明日香:甘樫丘に登る [2020年10月 Go To奈良] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク
Wi-Fi セキュリティ

明日香:甘樫丘に登る [2020年10月 Go To奈良]

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

さあ、この日のハイライト??甘樫丘です。

この日は藤原宮跡から歩いて飛鳥まで来たんですから。⇒藤原宮跡から飛鳥資料館

さらに岡寺も行った。⇒岡寺

はぁ。疲れた。もう16時前ですから、急げばなんとかなる。急げ、急げ。日が暮れる。

水落遺跡から甘樫茶屋まですぐでして、徒歩です。⇒水落遺跡

いろんなところに登り口があるのだけど、私は甘樫茶屋から上がった。河原展望台まで行く余裕はない。そのまま豊浦に降りた。

甘樫丘 登り始め

ルートとしてはこんな感じ。Googleが10分と出しているけれど、私は上で少し休憩もしたからね。写真を見ると15:48に登り始め、15:58に展望台で少し休憩。平吉遺跡が16:04なので、運動不足の姉さんにしては、良いタイムではなないかと思います。

川原展望台まで行きたかったけどねえ。時間ないもんねえ。豊浦側の展望台から。

甘樫丘 畝傍山と耳成山

多分左が畝傍山。右が耳成山。だと思う。

藤原宮跡から見るとなんじゃこりゃ、ちっちゃ!と思ったけれど。⇒藤原宮跡

甘樫丘から見ると、流石大和三山というだけあって、目立つのね。

こんな地図も置いてあった。

甘樫丘 地図

先にこの絵を見てたら、またルーティングが変わっただろうな。

10年ぶりくらいに明日香に来たので、次に来るならまた10年後かしらと思ってる。その頃にはまた発掘の成果が反映されて変わってるんだろうなあ。

豊浦側に降りるのだけど、途中こんなの見つけた。平吉遺跡です。

甘樫丘 平吉遺跡

反対側、甘樫丘東麓遺跡が蘇我氏の何からしいけれど、こっちも何かあったんだなあ。

甘樫丘東麓遺跡の発掘調査 |調査報告等 |発掘情報

 

Copyrighted Image