スポンサーリンク

中華航空CI116 台北(桃園)ー福岡便 [2019年7月 台北旅行]

今回はデルタの特典で出した中華航空で福岡に降りました。

中華航空

おお、スカイチーム塗装だ。

中華航空はデルタの特典ですが、中華航空における予約番号の出し方は、デルタの出した予約番号ではなく、E-ticket Numberを打ち込んでしまう。そうすると、中華航空における予約番号も出ます。それでオンラインチェックイン、モバイルチェックインができるようになる。

広告—————————-

2017年にKKdayさんに台湾の、故宮博物院の北院・南院のセットチケットを体験させていただきました。
kkday【外国人限定】国立故宮博物院:台北北院+嘉義南院セット入場チケット

台北は2020年から改修に入るそうなんで。お早めに!!こっちも見てね!⇒故宮博物院:セットチケットで台北北院と嘉義南館を一気にまわれ!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

T2。中華航空でもT2のことがあるから要注意

中華航空ですが、ここはD9ゲートです。つまり、2タミ。

インタウンチェックインのときに聞いたのですが、「T1もT2も使うよ」ということで。実は、これよりも前に中華航空で東京(成田)に降りたときもT2だったな。T1を使うのは大韓航空で桃園に降りるときか、キャセイの時だけじゃんか。

変な感じですが、まあいい。

逆に、エバーなのにゲート変更でB、つまりT1に行ったこともある。桃園空港に関してはこっち。⇒桃園空港まとめ&情報アップデート。案外トランジットなどで過ごしやすいと思うけど

A330-300

中華航空 A330-300

狭いよなあ。A330-300は中ー短距離なので、まあそんなもんだろ。

しかし、この席は大正解!

中華航空 荷物が入る

楽しい!楽しい!楽しい!荷物が積み込まれるのが見えます。

ところで、真ん中のところが面白いシートになってた。

中華航空 手すり

わかりますでしょうか。後ろの座席は、手すりを上に上げることができます。しかし、前の座席は手すりが固定。へー。

そして、後ろにカーテン付き。

中華航空 デッドヘッド用?

デッドヘッド用、つまり、勤務しないけれど、人員繰りの関係上乗せていかないとならないクルーが座るところでしょうかね。今回は普通に客だったみたい。

特別食

ミールはアジアンベジタリアン(ヒンズー)。中華航空のミールはあまり美味しくない記憶があり。ミールを指定していたの。

中華航空 アジアン

やったー!これならなんとか食べられるものがあるー。指定しておいて良かったです。

歯の詰め物が取れ、マカイ病院で仮に入れてもらったのが全然しっかりしたものではなく、むしろねちねちして、ろくに食べられなかった。

食べたのは、カレー(肉がないから全部柔らかい)、そして!ドラゴンフルーツ!

柔らかいので豆のサラダも食べられないわけではないんだけども、嫌いなのよ、豆。三つくらい食べたので褒めて欲しいと思う。

ジュースは、パイナップルジュースにしてみた。

中華航空の特別食はデルタの予約画面上からは指定できないんだけどね。

元々は14時のフライトの予定だったんだよ。。。

実は、このフライトではなく、14時に桃園空港を出る便の予定だったんです。

中華航空は、TPE-FUKをデイリー2か3往復するのだけど、この14時桃園空港発だったら私は当日中に自宅に帰れます。

しかし、CI116 だと、福岡空港到着予定時刻は20:00。当時大学が東区にあったので、東区に住んでいた私は知っている。福岡空港は、滑走路が一本しかなく、夜は遅れていくんだ。21:15に博多駅に着いていないと、帰宅するために乗り継ぎにくくなる。帰れないとは言わないが、荷物を持っての乗り継ぎがかなり辛いので宅急便の手配必須。かつ、宅急便の手配をしている間に時間が経ち…お腹が痛くなってくるのが目に見える。

朝6時桃園空港発は避けたい。

というわけで嫌だったんだけど。

ある日突然、電話がかかってきたけれど、ZenFone5Z、「シンガポール」って書いてある。シンガポールの知り合いというか仕事相手は、電話してこない。

というわけで無視したんだけど、もう一度かかって出るべきか迷った瞬間に切れた。

10分くらいしたら、デルタからメールが来て「Congratulations!」って予約できましたって。16時の便じゃん。えええええ!?!?!?

というわけで、シンガポールの番号をググると「ノースウェスト」って出てくる。あらー、これはデルタ。

というわけでデルタに電話をかけると、「JALとのコードシェア便になり、デルタでは取れません」って言う。えええええ!?!?!?実はこのCI116だって、JL5128。JALとのコードシェア便なんだが。

このときに、デルタの担当さんに「特別食のリクエストできます?」と聞いて「ヒンズーベジタリアンがあるといいなあ」と言ったら、「アジアンベジタリアンはありますね」と言われて。それをお願いしたら、CAが「アジアンベジタリアン(ヒンズー)」とくれたので。担当さん、ありがとう。

実際のところの可能性としては、ちょうどエバーがストをしてまして。BR102といって、ちょうど桃園空港を16時すぎに出る便が欠航になってるんですね。それを受け入れたのかな。そうするとステータスなし&他社の特典利用の人は変更だった可能性がある。

仕方がなく。代替案はありませんか?と聞くけれど、早朝6時のフライトってキツいじゃん。それで、この便を受け入れざるをえなかった。結果的に、この朝に歯の詰め物が取れた大騒動(しみて飲食できない状態だった)があり、良かったんかなーと思ったり。

そのまま当日帰るのが厳しいので一泊したんですけれども。

そういうときに限ってさあ。福岡空港に到着したのが、20時前。笑ったね。川端(Not 中洲)のホテルに入ったのが21時前。つまり、21時前に博多駅到着できたやん。笑ったけれど、慌てずに済んだだけ良かったのではないかと思うので万事オッケーってやつ。

Copyrighted Image