スポンサーリンク

京急・浅草線で羽田空港に向かうとき。ターミナルによって乗るべき車両が違う

羽田組にはおなじみの問題です。

京急・浅草線、正確には都心からなので浅草線・京急でしょうけど、羽田が先なんでどうしても意識が京急・浅草線という順番になる地方組です。

いずれにせよ京急で羽田に向かうときにいっつも???ってなってしまうんですよ、私。「えーと、今回はターミナルどっちだっけ?で、どこに乗ればいいんだっけ?」

姉さん、鉄子ですが、飛ばない鉄に興味はない。覚えられない。京急品川駅なら書いてあるんだけどなー。いつも京急品川駅を使えるわけじゃないからなー。

それで、メモっておくことにしました。

ANA=2タミ=1号車

自己メモとしては、これでOK。

OKではない方は少なくないはずなので、説明しますと。

羽田にある京急の駅は「羽田空港国際線ターミナル駅」と「羽田空港国内線ターミナル駅」。国内線ターミナルは2つあるのに、駅は1つ。

どうなっているのかというと、地下で、1タミと2タミが繋がっていて、その繋がっている部分が京急の駅になっているというわけ。

つまり、駅の端っこと端っこにそれぞれ別のターミナルがあります。なのでね、自分のターミナルはどこじゃいな、と思ったら反対側だった!なんてこともないわけじゃない。

さて、今回私はJALでした。

羽田ではJALは1タミ!ANAは2タミ!

で、JALなら乗るべき車両は(8両編成なら)8号車側。
京急・浅草線

(浅草駅)

ということは、ANAなら1号車側!(先頭)

JAL=1タミ=8号車、ANA=2タミ=1号車!

こう書いておけば、飛び乗ったときでも自分のブログをみれば大丈夫だと思ってる。

・・・てっか、羽田に入ってくるのに12両編成なんてあるんでしたっけ?あれ?6両編成のこともありませんでしたっけ?なんどもいうけど、姉さん、鉄子だけど飛ばない鉄に興味がない。

じゃあ、こう書き直せばいいわけだ。

ANA=2タミ=1号車!、JALはANAの反対側!

うむ。多分これが正確だと思ってる。

ところがね、羽田の京急の駅で見て見たらさ、何号車かって書いてないわけよ。ええええ???ってなった。

なお、横浜・川崎方面からは京急蒲田でスイッチバックする。なので、JALなら数の多い方、ANAなら1号車を目指すべきで、ANAは後方、JALが先頭になる。

Copyrighted Image