ad



ルフトハンザリモワを買いに、JALでフランクフルト行けないよ(涙)[2017年5月 ルフトハンザリモワへの道]

2016年12月にうきうきして発券したのですが

ひっでー!またJALがヨーロッパ線のディスカウントマイルを改悪しやがった!?→そうでもないんじゃない?

2016年度の日本ーヨーロッパ便の特典です。左から通常・ディスカウント・JALカードディスカウント、です。
エコノミークラス 55,000 40,000 39,000

2017年度はというと、同じく日本ーヨーロッパ便の特典で、左から通常・ディスカウント・JALカードディスカウント、です。
エコノミークラス 55,000 45,000 44,000

5000マイルもとるようになってしまった!

しかし、期間をよく見てみましょう。

ヨーロッパ、モスクワ
■2016年度
A期間:2016年4月1日~2016年4月22日(ご搭乗日)
B期間:2016年12月1日~2017年2月28日(ご搭乗日)
※ただし、2016年12月17日~2017年1月3日はご利用いただけません。
■2017年度
A期間:2017年4月1日~2017年5月18日(ご搭乗日)
※ただし、2017年4月21日~2017年5月9日はご利用いただけません。
B期間:2017年12月1日~2018年2月28日(ご搭乗日)
※ただし、2017年12月22日~2018年1月8日はご利用いただけません。

https://www.jal.co.jp/121campaign/discount/inter/

わかります?4/22までだったのが、5/18までです。ゴールデンウィークを外した、5/10-5/18が使えるのです。

4月だけだったら「改悪」とぶーぶー言いますけど、5月あるんですよ。

ヨーロッパの4月とヨーロッパの5月。
絶対5月の方が気候がいいって。(とはいっても、私は今年の5月は寝込んでたんですよね・・・頑張ろう)

今はJALはフランクフルト便は成田発しかないのか、制限されているのかわかりませんが、JALカードユーザーなので、JALカードディスカウントが使えます。それで、44,000マイルはあったので、軽薄にとってしまいました。
>>JAL カード

5月、行ってきますよ!
44,000マイルと14,000円弱で航空券とっちゃった!

これで!妄想旅行だった、ルフトハンザリモワを買う旅が、妄想旅行ではなくなる!

なにしようかなあ

JAL407 NRT11:25 – FRA16:30
JAL408 FRA19:20 – NRT13:40

なので、1日目はフランクフルト宿泊。
でも最後の日はどこかから鉄道ででもいいからフランクフルトに移動してもいいじゃない?昼までに空港につけるような距離のところにいれば十分だと思うのね。

フランクフルトに限る必要はない。

どうしようかなあ。どうしようかなあ。この前オランダを調べたらかなり面白かったんですよね。
⇒オランダ一週間旅行 [モウソウリョコウ]

