中国移動香港の各国4G/3G対応・音声&データ通信ローミングプリペイドSIMを「中国で」使われた方に伺いました | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

中国移動香港の各国4G/3G対応・音声&データ通信ローミングプリペイドSIMを「中国で」使われた方に伺いました

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

中国で購入したHuaweiのスマホでは、実はユニコムよりも繋がったんだって!

このSIM、結構Amazonで売れてるのですが、中国でも使えるんですね。知らなかった。

4G/3G Data & Voice Roaming Prepaid SIM Card

中国移動香港が中国でローミングする先は、もちろん親会社の中国移動です。

TD-LTEといって、Bandが38以降のものを使います。

2016年に発売されたスマホの多くは対応しているようですが、それ以前のものはBand38以降のものに対応していないと4Gを掴まないんです。

しかも中国移動の3G回線もまた特殊らしく、あまり掴んでくれる機種はない。

ただこの方がお使いになった機種は中国で購入したHuaweiらしいので、そういう心配はいらなかったのでしょう。

浙江省は杭州だけではなく、山に登ったりいろいろなさっていたのですが、電波は安定していたようです。

むしろ、ユニコムの跨境王加強版(3Gのやつ)の方が安定しなかった、とのことです。それで中国移動に入れ直すと安定したそうです。加強版は私も持ってます。
⇒跨境王加強版を上海で利用しました

これは機種との相性もあるのかな。

通話が可能なSIMですが、番号は(もちろん)香港のものだそうです。

ほら、香港と中国の番号どちらも持てるSIMがあったじゃないですか。あれが香港の番号だけ、になったものがあ、ると思ったらなかった。

なので、音声通話も、と思うなら中国移動を使うならこれオンリーなのでしょうか。

私の場合は問題はデータ通信です。
中国の場合は、1日あたりはHK$68でキャップされているようです。
・・・高くないか?
Data Roaming Service Tariff

この記事を読まれた方は、こちらの記事もよく読まれています

▶︎ 中国で使えるSIM もくじ に戻る 

Copyrighted Image