スポンサーリンク

寒くなってきたから、玄品ふぐで、プリプリのフグを食べない?[モニター]

今回は、Kkdayさん経由のモニターです。

KKday【ふぐを堪能】ふぐ料理の名店・玄品ふぐ:お食事チケット

姉さん、西日本の人なんで、それなりにフグを食べます。姉さんが比較的好んで食べる魚介類というと、フグ・ブリ・アジ・サワラ・サバと、見事に西日本の人好みだよね。

さて、今回京都にがっつり行くんですけど、ってKKdayさんに言って提案していただいたのがこちら。Kkdayの担当の方(もちろん台湾の方)が興味津々だったみたい。

今回は京都のお店で、祇園。もろに八坂神社のすぐそばです。

広告—————————-

ジャストシステムズさんの、「ココアル」でオリジナルフォトブックを作るモニターをさせてもらったことがあります。結構半額キャンペーンをなさりますよ。
フォトブック作成サービス cocoal(ココアル)
こっちも見てね!⇒旅の思い出に?家族のイベントに?小さい子の成長記録に?デジタル時代だからこそ、フォトブックは良いものですね

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

玄コース

今回は、
玄コース。
内容:湯引き、てっさ、てっちり、雑炊、デザート です。

実は姉さん、フグの白子(精巣)が大好物です。特に天ぷらにすると、クリーミィなのがとろりとして本当に美味しいよねえ。

今回は単品でも白子の焼いたのか鍋かが頼めそうだったので、一品ずつの量と腹具合で決めようと思ったの。それは正解で、空きっ腹を抱えて行ったんだけど、一品一品の量がかなり多くて、注文しなくて良かったなあってつくづく思いました。

KKday【ふぐを堪能】ふぐ料理の名店・玄品ふぐ:お食事チケット

湯引き

湯引きは別名「てっぴ」とも言います。フグの皮です。生ではなくて、一度湯通ししてあるのね。これがゼラチン質でプリプリとした食感を楽しむものなんです。

ふぐ

もう、ここでニッコニコ。

てっさ

「てっさ」というのは、フグ刺し=フグの刺身のことです。

フグは身が硬いので、うすーくスライスするんですね。その薄さを表現するために、下に模様のあるお皿(有田焼か有田焼風みたいなのを使うところもある)を使う料亭を知っておりますが、こちらでは、真っ白なお皿をお使いでした。
刺身

それでちょっとわかりにくいかもしれないんですが、刺身の薄さを見てください。

他の魚と違って、フグの刺身の場合は、身が薄い=ケチじゃないんです。

薄くしないと刺身では食べられないの。

あるとき、姉さん、スーパーでフグの刺身を買いましてね。これが分厚くて分厚くて。分厚い=ゴージャス!じゃないんです。硬いの。硬くて硬くて、顎が疲れる。最後には焼いて食べることにしましたとさ。

てっちり

「てっちり」というのは、フグ鍋のこと。
tettiri

薄いプルプルした簡易のが左側にありますが、これはさっき食べた湯引き=フグの皮です。煮すぎると本当にとけちゃうから気をつけて。

今回「てっちり」として食べるのは、フグのアラ。アラとは言っても、内臓ではなくて、頭らへんかしら。フグの場合はキモを食べることはあるけれど、内臓には毒があるので絶対に食べないからね。大きめの骨がそれなりにあるんで、パクってしてはいけませんよ。フグの骨は太くて硬いからすぐにわかると思うけど、注意してね!

フグの身は硬く、熱するとまるでプリプリな食感が鶏肉っぽくなります。食べたことがなかったら、これはお魚?と思うかも。

ところで、この玄品ふぐ。お鍋が面白いの。中のお出汁は白出汁。多分昆布出汁でしょう。

竹の鍋

電磁調理器なのね。竹のかごの上に、防水の紙(触ったけれど、本当に紙だった)を乗せて、中にIH対応のステンレスが入っています。このステンレスが反応して沸騰させることができるというわけ。