でもドイツなら、ベルリンに行きたいしなあ。フランクフルト美術館紀行でも、アムステルダムまで足を延ばすのもありだしなあ。でも今フランスに行くのは怖いなあ。

あー!楽しいなあ〜

JALはフランクフルト2タミ、Wordshopは1タミ

そしてJALはT2発着なのですが、WordshopはT1。

市内からであれば短距離・長距離駅ともにT1隣接のようなので、帰りは鉄道、もしくはT1に発着する航空会社(スタアラだな)に昼頃に到着すれば、余裕でしょ。

ドイツで免税手続きをしたことがないのですが(フィンランドとスウェーデンではある)、なんだか特殊なようです。

払い戻しの手順 – (1) 品物を機内持ち込みにする場合
1.お店で品物を購入した際、「Tax Free Shopping Cheque」を作成してもらい、自分で必要事項(氏名・住所など)を記入します。
2.フランクフルト空港・ミュンヘン空港で日本への帰国便にチェックインした後、『税関窓口』で品物・パスポート・塔乗券の3点とともに「Tax Free Shopping Cheque」を提示して輸出許可のスタンプをもらいます。
3.「Tax Free Shopping Cheque」を提出し、付加価値税から手数料を差し引いた金額の払い戻しを受けます。払い戻し方法には、フランクフルト空港内の『税金払い戻しカウンター』で現金で受け取る方法(日本円・ユーロなど)、日本の到着空港などにある払い戻しカウンタ-で受け取る方法、そして「Tax Free Shopping Cheque」を郵送して指定のクレジットカード口座へ振り込んでもらう方法の3種類がありますが、日本円でもらいたい場合は、振り込みまたは帰国後の受け取りがおすすめです。
払い戻しの手順 – (2) 品物をチェックインする場合
1.空港・お店で品物を購入した際、「Tax Free Shopping Cheque」を作成してもらい、自分で必要事項(氏名・住所など)を記入します。
2.フランクフルト空港・ミュンヘン空港のチェックインカウンターで搭乗手続きをし、その品物(の入った手荷物)にもバゲージタグをつけてもらいます(ここでは絶対にこの手荷物を渡さないでください!)。
3.タグのついた手荷物をそのまま『税関窓口』に持って行き、品物・パスポート・塔乗券の3点と「Tax Free Shopping Cheque」を提示して輸出許可のスタンプをもらったうえ、その場でチェックイン手荷物として預けます。
4.「Tax Free Shopping Cheque」を提出し、付加価値税から手数料を差し引いた金額の払い戻しを受けます。払い戻し方法には、
– フランクフルト空港・ミュンヘン空港の『税金払い戻しカウンター』で受け取る方法
– 「Tax Free Shopping Cheque」を郵送して指定のクレジットカード口座へ振り込んでもらう方法
の2通りがありますが、日本円で返金を受けたい場合は、端数まで受け取れる振り込みがおすすめです。成田空港に到着の場合は、ターミナル1到着階のJAL ABCカウンターでも受け取りが可能です。

免税手続き(タックスリファンド)について(Lufthansa)

JALのエコノミーは預け入れ可能荷物が2PC。なので、少し大きめのものを2つ購入し、1つ手荷物にすることが可能です。

どのみちリュックサックと小さい肩掛け一つで行くつもりだし。

少なくとも、T1で購入して、T2に移動して免税手続きなのね。

参考にいたしました。・ベルリン空港でリモワ(RIMOWA)を購入 免税手続き・価格など(旅好き個人事業主のtravel tips)

2017年4月末、キャンセルの方向で

泣く。泣く。

今年は2月から呼吸器が低空飛行

昨年は4月末に喘息の大発作を起こしてからよくなかったんですよね。

健康に過ごすよ♪と思っていたのですが、2月から低空飛行。

外国に行くには、AIUの既往症対応の保険をかけるつもりですが、これ、大発作用であって、小発作用ではない。

そして、小発作を放置するとひどければ死ぬ。

もちろん予防薬(レルベア)を処方してもらったし(英文の投薬証明書はいっかー、ともらってない)。

薬が切れるので、新しいお友だちを引き取ってきた😷 治しますよ✨治しますよ✨

Satoko Hanaokaさん(@satokohanaoka)がシェアした投稿 –

レルベアは予防薬で基本毎日使います。

もう一つはサルタノールという気管支拡張剤を処方されています。こっちは残ってるから今回は処方してもらわなかったのね。

で、何が主な因子になっているかというと寒暖差です。24時間暖房をガンガン効かせたところにいるのはあまり好みではないし、木造住宅でそれをやろうたって無理な話。

ここで主に滞在するつもりだったデュッセルドルフの天気予報を見てみましょう。

デュッセルドルフ

日に日に暖かい予報に変わってきていたのですが。12日・13日・14日は主に街歩き、15日は移動日、16日も街歩きでしてね・・・。

調子があまり良くなくて、歩く練習もできていない。

もちろん、暖かいローマに移動するのも手だったのですが、到着日はそのままフランクフルトに泊まり、出発前もフランクフルトに宿泊。そのホテルもタイミングが悪くて高いし、飛行機もすでに高いし、ですでに予算オーバーになってしまっていました。

