香港に深夜到着の場合、姉御ならどうする?どう考えても隣接のホテルがベストじゃない? | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

香港に深夜到着の場合、姉御ならどうする?どう考えても隣接のホテルがベストじゃない?

広告—————————-

2020年に、KKdayさんより銷魂麵舖の汁なしまぜ麺を体験させていただきました。
⇒香銷魂麵舖の汁なしまぜ麺
KKday 汁なしまぜ麺の人気店 銷魂麵舖

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

深夜到着・早朝出発の場合、空港隣接のホテルがあるならそれを使うが吉

身も蓋もない話で恐縮ですが。

香港空港は24時間空港です。HPをみていただければいいのですが、24時間やってる売店などもあるらしい。

ただ、香港の治安は良いのですけれども、そこはやはり外国です。日本でも犯罪はないわけではないし、海外で「外国人」という立場になれば犯罪にあいやすい。

安全性を考えれば、 深夜到着の場合は空港隣接のホテルに宿泊するのが一番ですよ。AELへの乗り継ぎはどうなの?とかもうこの時間は暗いんだけど、なんてことは一切心配せずに済む。

空港隣接のホテルがないなら仕方がないのですけど、香港空港の場合はありますからね。

レビューを見ると殿様商売してるなーという感じではあるのですが。歩いていける。
Hotels.com リーガル エアポート ホテル (香港富豪机場酒店)

空港からシャトルバスが出ていると思いますし、レビューも悪くない。
Hotels.com 香港 スカイシティ マリオット ホテル (香港天際萬豪酒店) (Hong Kong SkyCity Marriott Hotel)

どちらも安いホテルではありませんが、べらぼうに高いホテルというわけでもありません。香港でこの立地ならむしろ良心的な値段かと。

特に、香港慣れしていない人にはオススメです。

1)エアポートエクスプレス(AEL)の最終は何時か

深夜到着の場合。

そう。AELでさっさと街中に出てしまいたいですよね。私はこれまでAELは割引を買ったりKKdayで買ったり、一本だけ単発で購入したりしています。

割引を購入するとメールが来て、プラスチックのカードに引き換える必要がありました。

オクトパスカードとAEL

ただし、2018年2月現在、KKdayで割引切符を購入すると、QRコードを送ってくれて、それでエアポートエクスプレスに乗れるようなので、引き換えることを考える必要はなくなりました。

KKday【30%割引】香港エアポートエクスプレス(機場快線)QRコード乗車チケット(片道/往復)
念のために、事前にQRコードをスクショしておくのがおすすめです。

空港発の最終便は00:48の模様です。

Airport Express Timetable 

AELは本当に便利なんだけどねえ。最終に間に合うかどうかというようなときには選びませんよ。

⇒香港国際空港と市内のアクセスなら、エアポートエクスプレスが超便利!

AEL駅隣接のホテルはフォーシーズンズやリッツなんで私の予算にはあいません。まだマリオットの方がいい。

敢えてAEL前提で、姉御ならどうする?

深夜到着ということは、日本から香港への直行の場合LCCでしょうか。昔はノースウェスト(現デルタ)の成田香港便が日本を19:00前にでて、香港22時前、に乗ったことがあります。

仮にLCC、という条件を付けさせていただきますね。

遅れた場合の対応を考えると、LCCならこの割引は使わないんじゃないかな。この切符は事前に買わなければならないのですよ。向こうからメールにPDFが添付されて届いて、それをプリントアウトしなければなりません。もちろん、日本の空港か途中でプリントアウトすることが可能ならそれもいいでしょう。

48時間以内に送る、と書かれていて、私は1時間あまりで届いたような記憶があります。

でも、搭乗3時間前、フライト時刻が確定してから購入して、メールが来ない!というのは筋が違うよね。

私だったら。

深夜、といっても23時までに到着するのであれば、割引を使ってAELを購入するでしょう。航空会社によっては、AELの割引を機内で売っていることもあります。

香港エクスプレス 機内販売

これは香港エクスプレスの割引です。KKdayの割引の方が大きいですが、これは引き換えが必要です。

ご利用方法
香港エクスプレス機内でお支払頂き、支払い済みスタンプが押されたレシートを下記のエアポート
エクスプレスのカスタマーサービスセンターに提示頂き、チケットと交換下さい。
-香港駅、九龍駅、青衣駅のエアポートエクスプレスカスタマーサービスセンター
-香港エアポート駅の到着プラットフォームのエアポートエクスプレスカスタマーサービスセンター

