台北駅南部:三代魚翅肉焿で魯肉飯と肉羹 [2017年5月・6月 台北旅行] | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク
Wi-Fi セキュリティ

台北駅南部:三代魚翅肉焿で魯肉飯と肉羹 [2017年5月・6月 台北旅行]

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

あるとき、漢口街の峰圃茶莊で教えていただきました。
肉羹は好き?って聞かれて。三代は「サンタイ」と読むようです。

よくわかんないけど、肉ならいっか、と教わった通りに注文してみました。

だって、私にとって「羹(あつもの)」というとですね、周の文王が食べるのですけど(食べ物の記事では適切ではない。わかんなかったらぐぐるといい。まあ、妲己が作るものなのでお察し・・・)、食べたことがないので、よくわからなかったわけです。

それで、たまに食べるところの一つです。

決して、派手ではないけれど、いくつか、忠孝路や西門の方にも同じ「三代」の看板を掲げたお店があります。

私が行くのは、開封街です。

三代

すぐ近くのホステルに宿泊していましたので、「あ、近いよね」と行ってきました。

 

三代

時間帯によっては、テイクアウトで並ぶ人が出るほどなのですが、今回はすっと中に入りました。

メニューはこのとおり。

三代

私は「るーろーふぁん」ともう一つは発音できないので「あれ、あれ」と指差すのですが、「すーぷ?」と聞かれてうなづいて終了。

魚翅肉焿湯と魯肉飯を注文します。

三代

台湾らしい、「茶色い」お料理です。

最近ではパクチーを山盛りで食べるのが流行っているとかですが、やはり、これくらいが一番ですよ。で、とろみのあるこの肉のスープが羹。

肉は一度揚げるのかなあ。「魚」というのは、おそらくこれ、魚のお出汁だからではないかな。

魚翅=ふかひれ、ですよね。

ただ、ふかひれの生臭さはないしなあ・・・。そして、肉部分がふかひれだったらこんな値段で出せるとも思わない。肉は多分豚肉ですね。

出汁にトビウオ=アゴを使っているのではないかと踏んでいるのですが、もちろん不明です。

お値段しめて75元。安くて早くて美味いのです。

▶︎2017年5月・6月 台北旅行 もくじ に戻る

Copyrighted Image