スポンサーリンク

香港:バタフライ オン ウォーターフロント ブティック ホテルは値段の割に広くて満足! [2017年11月 香港トランジット]

広告—————————-
KKdayさんに台湾・韓国・香港&マカオのオプショナルツアー(の一部)で使える、「姉御の一人旅ガイド」専用の割引クーポンを発行していただきました。

クーポンコード:ANEGO201902
ご予約期間:2019年2月1日〜2019年4月15日
ご利用期間:2019年2月1日〜2019年8月31日

このページKKdayのコードの下にあるツアーなら使えるよ!

詳しい条件については、この記事を⇒期間限定!KKday & 姉御の一人旅ガイドタイアップ企画
——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

バタフライ オン ウォーターフロント ブティック ホテル(晋逸海景精品酒店)を選んだ理由

バタフライ オン ウォーターフロント

またしても西営盤から上環。このエリアが結構好きでねえ。上環・西環って昔はなんかおっかなびっくりだったんですが、この歳になると見えてくるというか。香港も変わったからかしら。

トランジットだし、前回ちっとも悪印象を持たなかったベストウェスタン ハーバービューが安全牌なのですが、なぜかあそこは妙なまでに評価が低い。なんで?え、香港であの値段であの対応で問題ある?私が香港に慣れすぎましたか?

で、このエリアで普段はもう少し高いのだけど、60日前に予約したからか、Hotels.comのシークレットプライスでかなり安くなっていたのが、バタフライオンウォーターフロント(晋逸海景精品酒店)。こっちは妙なまでに評価が高いし・・・。

以前、香港リピーターさんにバタフライ系はオススメされたのですが、値段の関係で泊まれなかったのね。でも、一泊10,000円なら宿泊できるじゃない?というわけで、予約しました。今回は税金サービス料込みでスーペリアルーム(一番下位の部屋)10,166円でした。

評判もいいのよ。なんとなくラブホチックだと思うけど、一本スジの通ったこだわりのあるセレクトをするホテルって好きです。あと、あまり大規模でないホテルの方が好みです。(ただ好みが合うか合わないかは別の話)

ホテルにて

ここ、めっちゃ良いじゃないですか。おすすめなわけだ。間口は狭く、写真がうまく撮れてないんで、外観の写真は割愛いたします。

ただ、エレベーターが少ないのが玉に傷でした。まあ、仕方ないか。香港のペンシルですからね。

部屋はかなり広いんですよ。あ、いっておきますが、ここ、香港ですから。

ランドリーにマークがあったのですけど、コインランドリーではなくて、ランドリーサービスのようです。ここでは洗濯をする予定はなかったので、構いませんでした。

ベッド

私の部屋は、ドアを開けたらすぐにベッドがどーん!とありました。
バタフライ ウォーターフロント ベッド

ダブルにしてはベッドは狭いし、私のベッドくらいしかありません。

だが!何度も言うけれどここは香港だ。私は姉貴たちがもっと狭いベッドで寝てるのを知っています。あと、バラのクッションはちょっと古びている感じで、これはいらないと思いました。

まくらにバタフライが飛んでいますが、「柔らかい」「固め」とか書いてあって、そういうのも好印象でした。ベッドそのものは少し柔らかめだったかな。

そのすぐ隣にデスクがありました。

バタフライ ウォーターフロント テーブル

そう、ここにhandyというスマホが置いてありました。使わないけどね。あと、ここにマルチタイプのコンセントがあるんで、220W対応のものならここで使うことができます。

バタフライ handy

荷物エリア

クロークコーナーのところにスーツケースを広げられるようになっていました。

バタフライ 荷物置き場

そしてもう一つ、窓の脇。
バタフライ ウォーターフロント 窓際

ホテルの販売サイトを見ると、窓際にソファが付いていることがあるんですが、私の部屋はソファではなくてこんな感じになっていました。その下は引き出しが付いていたり、冷蔵庫があったりと大変機能的です。

そうそう、ここはマグがプラスチックじゃなかったのも好印象。

バタフライ ウォーターフロント マグなど

その上にこうやって、セットになってた。

バタフライ ウォーターフロント ティーバッグなど

ただ、この緞帳のようなカーテン、開けなくてねえ・・・。

それでも持ち上げれば外の様子がうかがえるのは安心です。

バタフライ 窓の外

まあ、部屋は香港の住居ビューってやつ。選べば本当にハーバービューだったんで、景観だけなら、ベストウェスタンの方が良いと思う。

バスルーム

ベッドのエリアとほとんど変わらないくらいの、バスルームはバリアフリーです。

バタフライ ウォーターフロント シャワー

窓の脇のようなところに置いてあるのは備え付けのアメニティです。特に撮影していないんですが、コンディショナー付きで、このホテルならコンディショナーはいらないやって思いました。どれも微妙に香りが変えてあるような気がしましたが、甘めの香りで好きでした。