機内販売品

上のリンクを見ていただくとわかると思いますが、当日のみ引き換え可なのです。乗れなかったら使えないんです。200香港ドルですが、勿体無いなあって。

香港空港に到着してから到着ロビーに出るまで結構時間がかかるよ

実は、23時以降に到着したことがないので、どれだけイミグレが混んでるか、荷物が何分で出てくるか、が全然わかりません。しかし、香港空港は荷物が出てくるまでにかなり時間がかかります

最近は香港の場合は全部機内持ち込みが多いのですが、香港受け取りにしたとき、本当に遅くてe道の威力が全然なくなってしまったことがあります。夕方で1時間程度かかります。

e道ありかつ、荷物がなければ飛行機を降りて30-50分で抜けられると思います。でも、荷物がある場合は60分以上と見ます。そうすると、00:30をすぎてしまう可能性があるでしょ。

空港発の最終が00:48。

そうなると、荷物がなくてもAELに乗れるかどうかすら不安になる・・・。

この状況下では「割引切符の引き換えの時間が迫ってるのに荷物がでてこない!!!」ってなるのが嫌なのです。

お腹が痛くなる・・・。 だから、空港隣接のホテルに宿泊するのがベスト

自分がきーってなりそうなことは初めから排除するのがスマートですよ。

姉御ならこうする

・リーガルに泊まってしまう。
私は香港にそれなりに土地勘があるのですが、でも深夜に到着して移動するのはつらいのです。なので、空港隣接のリーガルエアポートホテルに宿泊する。これは予算次第ですが、お金で解決できるものはお金で解決するのが一番だと思うの。
Hotels.com リーガル エアポート ホテル (香港富豪机場酒店)

あえて外に出るなら、ねえ。
23:30以降に到着する場合

もしも00:48の最終に乗れるようだったら、正規料金を支払ってAELに乗る。もしも最終に乗れないなら、目的地方面へ向かう空港バスで向かう。

香港の空港バスはA、ですが。これが夜間はNになります。乗ったことがないのでルートがどうかわかりません。ご確認下さい。

http://www.hongkongairport.com/eng/transport/to-from-airport/bus_from_hkia.html

23時までに到着できそうなら、機内で割引を買っておく。

・到着予定時刻がそもそも23時以前、かつ雪とか台風が迫っていない(2016年1月は雪で飛ぶか不安で買わなかった!)ならば、KKdayの割引を買っておく。

2016年の3月に深夜入りされたe道ホルダーさんに伺いました

00:05に香港に到着なさった読者さんにお話を伺うことができました。e道ホルダーだそうです。

  • 一般ゲートをちらっと見たところ、昼間の時間帯よりは行列がなかった模様
  • 預け荷物なし
  • 市内へはAELで行った

AELは、

  • 00:40頃にダッシュで乗り込み、少し経ってから発車した
  • 九龍駅のカウンター(改札の前)で料金を精算し、改札を出てから海外キャッシングでHKDを入手し、タクシーでホテルに移動した

だそうです。

なお、今回はネットは空港&ホテルのWiFiをお使いだそうです。

乗られたのは、00:48の最終だったのでしょうね。

やっぱりe道を持ってても滑り込むんだ・・・。香港空港のリピーターだったらわかると思うけれど、到着して40分でAELまで抜けるのは、効率のよい移動です。e道ホルダー(早く抜けられる)のリピーターさん(空港内の地理を把握しておられる)でもAELの最終に滑り込む時間なんだ・・・。

