ad

松山空港で無糖のドライフルーツを買った。パイナップルが美味しかった

以前、無糖のドライマンゴーを買って、これがすごく良かったので買って帰りました。

⇒無糖の干しマンゴーは箱買いしたいレベル!お土産にも喜ばれた!

松山空港では、お土産は買わない予定だったのですが、時間があったので少し探してみると「眼鏡伯」マークのドライフルーツを見つけました。

これね、花蓮からの帰りの飛行機の中で、機内でというよりも外国人へのお土産に手配しませんか?か、外国人へのギフトにぴったり!みたいな感じで売ってたんですね。「日本人が喜ぶクオリティ」扱いでした。

他にも、ユニーの機内ではライチやマンゴーを日本に送りませんか?というのがあって、手配しようかしら?と一瞬思ったほどです。⇒花蓮-台北間は、プロペラ機でひとっ飛びしよう

「日本人の喜ぶクオリティか」というわけで、見たのですが、加糖のものが多かった。無糖のマンゴーがあったら買い足すのだけどなあって思って見ていたら、無糖のパイナップルとドライフルーツがあったので買ってみました。

無糖のドラゴンフルーツ

乾燥ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツというと中身が赤いのと白いのとがあります。白い方がさっぱりとしているような気がするのですが、どうです?赤いのは食べると次の日トイレで絶叫するよね。

これ、イラストがあったんで赤いんだなって思ってたけど、開けてみるとなんかおどろおどろしかった。
ドラゴンフルーツ

むちむちとした果肉の中にプチプチとしたタネがあって、甘さもガツンとこないのはなかなか良かったです。

が、見た目がなかなかおどろおどろしい。なれると食べられるし、まずくはないんだけど、んー。自分で食べるならまだしも、お土産にあげるのは微妙かも。

楽天で探してみるとあったね・・・。

無糖のパイナップル

もう一つ、パイナップル。

パッケージのパイナップルを花に見立たのも可愛いでしょ。
乾燥パイナップル

確かに、中身は芯がついたままでお花みたいでしたよ。

パイナップル

これが繊維質(私は繊維質のものがすごく好きです。そのくせ詰まり気味なんですが)で、ほのかな甘みでいいんですよ。

そりゃ、パイナップルを丸っと一本食べたことがあるんですけどね、台湾で。スーパーでむいてあったんだけど、小分けになってないわけよ。一人だから仕方がなく丸っと食べるしかなかった。

正直なところ、生のパイナップルはあまり好きじゃないんです。舌がジンジンするし、口が汁(というかパイナップルに含まれるタンパク質酵素のブロメラインのせいで)痛痒くなる。なお、酵素と酵母は違うからね。

ところが、ドライパイナップルは痒くならないし、舌もジンジンしないんでいくらでも食べられるわーって感じ。おそらく一度加熱しているだろうから、そこでブロメラインは不活性化されるのでしょう。

もともとドライフルーツは好きだし、ドライパイナップルも嫌いじゃないけど、甘いじゃないですか。無糖なんで変な甘さがない。

無糖ドラゴンフルーツと同じお店で芯のついた無糖パイナップルもあった。

せっかくなんで、眼鏡おじさんのHPを見つけたので貼っておこう。
https://www.yotaste.com/ 
(台湾って、いろんなところが進んでるし、アメリカ風なんだけど、たまにいろいろ懐かしいHPを見つけますよね)