おそらく、足の不自由な方でも使いやすいように椅子があるのでしょうけれども、私はここに着替えを置いたりと、便利に使いました。障害のある方に便利だと、障害がなくたって便利なのよ。

シャワーの水圧はかなりあって、まあ、この部屋は一番安い部屋で6階だもの。低層ですから。お湯がでるまでに多少かかりましたが、暖かいシャワーです。はい。

お手洗いはこんな感じ。ブースにはなっていないんですけれども、「シャワーオンザトイレ」じゃないんで問題ありません。

バタフライ ウォーターフロント バスルーム

そして、洗面所のカップもガラスなんです。

バタフライ ウォーターフロント バスルーム アメニティ

ひょっとすると、バリアフリールームだったのかもしれません。近くに2台目のエレベーターがあって、それが90度ドアの向きが変わるタイプ。ただし、そのエレベーターが出る先は地上では、業務用の車が出入りするところなんですけどね。

常夜灯やフットライトがないのがね・・・

室内で一つ問題があるとすると、灯り。

明るさそのものはそう悪くはないのですが、常夜灯とか、フットライトがないんですよね。

ホテルで警報がなったこともあれば、スマホアプリの地震速報(地元のね)が来たりと、いろいろありましたでしょ。しかも、窓の重たいカーテンは明けられないし、少なくとも常夜灯くらいは欲しくてね。

バスルームと玄関になるような廊下があるなら、そっちの灯りをつけておけば良いのですが。バスルームの手前にベッドがあるんです。

仕方がないので、ドアのところの灯りをつけて寝ようとしても、つらく、結局、すりガラスなので、バスルームの灯りをつけて寝ました。それでぐっすり。

バタフライコーナー

チェックインのときは、バタフライコーナーには何もなかったんですけれども、チェックアウトのときはここにクラッカーが置いてありました。
バタフライコーナー
このときは朝食を外で食べるつもりだったんですけれども、疲れたんですよね。歯がアレになったりさ。ひょっとして、と思ってプロテインを持って行っていたんで、それを食べて出たんで、バタフライコーナーは利用しませんでした。

ベストウェスタンとどっちがいい?

スタッフはどっちも親切な方だと思うし、香港でこの程度の値段であれだけ親切なら文句ないです。

どちらもエレベーターが少ないのでそれなりに時間がかかると思います。

問題は日が落ちてからかなあ。夜中といっても、22時くらいなのですが。

日が落ちてからはこっち側は多少不気味に感じるかもしれません。目の前に高架があるので暗く感じるし、夜中までご飯を食べられるところがあるわけじゃないんです。

私はそれなりに慣れてるし、不安はなかったのですが。夜中出歩くなら、皇后大道西側、ベストウェスタンの方が安心感があるのではないでしょうか。

荷物がそれなりに多くて、一人で、さらに、帰りが遅いというなら、狭いのですけど、ベストウェスタンハーバービューの方が便利であろうと思います。部屋の広さ、お洒落さ、遅くなると出歩かないというなら、バタフライ。それでも、ベッドの広さをとっても、バタフライもベストウェスタンも、シングル利用が快適ですよ。

ただ、二人以上で宿泊する場合、香港島側にこだわらないのであれば、もう少し出してホンハム(実は苦手エリア)のハーバープラザ・メトロポリスの方が快適度が上がると思います。

⇒ハーバープラザ・メトロポリスは今まで宿泊した香港のホテルの中で一番良かった!

行き方

西営盤駅は皇后大道西がわのA1(ベストウェスタン側)はエレベーターです。干諾道側というか、徳輔道西に面しているA2は階段。で、バタフライはA2側です。

でもまあ、香港空港なので荷物はスルーで高雄で受け取るようにすれば問題ないわね、ということで、一泊分だけを持って行くなら階段でもいいんですよね。今回は。

また、空港バスはホテルの前から乗れるみたいだし、複数の人でホテルに向かうなら、AELとタクシーを乗り継ぐのが良いかもしれません。私はどこから乗ったんだっけ、香港駅に行きそうなバスを見つけたんでそれに乗って香港駅に向かいました。いやまあ、それなりに土地勘があるもんで、そういうことも可能です。

Copyrighted Image