ヴィクトリア・ピークへの往復方法 [2014年1月 香港旅行] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

ヴィクトリア・ピークへの往復方法 [2014年1月 香港旅行]

港女ズが、「どこいこ?」と話し始めました。
「久々に、ピークいこっか」

ということで、ヴィクトリアピークに行くことにしました。

行きはバスで

行きの場合は、トラムに乗るためにはかなり待つ必要があります。
それもあるのでしょうね。ジモティーはバスを選択しました。

中環から乗った

乗った場所

場所はセントラルのシティ・ホールの前のバス停から乗りました。15番「山頂」とか「太平山頂」で行きました。

上環方面から来るミニバス(1番)は(一杯で)止まらないこともあるので期待なさらないように。

バスに乗るときには大きく手を振ってアピールして下さい。

香港のバスの運転は荒めですよ。

車窓より

二階建てのバスの二階に乗りました。進行方向に対して左側の席でした。

中環(セントラル)から上環にかけてはこんな感じの商店が並びます。

ビクトリアピークへ

狭い感じの路地にはほぼ必ずマーケット。この写真は小さめのマーケットですよ。それにしてもこのスマホの写真のクオリティはひどいな・・・

山登りを始めます。

ビクトリアピークへ

下をみると奈落の底って感じ。ほぼこの高さのビルがあるわけで。恐ろしいです。

学校。とみると、このESFという印のある学校は、Taight in English、つまり、英語で教える学校なんだそうです。

ビクトリアピークへ

止めてある車もレクサス。場所が場所だしな・・・。

 

あの学校の子達でしょうか。

ビクトリアピークへ

お金持ちの子女なのでしょう、香港くらい格差がはっきりした場所だとリアルな「花より男子」がありそうだ。いや、逆に格差がはっきりしすぎているので、下の子が上の学校に来るということもないのでしょう。

展望台のあるところまで到着しました。

ビクトリアピークへ

バスでは一時間かかるし、振り回されるから気をつけて

所要時間は約一時間。ぐるぐる回るので、結構時間がかかります。なので、トラムが一時間待ち、といいうわけでもないなら、トラムで待ってしまった方が早いです。

また、山を登るので、ブンブン振り回されます。もしも、車酔いをするならバスはおすすめしません。

ただし、30分でも列で並ぶのが嫌だという場合は、もしも「座れる」なら、バスは少し楽です。

優先チケットがあるので、計画的に行くなら、これを買うのがおすすめ。
Kkday 【往路は優先乗車!】香港ピークトラム片道 / 往復セット乗車チケット

帰りはトラム

ここからは画像がかなり荒くなります。実はスマホで動画撮影をしていて、そのキャプです。

トラム1

トラムの料金は25香港ドル。香港の交通費にしては高いですね。ここはオクトパスが使えます。

こんな車。降りますよ。

トラム2
おーちーーーーーーーるーーーーー。遠くを見よう、遠くを。

トラム3

遠くにICCが見えるよね(棒)
両側がアレじゃん。見えないじゃん。

トラム5

じゃあ、上を見よう。最後尾なのですよ。ここ。

トラム4
おーちーるー。

もう遠くは見通せません。
トラム6

そして、到着。

トラム7

▶︎2014年1月 香港旅行 に戻る

★ビクトリア・ピークへの往復は、特に登るトラムは混みます。さらに、バスは一時間近くかかります。2泊3日のようなときにどうしても登りたいならば、優先チケットを買うのがいいと思う。
優先チケットがあるので、計画的に行くなら、これを買うのがおすすめ。
Kkday 【往路は優先乗車!】香港ピークトラム片道 / 往復セット乗車チケット

Copyrighted Image