ad

アユタヤ:クルンスリーリバーホテルでランチ [2017年6月 日タイ修好130 周年記念 メディアツアー]

今回はTAT×TG共催の「日タイ修好130 周年記念 メディアツアー」に招待していただきました。
このランチメディアツアーに含まれていた部分で、個人的な負担は一切ありませんでした。

アユタヤのランチは、130人全員集合。ここで「あ、今回大阪仕切りなんやな」ということがわかりました。なるほどなるほど。

クルンスリーリバーホテル

何を食べさせていただけるのかしらね。

クルンスリーリバーホテル

メニュー表がありましたが、いっそ漢字で書いてくれてOK、というくらい、タイ料理と中華料理(っても、どこよ?)と、和食と中華料理の距離感は近いかもしれない。

ナプキンが綺麗にセットしてあった。

クルンスリーリバーホテル

一品目はこれ。じゃーん。川エビだということなのですが、私はサーブされるときに「Skip」と申しました。食べられないもの。

クルンスリーリバーホテル

お食べになった方によると「ぷりっぷりで美味しい!」だそうです。カニ?と聞くと「もろにエビ」。だめだわ。

私の一品目はこれになるわけです。

クルンスリーリバーホテル

おっやさい、おっやさい。

次はパクチーが少し香ったと記憶しているスープ。

クルンスリーリバーホテル

さらに、チャーハン。

クルンスリーリバーホテル

デザートのGinkgo Nutsとは何か。

クルンスリーリバーホテルクルンスリーリバーホテル

なんなんだ?と思ったのですが、銀杏だそうですよ。銀杏だめなのー、とおっしゃる方が少なくなかったです。うむ、味のない栗みたいなもので、銀杏ってこんな味でしたっけ。それと、銀杏ってイチョウの実なのですが、イチョウはタイに生えるのだろうか。輸入でOKなんですが、そんな話をテーブルでしました。

さて、サーブされていたビールはChang。確かこれはkanaさん。

クルンスリーリバーホテル

mamiさんだったかな、これがタイのスプライト。

クルンスリーリバーホテル

あら、ココナッツ。

クルンスリーリバーホテル

どこかに行く前のものを撮影させていただいた。

mamiさんはさらにスイカジュース。

クルンスリーリバーホテル

確かに今回いろんなところでいろんなフルーツジュースを飲みましたが、スイカジュースはヒット。(他はエラー)という感じだったなあ。

私は、といいますと、飲み物はたっぷりと用意してましたし、そんなに喉も乾かず、むしろトイレが心配なもので、お茶で終了。

このクルンスリーリバーホテルは、アユタヤでも新しくさらに高級なホテルなんだとか。よくよく調べると、実はアユタヤ駅の直ぐ近くでした。バスで移動すると、距離感なくなっちゃうからな・・・。

ネッ友さん、以前アユタヤに列車で行って、レンタサイクルでぐるぐるまわられたんだとか。アユタヤに二泊くらいしてゆったりするのもありだなー。駅から近いなら荷物の移動も楽ですし。

>>Booking.com クルンスリ リバー ホテル(Krungsri River Hotel)

今回はTAT×TG共催の「日タイ修好130 周年記念 メディアツアー」に招待していただきました。
このランチメディアツアーに含まれていた部分で、個人的な負担は一切ありませんでした。