ad
ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

寒い空港でのトランジットなら、何か暖かくできるものを手荷物に持っておくのがおすすめ

寒いですねえ。
実に寒い。

こういうときにこそ、暖かいところに行きたくなりますね。私は東南アジアに行きたいです。

しかし、そうすんなりとも行かないのが地方組。
in & outはどこにする?東京を経由する?そこから始まりますから。

冬に暖かいところに行くならば、ねえ、コートどうする?

例えばの話、成田in & outにしてしまえば、コートは預けることができますよね。

クレジットカードのサービスをよく見ると、コート預かりサービスの優待が付いていることだってあります。
>>セ ゾンゴールド・アメリカン・エクスプレスカード

空港はやはり限定されちゃうんですが、そこは地方組、使える空港から飛んでしまうというのも一つの手。

さて、何はともあれ身軽になってレッツゴー。

東南アジアなりハワイなり、直行です?

台北乗り換え・香港乗り換えならまだいいんですけど、地方からの乗り継ぎなら結構あるのが仁川乗り換えじゃない?

あの空港は悪い印象はないんですけれども、こういうことがあった。しかも、日系に乗ったんじゃない。大韓航空でしたよ。それも福岡発じゃない。羽田発。
沖止め

ブルーのバスが見えますね。そうです。沖留め。この日はマイナス一度って言われたんです。このときは東京がそんなに寒くなかった&行き先が台北だったのもあって、スプリングコートを着て乗り込んだんです。

一度外に出られるといいかなーと思ってたから。

しかし、「ただいまの気温は氷点下一度」のアナウンスでその気は失せましたね。朴槿恵がどうのって時期だったのでソウル市内に出るのはやめて、空港内で映画を見ました。

まあ、それなりの防寒具だったからいいんですけどね。

これねえ、「今から行くのはハワイ❤️。コートは空港に預けて、半袖で乗り込む!」だったら悲惨ですね。

あと、日本は空港が寒いよね。そして機内でいくらブランケットを提供してもらえるレガシーとはいえ、機内が自分にとっては寒い可能性があると思う。また、向こうの空港が寒いかもしれない。

というわけで、
寒いところをトランジット点にする場合は、それなりに防寒具を用意する方がいいです。

私は羽毛ブランケットを持って機内に入ることが多いです。上の棚(オーバーヘッドビン)にあげてることが多いけど。

しかーし。羽毛ブランケットを肩にかけて空港内を移動するのは如何なものかと思うのよ。流石の私もしたことがない。

夏の空港もご用心あれ

M1 夜は寒い
実際には羽毛ブランケットは空港ではそんなに使うわけじゃないんですが。

なお、トランジット点が香港・シンガポールあたりだと、真夏の空港がギンギンに冷やされている可能性があります。彼らは宗主さまに合わせるから。彼らは冷房は18度くらいに設定するもの。それでも、最近の香港の冷房はだいぶゆるくなりました。最近のシンガポールは知らぬ。中東の空港も寒そうですね。

そういうところで常にたためるブランケットを被ってるわけにもいかないじゃない?

あともう一つ。香港や台湾(=暖房がない)で映画をよく見る私。冬は映画館でも暖房が入らないから結構寒いし、夏は映画館は冷房が効きすぎて寒いのよ。

ウルトラスリムダウンを買ってみた

そういうのもあって、しばらく前からオススメされていた、ユニクロのウルトラスリムダウンを買ってみました。

セールになってるかと思ったんだけど、寒いからなのか安くならないんですねえ。映画の半券で500円引きにしてもらいましたが、そういや、ユニクロで定価で買ったことってほとんどないと思うの。その話は別にして。

ウルトラスリムダウン

2017年の台湾旅行ですけれども、東京が冷えるかなー、という話だったんで、コートだったんです。帰りも福岡=日本海側なんでめっちゃ寒いんでね。それでコートをスーツケースに入れていたんですが、ほんっと場所を取るのよ。

それで思ったわけ。朝が氷点下になる時期でもないなら、ウルトラスリムダウン&セーターでいいんじゃないか、とか。

実際に行けるかどうかはまだわかりませんが、2018年は夏にイタリアに行きたいんですね。帰りはまたミュンヘンに寄りたい。OBBのナイトジェットでローマかヴェネチアからザルツブルク経由でミュンヘンに行くの❤️ そして、ミュンヘンでようやく念願のルフトハンザリモワを買うの!!!もう最高じゃない?

そして思い出す、2014年7月のミュンヘン。ミュンヘンというか、ザルツカンマーグート地方よ。35度あった翌日が20度な世界よ。その翌日なんて20度切ってたのよ。・・・今の体力だと、喘息を起こしちゃうよ。かさばらず、暖かくできるものが欲しいなあって。

ウィーンだって、日中は暑いのに太陽が傾くと寒くなってきましたからね。

本当はキルティングが縫っているものではなくて圧着(熱圧着?)のものが欲しかったんですが、フードがついていたのが気に食わなかったんです。色も気に食わなかった。どうしてかねえ、ユニクロは色がつくとあまりおしゃれに見えない。

それで、このタイプにしました。カラーがあるので、おそらくこれなら夏に寒くてもマフラーまで位らないんじゃないかなーって。あと、着てみて、シルエットがまあまあだったし。もう少し丈の長いものの方が暖かいだろうと思ったんですが、キルティングが細かく縫い目から羽毛が飛び出てたんで、これは喘息持ちの私には向かないだろうと思いました。

畳んでみるとこんな感じに小さくなります。

ウルトラスリムダウン

このサイズなら、手荷物に入れて、座席の下に入れておいてさ(っても、大韓航空はシートピッチがアレだったんだけど、)。
丈も短いんでね、エコノミーの座席でもさっと羽織れるんじゃないかと期待してる。

  • 2016年の大韓航空みたいに、寒いのに沖留めになってもぬくぬくと出られると思うの
  • 機内がめっちゃ寒くてもエコノミーシートでも羽織れるはず
  • よく持ち歩いてるエコバッグの中に入れておけば、映画館が冷えてても着られる
  • ヨーロッパの街歩きだって、朝はこれを着てて、昼はたたんでエコバッグに入れちゃって、夕方またこれを着てホテルに帰れるんじゃないかと期待してる

この袋は内側のポケットにでも入れてしまえば良さそうです。

ウルトラスリムダウン

外からアクセスできるポケットとは一枚隔ているようですよ。

今はあまりにも寒すぎて、丈の短いウルトラスリムダウンじゃ無理。

もう少しして暖かくなったら、これでぶらぶらしてみる予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする