台湾土産:干したグァバがグミっぽくて好き  [おうちで台湾][2017年6月 台北旅行] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

台湾土産:干したグァバがグミっぽくて好き  [おうちで台湾][2017年6月 台北旅行]

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

姉さん、ドライグァバが好き。

ドライグァバおいし。南国の味。 枇杷膏と一緒に台湾から輸入したものです。 #おうちで台湾 #ドライフルーツ #グァバ #紅心芭樂乾

広告—————————-

2019年7月に、KKdayさんで「金品茶語」のペアチケットを提供していただきました。
KKday 【台北】金品茶語:台湾グルメのセットメニュー・お食事チケット
場所は中山駅すぐですし、時間が早かったからか、サーブも早かった。
⇒台北:地下鉄中山駅すぐ近く!金品茶語でカジュアルに小籠包を楽しもう

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

台北で買ったら気に入ったの

一番初めに見つけたのは、2017年。SOGO復興の下にある、City Superで見つけました。

私、台北ではデパートのグロッサリー部門でお土産を買うことが多いかな。というのも、お気に入りのスーパーマーケットの、全聯福利中心は日本のクレジットカードを受け付けてくれないんだもん。カードで払いたいじゃん?ということ。

グァバ

なにはともあれグァバ。
干したマンゴーは定番ですが、無糖がこのお店で見つけられなかったのね。
干したパイナップルも、そんなにありがたみを覚えていただけるわけでもない。

じゃあ?
干したグァバは?

グァバの実って中に小さな石ころみたいな種がありまして、旅行中に生で食べるには多少微妙なんですよ。

タイ産のジュースで満足するしかないのですが、干したグァバなら持って帰れるし、石ころみたいな種を心配する必要もない。

「焦糖を使いましたが、本来の味を」というわけで、これを選んでみたのです。お姉さん、それなりに添加物などを心配する人です。漢字でなんか読めるから台湾はそういう人にはとても良い。なお、うちの母は今で言うところのロハスでマクロビ信者です。子供が二人とも虚弱体質ならそうなるのも仕方ないな、と思うけど。

グァバってね、実際にはあまり甘さがないのですが、これもそう。甘さ控えめでドンピシャな私の好みでした。

多少歯ににちゃにちゃするのですが、詰め物がヤられるようなことのない、噛み切りやすいグミっぽくもあり、気に入ったのよ。値段は167元。(120g)

というわけで、ドライグァバを輸入した。

下二つは、日本にいながら、台湾からお取り寄せ。

まずは、2020年に輸入したの。

グァバ

他にも乾燥グァバは食べたことはあるけれど、一番肉厚だったしグァバっぽかったかも。石のような種がない??って気分になったくらい。

グァバ

なので、2021年はは、赤いグァバを輸入してみた。

ドライグァバおいし。南国の味。 枇杷膏と一緒に台湾から輸入したものです。 #おうちで台湾 #ドライフルーツ #グァバ #紅心芭樂乾

これまた、甘酸っぱいのが美味しいねえ。もぐもぐもぐもぐ、あっという間に食べてしまいました。カロリー高いかなー。

どちらも、TW Directといって、楽天台湾がお店から集めて送ってくれるところです。一週間くらいで到着しました。⇒台湾に行けそうにないから、ドライフルーツを個人輸入してみた

Copyrighted Image