やはり、私もAELの割引は使わず、乗れるならば、くらいの気持ちでいて、滑り込めれば正規料金を支払うと思います。

九龍駅のカウンターが開いていたそうです。

e道ホルダーではない方が深夜香港入りした時のことを伺いました

香港エクスプレス関空発香港到着時間00:05

事前に調べて案を考えた

今回深夜に香港着ということでいろいろ事前に調べました。
選択肢としては
① 空港で夜を明かす
② ギリギリAELにまにあって市内に出てタクシーでホテルに向かう
③ AELに間に合わず、深夜のNバスで市内に出て徒歩でホテルに向かう
④ 空港から直接タクシーでホテルに向かう

がありました。

① 海外で挑戦するにはレベルが高すぎるのとアラフィフにはつらいだろうと思いました。ただ、ホテル代が1泊浮くのは魅力的です。
② ホテル代がかかるのは仕方ないけど一番時間が有効に使える、眠れるのが最高!
③ 英語も広東語もしゃべれない、聞き取れない私にはバスにのってからずっと緊張の連続です。ツーリストSIMが利用できればMAP見ながら行けるけど、繋がらなかったら怖い。安くは行けるんだろうけど、寝る時間は格段に減る。
④ ただでさえ、香港のホテル代は高いのに、さらにタクシーってLCC利用する意味があるのか不明。身体が楽なのは間違いないし、ホテルまで直接行けるのはとっても魅力的。

最後まで考えて選択したのは、②でだめなら、④という選択でした。そこからは神頼みですね。なんとか、定時には香港に到着してくださいって祈っていました。

毎日、香港エクスプレスのHPで到着時間を調べては一喜一憂(笑)していました。

で、香港エクスプレスのHP等で調べると他のLCCとは違い、搭乗締め切りが20分前ということ。なら、搭乗する人がみんな早く来てくれていれば早くなる可能性が高くなるんじゃないかと予想しました。

また、素早く機外に出るために座席指定をしました。座席指定に料金がかかるのはすべてのLCCに言えることですが、香港エクスプレスの場合、最前列などの広い席は2,000円、2~5列目1,300円、それ以外は400円の指定料金です。

で、一番安くて一番前の6列目の通路側が空いていたので400円を追加で支払い指定しました。当日、早く扉がしまるかなぁと期待していましたが、定時通りに扉はしまったので、望みが薄くなったかなぁと思っていました。

実際に乗った

実際の機内は香港の方の利用が多いようで、飛び交う言語はほとんどが広東語と思われました。この香港人たちは空港についてからどう移動するのだろうと聞いてみたかったのですが、言葉の壁は大きく…聞く勇気もなく…。たぶん、家族が迎えに来ているとか、空港の駐車場に車を起きっぱなしにしているとかなんでしょう。

香港に到着してからも香港人たちはあまり急ぐ様子もない雰囲気でした。日本人のオバちゃんが一人であくせくしている様子はどう映ったんでしょうか?!とりあえず、扉が開いてからはひたすら入国審査場所へひたすら気ばかり焦って向かいました。20分近く早く到着したので②が実行できる確率が格段に上がったからです。入国審査の列に並んだものの長蛇の列。でも、日中に比べると少し少ない感じがしました。

以前、ピーチで香港入りしたときはもう2列は確実にあったと思います。で、1列進むのにどれくらいかかるか確認し、あとは逆算しました。

すると余裕で間に合うことがわかり、入国審査の列をそれほど気にせずにすみました。といっても、大陸の方がグループで割り込もうとしたのでそれはにらんじゃいましたが、、、通過した時点で、30分くらいでしたので、飛行機の到着から出るまでに45分くらいかかった感じですね。

香港ドルは前回いったときの残りを再両替せずに持っていました。約1500香港ドルです。荷物も預けずに持ち込み荷物だけでしたので、そのまま市内へ移動できたのはよかったです。さすがに現地通貨を一切持たずに市内にはいるのは無謀だと思います。

ロビーに出てからは、AELのカウンターも開いていたので、通常通りカウンターで往復のチケットを購入することができました。

その時間でカウンターが開いているということは、たぶん最終が出発するまでは開いているものと思われます。香港エクスプレスの到着が予定通りだった場合はギリギリといったところでしょうか?