となるといくつか条件を出しておきました。

フランス大統領選挙

今回の滞在中、健康面よりも安全面に問題があるかなあ、と踏んで、こう仮定しておきました。
陸続きの隣国、フランス国境に行かないとはいっても、ベルギー・オランダ・ルクセンブルグとの国境付近には行く予定でした。

影響が全く出ないわけなんかないもの。
・ルペンが勝ったらその場でキャンセル
・ルペンが1回目で負ければ行く
・ルペンが決選投票でダブルスコアで負けたら行く
・ルペンが決選投票で僅差(得票率差10%以下)で敗れてたら行かない

この四つの場合わけは明確でした。ルペンがダブルスコアでないとしても結構な差をつけられて負けた場合は多分行ったと思う。
全てICEの一等で移動するわけではなかったし(RBの設定しかないところもある)、結構一人で移動する人なのでこういう安全面は一番重要でした。

もう一つの条件

これは24日の週に決めたことでしたが、「気管支拡張剤(サルタノール)」を使ったら行かない。

ひどいときにはサルタノールを使うのが前提の処方なので呼吸が困難な時には使うべき。
しかし、気管支拡張剤を使うと(サルタノールは私は気分の落ち込みが少ないけれど)、アドレナリン類似物質なのでなので心臓バクバクでとっても不快。なので、私が「サルタノールを使わないと」というのは多少ヤバいとき。

27日の早朝に使ってしまいましてね・・・。

姉御さんアウト!

あああああ!早く6月くらいにならないかしら。高温多湿が姉御を救う。

リスケする?

44,000マイルは戻って来る模様です。
今、15,000マイルあるので、合計59,000マイルあります。来月には1,000マイル入ると思うんだ。

60,000マイル。

見たときに、AF・BAはもう開いてないのです

JLで飛ぶと?

ところがJALのフランクフルト便を見ると、55,000マイルでエコノミーがとれるのですが、ない。比較的うまく空いているのは7月のパリ便で、到着日はCDG隣接ホテルに宿泊してFRAなりMUC往復をAFかLHを単発で購入することは可能でした。55,000マイル。CDG隣接ホテルもFRA隣接ホテルも安い!

ただし問題があって、その日程では7月にすでに詰めている別の用事とバッティング。

9月のCX

もう一つの案は9月のCX。
FUK-HKG-FRA-HKG-TPE-FUKでFRAとTPEに数日ずつ滞在することが可能なプランがありました。これも55,000マイル。これなら、香港は深水歩でSIMを買い、フランクフルトでルフトハンザリモワを購入し、また香港のジェイドで食べて、最後に台北でマンゴーをむしゃむしゃやって帰ることも可能です。

しかしそういえば、残念なことにCXは他社の特典利用時に座席指定を開放しないのだもの。他社の特典なので仕方がない。

電話で聞いてみようか、他の会社

他の会社、これはもう経由便ですが、JALマイルで取れるのがいくつかあるのですよね。

それは電話、とのことなので、リスケするならそういう手もあるなーと思いました。

それよりもリモワをレンタルして使ってみたほうがいいのでは?

リモワ、どの形・どのラインがいいのかがいまいちよくわかってないんですよ。

「かわいい!」で終わっちゃってるから。

そして、物を少なくしたいと思っている姉御、このリモワはアレだったからこっち、という買い方はしたくない。

ですので、レンタルして実際に使ってみて、それから買いに行くのでも遅くないのではないかと思ったのです。

ほら、小さいハードケースはあまりつかってきてませんし、それなりのハードケースは使ってません。

それで、今年はリモワをいろいろレンタルしてみて、きっちりレビューの記録をとり、それから買う。つまり、今年ではなくて、2018年の真夏にリモワを買う旅に出るのも良いのではないかと思いました。

今年マイルをそんなに使わないなら、プレエコにはできるかもしれないし。うまくいきゃビジネス!夢はでっかくファースト!
>>JAL カード

★周遊SIMを買ったり、Kindle版の歩き方を買ったり準備もしてたのになあ。
⇒ヨーロッパ用周遊ローミングSIMなら、事前にAmazonで調達できるよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする