者)に水を奪われて全部テーブルの上をクリアにされる、などありましたけれども。モリモリ食べた。

韓国らしいミールはほとんどなかったように思いますが、そこにいたのは中国人が多く。他には日本人ですね。だからそういうメニューなんでしょう。

味つけは素朴。辛いものはあっても取ってないので、素材を楽しめて満足よ。そしてフルーツもりもり食べていたら、ケーキには進めず。あーあ、本当に食べられなくなったわねー、私。

ただね、くちゃくちゃ食べる人が多いから。私はくちゃくちゃやられると食欲が失せるんだけど、韓国の食文化だから仕方がない。中国でもそうだろうな。香港、台湾でも結構いますよね。

いずれにせよ。ここは日系のIR施設とは言え、日本じゃないんで。食欲が失せたという主観だけは述べますが、腹をたてるのは筋が違うというもの。隣のテーブルに人が来るたびに別のところに行ってた。

カジノとは適度に距離を置こう

なお、すっごい額をキャッシュに換金している人もいたんですよ。日本人カップルも10万円単位でした。また、友利銀行のATMもカジノ場にたくさんあって、これまた不穏な気にさせられました。

姉さん?スロットで勝った1750ウォン(=175円)をいただいて、お腹満腹になって満足でした。すんません。全然プラスにならない客で。

とはいえ、ギャンブルは胴元が一番儲かる仕組みになってるから、これくらいの距離の置き方でよろしいのではないかと思っておりますのよ。

パラダイスシティへの行き方

仁川空港1タミでは、3-Cにバスが発着します。

3番が、KALのリムジンバスですが、道を渡る必要があります。ここで20分に1度バスが来ます。

到着したのは地下の駐車場。仁川空港へはこの地下駐車場からバスが出ます。

もちろん、ここにもホテルやスパがあるので、1日楽しむことができないわけじゃないです。仁川トランジットで使うには、私には予算オーバーですが。

agodaパラダイスホテル&リゾート

Copyrighted Image