もちろんチケットを購入する時間はないものと思われますので、降りる駅で清算が前提になるのかもしれません。機内で購入しておけば安かったのにと思いましたが、それは間に合ったから言えることですね。

こんな感じで深夜の香港入国は終わりました。

姉御のコメント

香港人で自家用車を持っている人は一般にお金持ちです。なので、おそらく彼らは香港エクスプレスには乗りません。

普通の人たちはどうするのかというと、上にも書いたようにナイトバスを使います。マンションの下にバスターミナルがあって、そこまで空港から一本というマンションもたくさんありますから。なので、香港人はAELの終電に慌てません。

やはり、AELは前提にしないし、市内に出たいならばナイトバス。外国人にとって一番はエアポートホテルだとつくづく思いますね。

2)SIMについて

姉御さんの命綱はSIMです。

一人旅かつ、深夜着なら絶対欲しいものの一つがSIMです。そりゃ昔、夜にパリについて凱旋門からタクシーに乗る、とかやりましたよ。でも、今はSIMがあって、Google Mapsが使えて、GPSが使える時代です。そして場所が香港ならGPSが不正確、というリスクもあります。Google Mapsが不正確なんだもの、香港って。

しかし、あるとないとじゃ大違いです。やっぱり。

深水歩で異世界に舞い込みかけたことはあるけどね!

SIMでなくてもいいけど、とにかくネットにつなげてGPSができるようにしたいです。

TravelexでもSIMを売っていて、24時間空いているお店もあるので、そこで購入するのも一つの手です。
⇒Travelexで中国移動香港の香港用4GSIMを買いました

しかし、急いでいるわけで、Travelexなんか寄ってられるかよ・・・。

夜に到着するなら事前に買っておくのがおすすめです⇒結論:香港でSIMを買うならツーリストSIMが楽。それ以外ならさっさとAmazonで買え

もしも香港がトランジットなら、周遊SIMを買っておくと楽。

香港ではつかったことはないのですが、販売業者のワイズソリューションズさんに一枚いただいて、韓国台湾でつかったことがあります。

ヨーロッパ方面に行くなら、3UKの周遊SIMが香港でも使えるっぽいんです。(これは1GBものをドイツ旅行用に購入して使っていただいた。)

姉御は設定をいじったことがない。不安なら店舗で買って設定してもらえ

設定について詳しく書いてくれないか、と言われましても。あまり書けません。

ツーリストSIMは設定をいじったことがないと記憶しているのです。

今は入手できないPCCWのDiscover HK Tourist SIM Cardも、3でも設定してないし。

今のCSLのDiscover HK Tourist SIM Cardは、入れたらそれで終了でした。CSLの安い(48ドル)SIMも同様です。CMHKだってそう。

CSLの48ドルのSIMの場合は、設定というか、「データパックの購入」ですね。それはしています。外側はとっくに捨てているので書けない。

でね。営業時間を過ぎていても、空港ホテルに宿泊すれば翌朝営業開始後に店舗に行って設定してもらえるでしょ。そういう点でも、空港のホテルに宿泊するのがスマートです。

そもそも深夜到着で香港空港でSIMを入手できるのか

できなくはないと思う。

空港の1010・中国移動香港はもう閉じている

何日香港におられるのか存じませんが、まず考えられるのは1010です。ここでTourist SIM Cardを購入すればいいのです。

香港空港 1010
Androidの設定もしてもらえるかはわかりませんが(iPadの設定はしてもらったことがある)、お店で設定して、もしもうまくいかなかったらお手伝いをお願いしましょう。言語を英語か、繁体字にしてあげてから渡すのがスムーズでしょうね。
⇒4GLTE版のDiscover HK Tourist SIM Cardを使いました

しかし、1010は23時までの営業です。

AELの最終便を考えているような時間に到着するならば、1010でDiscover HK Tourist SIM Cardを買うのはそもそも無理です。

1010

中国移動香港も到着階にあります。店舗ですし、設定してみてできなかったらお手伝いをお願いしましょう。ここで買ったものならしてくれるはず。

中国移動

こちらも1010同様に23時で営業終了です。

中国移動香港

中国移動のSIMなら、Travelexで売っている

上の写真で中国移動のブースの隣にTravelexが見えますね。ここにSIMを扱ってるというのが出てるのがわかりますか?

