ad

JAL日本航空 先得

女子旅を快適にするために。ソフィ シンクロフィットを愛用してる

解析すると、女性の読者の方が圧倒的に多いから、こっちに書いてしまおう。

話題に上ったシンクロフィットだけど、これ、愛用してまして。ただ、終わってまだストックがないから写真はなしで。

私は比較的時間を調整できるので、生理中は旅行しないということもできる。そうはいっても三ヶ月程度前から計画するタイプなので、ほんの少しのことで狂ってしまうことがあるので、全然用意しないわけにもいかないんですけどね。

しかし、そもそも行けるかどうかが問題で、生理との兼ね合いで計画的にはいかない人もおられますよね?私だって、予告された災害:東京オリンピック を避けるために逃走するとなると、20日は外国にいるわけで、十中八九生理に引っかかる。

旅行中に来た生理をどう快適に過ごすか、というのは、(かなり個人差があるけれど)女子である以上は避けて通れないよね。

初めて行く都市ではトイレが不安なこともある。そもそも「ここはトイレが不安」と知っている都市もある。⇒香港トイレ事情

生理痛のペインコントロールはそれぞれで、ひどい人は普段からピルを使うという人もいるし、ミレーナを入れて軽減するようにしたという人も知ってる。私は、30過ぎてからは腹痛も頭痛もなくなって、だるさだけがあります。なので鎮痛剤は必要ではない。ただし、しょっちゅう病院に行く人なのでわかってもらえるんじゃないかと思うけど、頓服でよくロキソニンを処方されるので、(処方された)ロキソニンは持ち歩いてる。それより生理前の気分の落ち込みと、終わった後の多幸感の違いが辛い。でも、最近そうでもないので、ひどい方じゃないんだろうと思う。

それでも、ずっとナプキンを使っていると生理中は不快感があります。また、肌が丈夫な方ではないので、トイレが不安→今日は多い日だ→夜用 ということをすると、お尻がかぶれる。

多い日には「ソフィ シンクロフィット」を愛用しています。

一箱に12個しか入ってなくて、一度の生理で全部使う感じ。

シンクロフィットと紙ナプキンの合わせ技

友達(検診その他に周囲の人たちを送り込む係になってる二児の母)の家に行ったときに「すごく使いやすいから是非次に来たら使ってみて!」と二つくらい分けていただいて知ったのが、「ソフィ シンクロフィット」でした。(あの人は多分周りの人にめちゃくちゃおすすめしていると思うので、ユニチャームは表彰してあげて良いと思う)

気に入って買おうと思って、近くのドラッグストアを回ったのですけど、売ってないので、Amazonで買いました。

私は単品では使わなくて、シンクロフィットと紙ナプキンを合わせて使ってます。シンクロフィットが経血を吸収し終わったら、単純なアプリケーターになる。それで多い日でも二時間程度は稼げます。

ただし、私はナプキンをいつもよりも少し後ろめにつけるようにしています。そうじゃないと後ろの方に漏れてしまう。多分、今までとは少し違う位置になると思うので、適宜調整してね。

使い方

お股に挟むだけ。
もちろん、膣口に当てないと意味がない。

外の袋も溶ける紙だからそのまま流せるし、本体も流せるようになってる。

本体の裏側に指をはめるところがあります。それでお股にあてるので手が汚れることはありません。

外すときもおしっこをしたら取れるから触る必要がないので清潔だし、ゴミも少ないです。

私の経血量は1日目はそれほどでもなくて、2日目に一番多く、3日目には減り始めます。なので、初めの三日間に12個使い切っちゃう感じです。少ない量で使ってしまうとアレだから。

デメリット

デメリットがないわけじゃない。

ナプキンと比べるとあまり安いものではないよね。毎回トイレに行くときに流しちゃうわけで、少なくなってるときにはただただもったいないなーって思っちゃう。

それ以外にはデメリットって感じないです。違和感はすぐに気にならなくなったし。

メリット

メリットはまず、流せること。
次は、時間を稼げるわけね。なので、「今日は多い日→移動する→念のために夜用→お尻がかぶれる」のパターンを防げる。

2時間でも猶予があると少し楽なので多い日の昼用とシンクロフィットを使っておけば、それなりに安心できます。

最大のメリットは、膣口にすぐに当ててしまうので、血液はナプキンまで通っても、それ以外はシンクロフィットの上に落ちること。

毛につくのが嫌で、脱毛も考えていたのですが、肌が弱いので脱毛は心配なんですよ。シンクロフィットの上に落ちるから毛にはそんなにつかないので処理が楽になりました。女子力とは清潔さのことだ。

ソフィ シンクロフィット 多い日の昼用 12ピース入

ソフィ シンクロフィット 多い日の昼用 12ピース入

265円(08/18 21:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

レギュラーな旅行用の生理用品としては使い捨ての紙ナプキンをベースにしている

普通のナプキンを「ケミカルナプキン」として忌み嫌う人もいますが、私は紙ナプキンは一番簡便で清潔だと思ってる。

布ナプキンはすぐに交換できるとき用だと思ってるので、生理が来るかしら?というときには使えても、多い日に移動するときには使えない。後の処理があるからさ。

タンポンは、長時間使うと(稀に)TSSを発症する可能性があります。あと、ナプキンと交互に使いましょう、なので、旅行中を考えるとあんまり意味がない。スポーツ中には良いんだと思う。
http://www.unicharm.co.jp/tampon/tss/index.html

月経カップは12時間程度は溜められるんだそうですが、旅行中で、私みたいに二泊して次に行きます、みたいなのだと後の処理はどうなんだろーって。

月経カップに溜め込んでしまうと、TSSを発症しないかな?と思っていたのですが、女医さんが「普通につかう分には問題ないんじゃない?」だそうです。
月経カップは本当に安全なのか〜タンポンとTSS(トキシックショック症候群)〜

これらは普段の生活の中で取り入れることはあっても、旅行中は控えたいです。というわけで、やっぱりナプキン。

ソフィよ、ソフィ。

オーガニックコットンの、なんてこだわりはなくて、ソフィ・ロリエ・エリスとそのあたりでいいんですが、生理中は免疫が落ちるのもあって、そもそも肌が弱くなる。喘息などを発症している場合は、特にひどい。愛用はユニチャームの「ソフィ」。昔から肌あたりが比較的優しいブランドですね。

特に肌の調子が悪いときはこっちを使う。

それでも、夜用まで日中に使うとお尻が大変なことになる。

準備するときはパンティライナー使ってる

ひどいめにあったことがあって、10日間ずれたんですよ。30すぎて。あれはきつかった。そういうときはパンティライナー使ってます。

ある人が、時期になってもいつ来るのかわからなくて紙ナプキンを使ってるとおっしゃったので、私はびっくりしてしまった。いや、そんなことをすると私はかぶれるから。確かに20代の頃は生理前に肌が繊細になることもなかったし、かぶれなかったので旅行中にやったのね。それが痛くてパンティライナーを使うようにしました。

ただこれはこまめにトイレに行けるという前提なので、旅行中に、というときには多少問題があるのは事実。

というわけでね、ソフィと、シンクロフィットの組み合わせが今の所結構良いと思ってる。