マカオ:セナド広場と仁慈堂 [2008年7月][2019年11月][世界遺産] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

マカオ:セナド広場と仁慈堂 [2008年7月][2019年11月][世界遺産]

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

私は国内旅行はもっぱら楽天トラベルで予約してる。
クーポンが出てる日本のホテルを、楽天トラベルで見てみない?

マカオ旅行の目的は、世界遺産めぐりだった。

実はこの「セナド広場」ポイントには、世界遺産登録されているものは三つあります。

  1. セナド広場(Largo do Senado
  2. 民政総署大楼(Edifício do Instituto para os Assuntos Cívicos e Municipais)
  3. 仁慈堂大楼(Santa Casa da Misericórdia)

また、もう一つ(かなり近いところに)あるのが、三街会館(関帝廟)(Pagode Sam Cai Vu Cun)

中に入れたっぽいのに入ってないー!ってなってるのが、民政総署大楼。ちっ。人が前に多くいたので撮影してないけれど、見たからいいや。三街会館(関帝廟)は行ってない。(頭からすっ飛んでたポイントの一つです)

広告—————————-

2018年5月に台湾でタロコ渓谷に行きました。これはKKdayさんにモニターさせていただきました。ホテルに迎えに来てもらって、花蓮空港で降りるものです。中国語だったんですが、これは英語コースがなかったからなの。
KKday 【激安】花蓮・太魯閣 1日ツアー(混載車 中国語案内)

行って思ったのだけど、路線バスだけでもタロコはいけるけど、落石がありますし。ツアーをオススメします。こっちもどうぞ。⇒花蓮:太魯閣渓谷の観光へはツアーに限ると思う

KKdayさんでは、他にもタロコツアーを扱っています。台北発の日帰りもあります。うちのリンクからの売れ筋は、
Kkday 【外国人限定割引】台北出発:花蓮・太魯閣(タロコ)1日ツアー(飛行機利用)
Kkday 【絶景を堪能】花蓮・太魯閣お任せ 1日ツアー(混載車 英語ガイド)
KKday 【専用チャーター車】花蓮・太魯閣(タロコ)1 日ツアー

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

セナド広場

2019年11月はマカオ半島側に来て、一応、という形でセナド広場。

セナド広場

これが2008年。

#throughback #2008 #カラフルマカオ #セナド広場 にて。北京オリンピックのときで、マカオもオリンピック一色でした。この周辺は下のモザイクが楽しい。#senadosquare #largodosenado #beijingolympics #sunnygirl #hotsummerdays #マカオ #澳門 #澳門旅行 #macau

相変わらず、屈臣氏。そしてあの時も噴水エリアは中に入れなかった記憶がある。

マカオ政府観光局
マカオ、最先端の観光施設や数多く開催されるフェスティバル、そして年間を通して行われる多彩なイベントと様々な文化の遺産をもつユニークなディスティネーション

仁慈堂大楼

仁慈堂

見て、あ、私(たち)この中に入ったんだなって。中は5パタカかかります。

仁慈堂博物館

キリスト教の、いろんなものがあった。大航海時代の残滓がキリスト教だもの。仁慈堂、というのはキリスト教系の福祉施設です。

2008年は中に入って、ベランダから写真を撮ったけれど、今回はベランダが閉まってた。

2008年 マカオ

マカオ政府観光局
マカオ、最先端の観光施設や数多く開催されるフェスティバル、そして年間を通して行われる多彩なイベントと様々な文化の遺産をもつユニークなディスティネーション

さて、この横なんだけど。福岡のキルフェボンの近辺を歩くと、いつもこの周辺を思い出すんですよ。2008年がこうだった。

#2008 #カラフルマカオ そういえば、行こう行こうと思って2008年以来いけないのよね、マカオ。 香港とはまた違った雰囲気の街並み。十年でまた雰囲気が変わっただろうな~。行きたい! #macau #マカオ #マカオ旅行 #澳門 #hotsummerdays #sunnydays #sunnygirl

2019年はどうなってたかというと。

ハーゲンダッツ

ゼロックスがハーゲンダッツになったり。大阪屋が両替所になったり。

どこの観光地でも、チェーン店(それもグローバルチェーン店)が増えると興ざめしちゃう、天邪鬼な姉さんでした。

この近辺、裏道も結構楽しいところです。モザイクタイルも楽しい。ただし、どこも観光客であふれかえっているので、スリにはお気をつけあれ。

姉御の一人旅ガイド

Copyrighted Image