こっちならわかるかな。2タミですが。
travelex

Travelexの営業時間は00:00 – 24:00の模様です。
24時間営業なので、何時についても大丈夫。ただし、ブースによっては24時間営業というわけでもないようなので、空いているブースを見つけたら、すぐさまSIMがないか聞いてみましょう。

場所が場所だし、売ってる!と思ったら高いかもしれない。水だってそうだもの。それが香港〜。と思ったんですが、意外や意外、定価だった。(ただし、時間によって値段が変わる可能性はある)

Travelex

セブンイレブン

到着階にセブンがあります。一番初めにツーリストSIMカードをこうにゅうしたのはここでした。でも、今は1010あるし。最近行っていないので不明です。

T2にもセブンがあって、こちらの方が大きいです。
私は3のSIMを購入しましたが、ツーリストSIMカードは売ってませんでした。
⇒来たるべき中国旅行のために香港で買ったSIM
そもそも、深夜に到着して、2タミまで行け、というのも酷い話です。

姉御ならどうするのか

あんた、香港でSIMを買ってきてるじゃん?なのですけど、それでは話が進まない。

事前に購入していない、という前提でね。

確実につなげたいのでAmazonでSIMを買う!

23時くらいに到着して、荷物があり、かつできたらAELに乗ってさっさとホテルに行きたい!という条件下であれば。

Amazonで買ってしまいます。
結論:自分で設定できるなら、香港でSIMはさっさとAmazonで買え

どのSIMも、期限切れ直前のものが見つからない限りは多少は割高なのは事実です。でも、日本語の説明書をつけてくださる業者さんもおられます。(3をAmazonで買ったときにも日本語の説明書を入れてくださっていたはず。でも開きもせずに捨てたわ・・・そのSIMを使うの二度目だったし)

Amazonで買ってしまうことのなにがいいって、事前に持っておけば、到着前にSIMを入れ替えて、到着後に電源を入れて、空港内を歩いている間に開通しちゃうのですよ。

イミグレに並んでいる間にIngressできるくらいだもの。

どのSIMがいいか、になるとねえ。いろいろあるしAmazonに出ているSIMの全てを使ったわけではないからなんとも言い難いです。

マカオに行くのか、とか、それとも中国本土に行くのか。香港だけなのか。条件によって変わります。事前に調べて、一番条件の良いものをAmazonで注文しておくのが良いと思います

狙ったものは必ずしも香港空港で買えるとは限らない。

なお、香港ドラゴン航空の機内ではDiscover Hong Kong Tourist Sim Cardを(8日間ものだけですが)、安く売ってました。機内販売に来なかったら、スッチーのところに行って「欲しいんだけど」って言ってみましょう。私はそうやって一枚買いましたから。

荷物が増えることを厭わないならポケットWiFi

女一人旅の敵。それは重量。

1gすら敵だもの。本当に塵も積もれば山となるのですから。だから、私はポケットWiFiのレンタルをあまりしないのです。当時SIMの入手がしにくかった韓国でしただけですが。
⇒釜山港でSKのポケットWi-Fiをレンタルする

もしも、荷物に余裕があって、ポータブルバッテリーも持てて、という状態、かつ行きの空港で受け取れて帰りの空港で返却ができるのであれば、ポケットWiFiをレンタルするのも一つの手です。

重量はそんなにないとはいえ、空気じゃないし。さらにバッテリーの心配をしなければならなかったのですが、最近のものは小さくなってるし、バッテリー容量も大きくなってますし。
海外インターネット グローバルWiFi

海外WiFiならイモトのWiFi

お。イモトは香港マカオ周遊プランも出たんだ。もちろん、香港単発よりも割高だけど。

最後の手段はデータローミングじゃ!!!

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に契約がありますか?
あるなら、最後の手段はデータローミングです。

ご自分の契約しているキャリアで、どのようになっているのか確かめてみてくださいませ。最悪パケ死しますからね・・・。

なお、現地のSIMを使うには、SIMフリースマホが必要ですよっ!⇒SIMフリースマホ

Copyrighted Image