スポンサーリンク

白花油はいろいろあるよ!刺激があるから気をつけて楽しんで!

台湾で面白がって購入した白花油です。「ばいふぁーよう」と発音するのかな。
もう少しハッカのようなものだと思い込んで、鼻がすーっとするかな・・・と買ってみたのですが。

??タイガーバーム?

メンソレータムでいいや。もう少し刺激が欲しいならヴェポラップだ。

広告—————————-

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

香港女子は白花油で蚊除け

そう思っていたのですが、夏に香港女子が彼氏と日本に来たときに面白い使い方をしていました。

ハイキングがしたい人なので洞窟探検に行ったんです。

港女、手に何かをとって腕につけていきます。
「何つけてんの?」
おー。白花油。
「あんた香港に持ってきてたじゃん?」
そうそう。どうやって使おうとパックの中に入れていて香港まで持って行っていたのを女子が見つけたことがあったのです。あれはちと古い。
おー!!!
「ひょっとして蚊除け?」
「そ。奴らはこの匂いが嫌いだから近づかない」
「まじ?」
「まじ。でも匂いが消えたら寄ってくる。そして匂いはすぐに飛んじゃうけど」
だそうです。

実はオーソドックスな白花油はアレに形状がにてない?

小さめの白花油を購入したことがあるのです。

白花油

目的は、コットンに垂らして蚊除けにしたかった。肌に直接つけるとすううううううううっとしすぎるんですよ。私の肌には向かないのか、量が多すぎたのか、ちょっと苦手。

ところが。

蚊の連中・・・効きやしない。それよりも、蚊取りラケットで電撃したほうが良いようです。

しかもね。この形状といい、コットンの上に置いたらわかっていただけるのではないかと思うのですが・・・。

目薬と形や大きさがにています

超危険!!!!!!!!!

こちらはガラスなので手触りが違うのですが、こう、間違えてしまわない可能性は・・・ゼロではない。それは排除しなければ。

というわけで、私はこれは使わないことにしました。

ロール式のがあるよ!

こんなの買ってみました。

白花油

白花油覚醒

右は白花油覚醒だそうな。

ロール式の白花油なのですが、これ、Pak Fah Yeowって、広東語かしら。

白花油

手に取るわけではないのもあり、一度に出る量は多くないので、刺激が少なかったです。

蚊除けというより、なんだかな。リンパに沿って、耳の裏から顎の下のほうに流すと結構いい感じ。陳皮の香りが結構好き。

箱に書いてある文字は日本人は多分「伊予柑」に空目するけど(私はしたよ)、実は「佛手柑」。

緑油精

もう一つ、緑色の油がありました。
白花油

こっちもロール式。

肩甲骨の裏に塗ったら気持ちいいかな・・・。コリが解消される。というか、台湾滞在中、CMがありましてね、首から肩にかけて塗れと。

はい。

きたあああああああああ!

かああああああああああっときた。

血行が良くなる!良くなる!!良くなる!!!

いずれにせよ、小さいボトルなので、機内持ち込み可能なので便利です。

しかし、そこそこ刺激があるので、肌の状態によってはお控えなる方がよろしいかと。

 

いずれも好みがかなり分かれるので人にばらまくお土産には向かないけれど、自分で買って楽しむ分には面白いです。

アマゾン怖い子。並行輸入品があったよ。私はこのタイプが好き。万能かというとそれは違うんだろうと思うけれど。

Copyrighted Image