青森:ワ・ラッセでねぶたを学ぼう [2020年10月 Go To青森] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

青森:ワ・ラッセでねぶたを学ぼう [2020年10月 Go To青森]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

「青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ」が正確なお名前。

駅の近くの、「赤い建物」が見つけやすいかも。裏からですが。

歩道

広告—————————-

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

 教養がいるのね、ねぶたって

中は撮影可能です。もちろんフラッシュ不可よ。ところが高校生くらいのお子ちゃまたちが、いっぱいいてフラッシュばちばちばちばちで目が痛い。こういうところでの振る舞い方を、家でも学校でも教えてもらわないんだ、気の毒に。

さて、内容は教養がいるというか、ハイコンテクスト。

 タコかな?って木花咲耶姫だったわよ

上から見たら、なんかな。これ、タコかなって。

ねぶた タコかな

下に降りてみれば。女の人がいるよ。

ねぶた 木花咲耶姫

うっへ、木花咲耶姫じゃないの。

天孫降臨したニニギに、ある神が二人の娘を差し出した。ニニギは美しい木花咲耶姫だけを手元に置き、美しくない磐長姫を送り返して、というのが人が短命な理由。というやつよ。

こっちは。紀朝雄と藤原千方の四鬼。

ねぶた 紀朝雄

和歌の力というやつですわよ、奥さん。

こっちの小ぶりなものは竹なので大きくできないのでしょうね。

ねぶた 曾我五郎

曾我五郎。曽我兄弟の仇討ち。

歴代のねぶたにも、水滸伝・三国志を題材にしてみたりと、なんとも、ある程度の教養がないと楽しめない。

で、その素養が青森の人にあるわけよねえ。やはり豊穣な土地だと思うの。

これら、展示されるねぶたは、毎年入れ替わるのでしょう。残念ながら2020年はコロナで中止。だから、令和元年になってて、即位を祝うものだったというわけ。紀朝雄なんて典型例よね。

 ねぶたの構造

さて、こっちにはねぶたの構造がわかるものがあります。

ねぶた 構造

誰の顔か書いてなかったけれどだれだろうか。髭と綸巾っぽい帽子。やはりかぶってるところから察するに諸葛亮かなあ。

こっちはもっとスケスケ。

ねぶた 手の構造

手です。LED球になってるっぽい。白熱球って火災になりそうですし。

こっち。曾我五郎の方は中が見られるようになってました。古くからの、竹のもの。

ねぶた 竹

枠組みの土台は木ですが、竹籤で作ってるのね。これに白熱球なら火事もありうるよね。(神宮外苑であった東京デザインウィークで展示物の火災でお子さんが亡くなった事件がありましたよね)

もちろん外側は紙です。紙だから熱は逃げやすそうだけど、燃えやすいことは確かだ。

チケットは八甲田丸・アスパムとの共通チケットがある

私は八甲田丸でワ・ラッセとの共通チケットを購入しました。⇒八甲田丸

同じ日に使わないとならないというわけではないので、気軽に購入しました。

アスパムはどうしようかと思ったけれど、ねぶたは見てみたい、八甲田丸は入りたい、それ以外はわかんないよね、ということで。アスパムに入った日は、天気がどんどん悪くなってくる日だったので、いいや、次に行こうってパスしました。

コインロッカーもあるよ

青森駅ってそんなにコインロッカーがある感じがしなかったけれど、ワ・ラッセにはコインロッカーもありました。無料区域だから。

営業時間には注意する必要がありますが、コインロッカーがあることは覚えておいてもいいかもよ。

ねぶたの家 ワ・ラッセ
青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」。ねぶた祭の歴史や魅力を余すことなく紹介し、ねぶたのすべてを体感することができる夢の空間です。

Copyrighted Image