一度、店員さんがきれいに作ってくれます。

てっちり

くずきりや、湯引き、春菊など、一度熱してあったり、すぐに熱しやすいものは、あとで自分で入れて食べるシステムです。

雑炊

このてっちり=ふぐ鍋を食べたあとは、その残った出汁を使って雑炊に。

雑炊の材料

もちろん、自分でも作れるんだけど。やってもらうよね。

雑炊を作ってもらう

ほらー。

盛り付けてもらうよね。うまそうでしょう。

雑炊

ここは京都だからか、薄味でとてもよかった。濃いめがよければ、作ってくださるときに味見させてくださるし、塩を持ってきておられるので、追加してもらいましょう。

デザート

さて、デザートはナッツアイス。
ナッツアイス

くるみと蜂蜜かな。

あー、もう腹一杯だわ!

KKday【ふぐを堪能】ふぐ料理の名店・玄品ふぐ:お食事チケット

コラーゲンドリンク、ぜひ飲んでみて!

今回のプランには、ドリンクがついておりません。

姉さん、多少疲れてて、お茶ではなくて甘いものが飲みたかったの。それでコラーゲンマンゴージュースを頼んでみました。だって周囲から台湾かな?というような中国語が聞こえるんだもの、ついついマンゴーにしちゃった。

あまりソフトドリンクも飲み歩く人ではないので(大抵お茶を持って歩いてる)、よく知らないんだけど、私がこれまで体験したことのある「コラーゲン」というものってさ。コラーゲンパウダーが中に入ってるのね。それを連想したら違ったの。

わかりやすいように少し飲み進めた写真をどうぞ。

コラーゲンマンゴー

中にドンっとプルプルしたコラーゲンゼリーが入ってたの。矢印の下は、氷じゃないのよ。ゼリー状なの。かすかに臭みがあって、ブタ由来のコラーゲンではなく、魚由来っぽいなって思いました。

ひょっとしたら、フグのコラーゲンかも。

これは税金込み592円でした。

ところで「てっ」って?

てっぴ、てっさ、てっちりと、「てっ」というのが出て来ましたが何だかわかりました?

これ、「鉄」です。

フグは当たる(中毒する)の。秀吉の朝鮮出兵のときに九州に集まるじゃないですか。お侍が。そこでフグを食べて死んじゃう人が相次ぐのよ。それで秀吉がフグ食を禁じた。江戸時代もずっと続きましてね。しっかし、西日本の連中は食べるのよ。フグを。うまいからみんな食べたいのよ。

それで、「フグ毒に当たる」を「鉄砲に当たる」とかけまして、フグの隠語が「鉄砲」「鉄」だったことから由来します。

面白いでしょ。

なお、明治時代にフグ食を(制限付きで)解禁したのが、伊藤博文。

祇園店について&アクセス

祇園店はちょっと小さい入り口で、人通りが多くてお店の前の撮影は難しかった。

店内はもちろんきれいなんですが、通路が狭くて人が二人すれ違うのは難しく、車椅子では入りにくかろうと思います。今回KKdayさん経由だからか、通されたお部屋は三階の外国人用の部屋だったのかな。周囲は中国語ばかり聞こえました。台湾かな?という発音で、台北から関空に飛んだ私は、嬉しかったよ。一階にもテーブルはあるけれど、足があまり良くない場合は、事前にそれは伝えた方がよろしいでしょう。

玄品ふぐ 京都祇園店
・営業時間:12:00 – 22:30(L.O. 21:30)
・住所:京都府京都市東山区四條東山下ル祇園町南側528-4
・行き方:
1. 京阪電鉄本線四条駅から徒歩5分
2. 阪急京都線河原町駅から徒歩5分。

八坂神社と言えば、多少京都の土地勘がある方ならわかってもらえると思う。京阪の祇園四条駅から徒歩五分はそうなんだけど、阪急河原町駅から徒歩五分はちょっと短いかな。同じ四条通りで鴨川を渡らないとならないのね。探す時間を考えて、十分もみてもらえれば安心であろうかと。

私はブラブラと鴨川周辺から祇園を歩いて八坂神社を目指し、帰りは四条通りにさしかかったらすぐのバス停に、ホテルの前まで行くバスが来たのでそれに乗りました。

Copyrighted Image